基本給が低いことによるデメリット。手当が多くてもボーナスや残業代で大きな損が!

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

基本給が低いことによるデメリット。手当が多くてもボーナスや残業代で大きな損が!

就職、転職を考える場合、給料がいくらかというのは一つの重要なポイント。

転職サイトなどで求人を調べてみると、月収30万円以上、40万円以上というような魅力的な求人もあります。

ただ、月収だけで判断するのは危険。基本給がいくらかをしっかり確認しておく必要があります。

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連:高年収はいくらから?あなたはどのくらいを目指す?

関連:新入社員の平均年収や手取り、ボーナスの実態。中には500万円超えもいる?

給料の内訳は会社によって様々

給料の内訳は会社によって全然違います。

例えば、給料20万円のうち、全てが基本給という会社もあれば、基本給が10万円、食事手当や職務手当などその他の手当が10万円という場合もあります。

法律上も特に規制は無い為、会社が好きなように決めることが可能なのです。

ただ、労働者の立場としては、給料だけで判断するならば基本給が高い会社に行くべきです。

なぜなら、基本給を低く抑え、手当を多くしている場合は労働者にとってデメリットになることが多い為です。

基本給が低いことで起こるデメリット

では、具体的に基本給が低いとどういったデメリットがあるのかを紹介して行きましょう。

ボーナスや退職金を低く抑えられてしまう

ボーナスや退職金の算出方法は会社によって異なり、必ずしも基本給を元に計算しているというわけではありません。

ただ、多くの会社では基本給をベースにして計算しており、基本給が低ければその分ボーナスや退職金も少ないといったことになります。

例えば、ボーナスが基本給の3ヶ月分といったように求人票に書かれていたとしましょう。

非常に魅力的なように感じますが、月給が30万円だとしても90万円貰うことができるわけではありません。

基本給が10万円であれば30万円しか貰えないのです。

求人票は人を集める為にあたかも条件が魅力的なように書きますが、実際はこんな裏があることも多々あるので注意が必要です。

残業代が低い、ごまかされる

残業代は基本給だけで算出されるものではありません。残業代の元となる基準内賃金は、職務手当といった手当も含んだ金額であり、省けるのは住宅手当、家族手当、通勤手当等だけです。

ただ、ひどい会社だとそれを無視し、基本給をベースに割増賃金を算出して残業代として払っている場合もあるので注意が必要です。

また、もし基本給を低く抑え、住宅手当や家族手当を増やして月給を増やしている場合は、残業代や休日出勤手当が低くなってしまいます。

給料の内訳をそのようにしている会社は、残業代を低く抑えることが目的であると考えて良いでしょう。

手当てはカットされやすい

会社側が基本給を低く抑え、手当を高くする理由に手当はカットしやすいということが挙げられます。

基本給の減給については、それ相応の理由があり、かつ労働者の同意が必要となりますが、手当の場合は就業規則に手当支給の基準を定めることでカットすることも可能です。

ただし、就業規則に書かれていない場合や会社側が一方的に行うことができませんし、就業規則の変更も会社が勝手に行うことはできません。

歩合制の為、給料が安定しない

会社によっては、基本給を低く抑え、歩合制を取り入れている会社もあります。

歩合制ですから、成果を出すことができれば給料をたくさん貰うことができますが、逆に成果をだすことができないと給料は低くなってしまいます。

すなわち、毎月の給料は大きく変動し安定しないのです。基本給が低ければ低いほど、毎月保障されている給料は少なくなります。

また、求人票には非常に高い数字が書いてあっても、実はほぼ不可能な数字であることも少なくはなく、入社前に思っていたような給料を貰うことができないという場合も多々あります。

月収が高い理由は残業が多いだけかも

もう一つ、月収が高い場合に注意しなくてはいけないのが、残業の多さ。

求人票に書かれている月収は残業代も含めた数字であり、実は基本給は低くその大半が残業代だという場合もあります。

この場合、残業が多くてきついというだけではなく、閑散期に給料が著しく低くなるという場合もありますから、残業がどのくらいあるかは必ずチェックしなくてはなりません。

同じ条件なら絶対に基本給が高い会社!

就職、転職時に会社を選ぶ際、年収や月収について気にする人も多いでしょう。

ただ、基本給がいくらなのかもできるだけチェックするようにしましょう。

基本給が低いのは労働者にとってデメリットでしかなく、会社側の都合でしかないのです。

ですから、同じ給料なら基本給が高いにこしたことはありません。

転職に向けて

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:給料が未払い!貰えない時の対処法とは?

関連:サラリーマンの生涯年収。下がり幅がすごい!

関連:降格人事や減給となる理由や実施された時にすべきこと



このページの先頭へ