正社員なのに30歳で年収280万円だった私が転職することにした理由

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

正社員なのに30歳で年収280万円だった私が転職することにした理由

ボーナスもなく、昇給もなく、正社員なのに新卒の頃と変わらずに年収300万円にも満たない。そういった人も少なくありません。

ただその一方、転職によってそんな会社から抜け出し、年収アップを実現する人というのもまた少なくありません。

今回紹介するのは、30歳で年収280万円しかなかった人の転職体験談。どういった現実があり、どういった理由で転職したのか、同じように給料に不満を抱えている人は参考にしてみて下さい。

関連記事

 

正社員なのに30歳で年収280万円しかなかった私の現実

昇給はほぼなく、給料はいつまで経っても上がらない。30歳になっても年収はたったの280万円。

私が以前働いていた会社のことです。

その会社は大学を卒業し新卒として入社した中小企業で、30歳までおよそ8年間働いていました。

基本給20万円、残業代や手当で月給は23万円程度

30歳時点で基本給は20万円。そこから残業代や手当で月給は23万円程度。

まあかなり少ないですよね。周りの友人だと基本給だけで25万円から30万円貰っていた人が多かったですし。

ちなみに22歳大卒新卒時の基本給は19万円でした。8年間働いて昇給はたったの1万円しかなかったということです。

昔は貰えたボーナスもなくなった

月給が少なくてもボーナスがそこそこあれば良いんですが、残念なことにボーナスは年間通してゼロ。

入社から最初の4年間くらいは年間3ヶ月分でていたんですが、業績低下を理由に年々減少。

退職する前2年間は一切でなくなりました。会社側は来年はだせるはずと根拠もなく社員に言っていましたけどね。

まあ確かに経営状態は中々厳しい状態でした。

月の手取りは18万円程度

ちなみに月の手取りは18万円程度です。

毎月2万円は貯金して家賃は7万円。残り8万円でなんとかやりくりしてました。

一人暮らしはなんとかできますが、生活に余裕はないです。

ちなみに私の場合は奨学金の返済等がなかったので良かったんですが、もしあったら貯金はなかなかできませんよね。

残業時間は月40時間程度、ただし残業代は20時間まで

残業時間は毎月平均すると40時間程度やっていました。

ただ残業代が支給されるのは20時間まで。いくらやろうが20時間まで。残りはサービス残業です。

こんな風に実際の勤務関係なく残業代の上限を勝手に決められている人って多いですよね。

もし残業代が満額出ていれば月3万円ほど給料が増えていて、それだとかなり生活が楽になっていたんですけどね。

30歳まで転職しなかった理由

ボーナスもカットされて昇給もほとんどなし。30歳になって年収は280万円。

しかも毎月20時間くらいはサービス残業。

普通ならすぐ転職しますよね。

ただ私は中々転職に踏み切ることもなく、30歳まで過ごしてしまいました。

転職しなかった理由は色々あるんですが、まずは給料以外の面がそんなに悪くなかったということ。

年間休日数は125日以上と休みは多かったし、有給も8割は使えます。仕事自体楽しくなかったわけでもないし、人間関係もまあそこそこ良好でした。

環境が良い分、なかなか転職に踏み切れなかったんです。

加えて転職活動自体が面倒という気持ちも正直ありました。

上手くいくかもわからないのに、家に帰ってからプライベートの時間を削ってまで転職活動の為にあれこれやる。

想像するだけで大変そうで、なかなか始めようという気にはなりませんでした。

30歳で転職を決めた理由

まあそんな私でしたが、結局は30歳で思い切って転職活動に踏み切り、それが実を結び今の会社に至ります。

年収は400万円程度。自分の中では上々の結果です。

転職しなきゃなーとは思いつつ現状に甘えてだらだらしていた私が、30歳になって転職を決めたのにはこんな理由がありました。

さすがに色々やばいと感じた

30歳になったというのはやっぱり大きかったですね。

30歳なのにこの年収。さすがに今のままではやばいと、それまで感じていた何倍も感じるようになりました。

もし今のままで働き続けていたとしても、年収なんて相変わらず上がらないまま。

それどころか会社の将来性すら怪しい状態で下手したら倒産。

30後半になってからそんなことになっては目もあてられない。

もう甘えていられる場合ではなく、やるしかないという気持ちになりました。

友人からのアドバイス

ちょうど転職した友人がいて、絶対に転職した方が良い、なんで転職しないのとだいぶ前から言ってくれていました。

色々と転職のアドバイスもくれて、気持ち的に転職に対するハードルが低くなったとともに、とりあえずやってみようという気になれたのは大きかったです。

転職活動の結果

そして転職活動の結果。

転職エージェントに年収400万円以上などに希望条件を伝えたら、無理と言われずそれに合ったものを紹介してくれたこと。

その紹介された企業を受けたら無事内定まで行けたこと。

結果が伴わなければ転職できませんしたが、ありがたいことに結果がついてきてくれました。

まあそれも転職活動をやったからこそですけどね。

転職してみて

給料面を除けば、前の会社もそう悪くはありませんでした。良い部分もたくさんありましたしね。

そして転職したことによって失ったものもあります。

人間関係で言えばやっぱり前の会社の方が長い分やりやすかったし、休みは若干少なくなりました。

ただそれでも転職して良かったと思います。

やっぱり100万円以上の年収差は大きいですし、給料が低すぎる中で仕事をするってそれだけで辛いです。将来面も不安ですしね。

得るものもあれば失うものもある。ただ私は転職によって得たものの方がずっと大きかったと感じています。

ちなみに30歳で年収280万円ってどんなレベル?

転職して年収アップと聞くと、一見かなり難しいことのように感じます。

ただ今回紹介したように実現することができた人がいるのはまぎれもない事実。

だからこそやってみる価値はあるのではないでしょうか。

さてここからは、実際30歳で年収280万円ってどんなレベルなのかという点に触れていきます。

30代前半の平均年収は403万円、ただし非正規社員も含まれている場合

国税庁「民間給与実態統計調査」によれば30代前半の平均年収は403万円です。

100万円以上は平均より低いということになります。

ちなみに男女別では男性が457万円、女性は315万円。女性なら平均よりちょっと低い程度です。

ただこれらの金額は派遣社員や契約社員、さらには短時間のパート労働者が含まれており、正社員のみの平均年収に比べて低くでています。

特に女性の場合は結婚してパートやアルバイトをしているといった人も多い為、正社員のみの場合に比べればかなり低いです。

もし正社員で年収280万円なら、平均と比べるとかなり低い年収なのです。

大卒の新卒者と同等の給与水準

それに対して大卒新卒者の残業代を除いた平均初任給は20万6千円。これに残業代が15時間程度あると過程すれば月給は23万円程度。

年収280万円でボーナスがないなら残業代込みで月給は23万円程度ですから、大卒の新卒者と同等の給与水準となります。

ただしボーナスを考えると、大卒新卒者の給与水準は高くなります。

給料に不満があるなら転職エージェントと話をしてみよう

給料が低くても、今の仕事に不満を感じていないならそれはそれで良いこと。

働く上で大切なのはお金だけではありませんからね。

ただ現在のことのみならず、将来のことを考えた上で給料に不満を感じているならば、ぜひ転職活動を始めましょう。

まずは転職エージェントに相談しに行ってみてはいかがでしょうか。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ