仕事のミス、失敗で会社を辞めたい時に考えるべきこと。むしろその退職が失敗だったなんてならないように。

働いていれば誰だって、一つや二つ仕事でミスしてしまうことはあります。

ただ、そのミスがあまりに大きな影響を与えるものであったり、何度も繰り返してしまうようなことだと、もう仕事を辞めたいなんていう風に思うこともありますよね。

ただ、仕事での失敗を理由に本当に辞めてしまうかどうかは勢いまかせにするのではなく、今一度考えてみなくてはなりません。

関連:仕事の失敗体験談まとめ。あなたはどんな失敗経験がありますか?

転職活動は求人が増える秋に!

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

仕事のミス、失敗で仕事を辞めたい。なぜ辞めたくなる?

仕事でミス、失敗しても、特に重たくは考えずにあっけらかんとしている人もいますよね。まあ何も反省しないというのは、それはそれで問題はあるかもしれませんが、羨ましさも覚えます。

そういった人というのは、失敗があってもそれほど大きな影響はないと考えているか、失敗した後に自分に降りかかるものを特に大変なことだとは思っていません。

一方で、仕事のミス、失敗から仕事を辞めたくなる人は、それによって自分に降りかかる問題を大きく捉えてしまっています。

それこそが仕事を辞めたいと思う本質的な理由であり、まずは自分がどういうことが原因で辞めたいと思ってしまっているのかを考えてみる必要があります。

怒られるのが怖い

まず一つ目が上司に怒られるのが怖い、怒られたくないということでしょう。

誰だって怒られたくはないものですが、感じ方は人それぞれで、嫌な人は本当に嫌ですよね。

また、上司によっても怒られ方は全然違います。

すごい剣幕で怒鳴ってくる上司がいたり、一つの失敗をぐちぐちと言ってくるような上司だと、もう辞めたくなるのも仕方ありません。

周囲から冷たい目で見られることが嫌

おそらく仕事の失敗から辞めたいという理由の本質的な原因は、周囲から冷たい目で見られることが嫌であるということでしょう。

周囲に仕事ができない人間だと思われたくない、大きな損害をだした人間だという目で見られたくない、などとつい周囲の視線を気にしてしまいます。

プライドが高い人、すでに周囲から高評価を得ている人に特に多いように感じます。

出世競争から外れる

出世願望が強い人であれば、その失敗によって出世競争から外れてしまうかもという恐怖から仕事を辞めたいと思ってしまう人も少なくないでしょう。

出世競争はシビアなもので、それまで高い成果をあげていたとしてもたった一つのミスで大きな損害をだしてしまうと、それだけで出世競争から外れてしまう場合も少なくありません。

大企業を中心に、一度出世が遅れてしまうと、それを覆すことがほぼ不可能だという場合も多々ある為、どうせもう出世できないんだし仕事を辞めたいと思うのも仕方のないことかもしれません。

仕事のミスで辞めることは正しい?間違い?

本質的には上述した理由から仕事を辞めたいと感じている人がほとんどでしょう。

ただ問題は、仕事でミスしたことを理由に辞めるということは正しい選択なのか、それとも間違った選択なのかということです。

もしそれが間違った選択である場合、その仕事の失敗以上に仕事を辞めたことが失敗になってしまうことも多々あるのです。

だからこそ、本当に辞めるか辞めないかは勢いではなく慎重に考える必要があります。

辞めたほうが良い場合もある

もちろん、辞めたほうが良い場合もあるのは事実です。

その失敗が原因で全然違う部署にとばされてやりたい仕事ができなくなったり、出世競争から完全に外れてしまったり、周囲から仕事ができないという烙印を押され、毎日馬鹿にされたり、上司からぐちぐち言われて働きにくい環境になってしまったのであれば、それはもう大きなストレスでしょうから仕事を辞めてもいいかと思います。

本当に失敗は致命的になる?

ただ、実際は一回の失敗くらいで致命的にはなっていないのに、単に被害妄想が強いだけなんて場合も少なくありません。

別に周囲だってそのミスだけで判断していないし、上司だってその場では一応怒りはするけど反省を示すことで信頼が落ちることはないことがほとんどです。

もし自分の年収を超えるような損害を出すようなミスをしても、大事には捉えていないことも多々ありますし、何よりそんな失敗は一人の責任だけではありません。

確かに仕事を続ける上で致命的な失敗であることもあるにはありますが、たいていはそうでもなく、今回の失敗によってどうなるかは冷静に判断する必要はありません。

辞めたら失敗することはなくなるのか

そもそも仕事を辞めたからと言って、自分が成長して失敗しなくなるわけではありません。

転職してまたミスを繰り返してしまうようであれば、また同じことを考える結果になる為、あまり意味があるものではありません。

一回だけの失敗でそれが致命的になったというのであればまだしも、失敗を繰り返していづらくなったなんていう場合は自分の仕事の仕方も考えなくてはなりません。

その時、ミスが多い原因を単に自分に向いていないなんてことにしてはだめ。もっと明確な理由を考えてみる必要があります。

失敗するたびに辞めていてはきりがない

大きな失敗であればまだしも、中には小さな失敗で考えすぎている人もいます。

ただ、そんな失敗は誰にだってあるし、転職したところでまた起こります。

失敗するたびに仕事を辞めるようではきりがありません。

ですから、失敗した時の受け入れ方も身につけておかなくてはなりません。

働きにくさを感じたら辞めてもいい。ただし反省は必要

私の個人的な意見ですが、仕事で失敗したことが原因で、働きにくさを感じるようになったり、自分の目標が達成できなくなるような状況に追い込まれたのであれば、仕事を辞めてもいいと思っています。

一度できあがってしまった周囲からのイメージはめったなことがないと覆らないし、たった一回のミスでも取り戻せなくなってしまうことは多々あるからです。

ただ、その場合であっても失敗に関して反省する必要はあります。

仕事で失敗して働きにくくなると、いつのまにか働きにくくなった環境に不満を感じていつのまにか自分が失敗したことが原因であることを忘れてしまいがちです。

確かに一度や二度の失敗を許容することができない環境も悪いかもしれませんが、そうであっても自己反省は絶対に必要なことです。

それをした上で行う転職であれば、仕事での失敗を原因にした転職でもきっとうまくいくでしょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

関連:仕事でミスばかり!ミスを連発する前にやるべき7つのこと。