入社7年目、8年目で仕事を辞めたいなら思い切って転職しよう。先延ばしはもう終わり。

今まで何度となく「仕事を辞めたい」、「転職したい」と思ったことはあるけれど、なんだかんだ同じ会社で働き続けてきたという人も多いのではないでしょうか。

入社7年目はその思いをただ考えるだけではなく、実際に行動に移すべきタイミングであると言えます

先延ばしし過ぎてタイミングを逃し後悔しないようにしましょう。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

入社7年目、8年目、仕事を辞めたいと思っていませんか?

入社7年目、8年目、仕事を辞めたいと思っていませんか?

新卒で入社した会社で7年も8年も働いていると色々なことがわかってきます。

ただ仕事を覚える為に必死だった新入社員の頃とは当然異なり、仕事には慣れ、中には部下を持っている人もいるかもしれません。

ただ、勤続年数が増え、仕事や会社についてわかってくればくるほど辞めたいと思ってしまうことも多くなってきます

仕事ができる優秀な人材であっても、会社に見切りをつけて転職する人も少なくありません。

しかし、4辞めたいという気持ちを持ちつつもとりあえず働き続けているという人も、非常に多いかと思います。

辞めたいと思っている気持ちが一時的なものであれば、辞めずに働き続けるという選択もありですが、もし何年もそう考えているならそろそろ動き出さなければなりません。

転職しやすいタイミングだからこそ、先延ばししてはいけない

転職しやすいタイミングだからこそ、先延ばししてはいけない

入社7年目、8年目というのは、それなりに経験してきた実績がありながらも社会人の中ではまだまだ若い部類に入るため、非常に転職しやすいタイミングであると言えます

だからこそ、辞めたいと思っているならばいい加減その気持ちを先延ばしするのは辞めて、転職に向けて行動していかなくてはなりません。

もうどうするべきかは分かっているはず。変な期待は抱いても無駄

とりあえず3年は働かないとという言葉通りに3年目、もしかしたら何か変わるかもと期待して4年目、5年目を過ごしたと思います。

しかしながら、その時期はもう過ぎました。

7年、8年も働いていれば、会社に残って良いことがあるのかどうかはわかっているはずです

ありもしないような期待を会社に抱くのはもうやめましょう

このまま会社にいても良い方向に変わる可能性が低いのであれば、もう自分で動いていくしかないのです。

20代のうち、遅くても30代前半に転職することの重要性

転職において年齢は非常に重要です。

年齢が高ければ転職できないというわけではありませんが、40代以降になると転職成功率は若い時に比べてどうしても低くなってしまいます

ですから、もしいつか転職したいと思っているならば、できれば20代のうち、遅くても30代前半で転職したほうが良いです。

このようなことからも、入社7年目、8年目というのは年齢的にもまさに転職すべき時であると言えます

7年目、8年目の転職を成功させるコツ

7年目、8年目の転職を成功させるコツ

では実際に、7年目、8年目で転職をしようとした時にどうすれば転職を成功させることができるのか、そのコツを紹介します。

自己分析は徹底的に行おう

転職において、自己分析はとても重要です。

これができていないと、「面接で上手くアピールできない」「転職してみたら自分が期待していた会社と違った」なんて状況に陥る人も少なくありません。

7年も働いてきたからこそ、新卒時とは違う視点でみることができますから、自己分析はしっかり行うようにしましょう。

自己分析をする際に押さえておいて欲しいポイントを下記で紹介していきます。

希望条件を明確にする

自己分析のポイントの一つとして、希望条件を明確にしなければなりません。

現在自分はどういったことを不満に思い、なぜ辞めたいと思っているのか。

転職するとしたら何を一番優先したいのか、給料なのか、残業時間なのか、仕事内容なのか。

これがはっきりしていないせいで、とりあえず受かった会社に入社し、転職したことを後悔した人が数多くいます。

自身の強みや弱みを理解する

社会人7年目、8年目ともなると、仕事をしている中で身につけたスキルもたくさんあるでしょうし、自身の強みや弱みにも気づいているはず。

それらを一つずつ整理して再度把握してみてください。

そうすることが、自分をアピールする際の材料になりますし、企業選びの指標にもなります。

企業が7年目、8年目の人に求めていることは、熱意や人間性だけではありません。

これまで培ってきた経験やスキルこそが強い武器となるのです

チャレンジ精神を大切に

転職しようと決めた時、いつの間にか今の会社を辞めてどこかしらの企業に転職することだけが目的になってしまいがちです。

そして、倍率が高そうな会社を避け、とりあえず入れそうな会社ばかりを受けてしまう人も少なくありません。

ただ、せっかく転職するなら多少難しそうでもチャレンジしてみなければもったいないです。

せっかく転職しやすい年齢だからこそ、自分の希望を重要視するようにしてください

転職サービスは積極的に利用しよう

転職をする場合、サービスは積極的に使うようにしましょう。

求人の多くは、転職サイトのスカウト機能や転職エージェントの紹介によって知ることができる非公開求人となっています

より好条件の会社、自分に合った会社を見つけようと考えるなら、これを使わないわけには行きません。

特に、転職エージェントでは履歴書の作成や面接のサポート、さらには企業とのスケジュール調整や給与交渉なども行ってくれるので、希望の会社に転職する為には利用必須です

おすすめの転職エージェントはページ下部で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

転職はハードルの高いものではない

転職はハードルの高いものではない

仕事を辞めたいと思っていても、転職はハードルが高いものだという誤った認識を持っていてなかなか動き出せていない人が本当に多いです

でも、実は転職はそれほどハードルの高いものではなく、実際に転職活動を始めてみればそのことに気づけます。

一人で転職活動をするのが不安であれば、転職エージェントを利用することで転職成功率高めることが可能です

自分の強みを客観的に分析してそれを最大限活かせる企業を紹介してくれたり、転職市場の需要と供給のバランスを見て自身が求められる会社はどれかを的確にアドバイスしてくれます

転職エージェントは転職活動全般をサポートしてくれるのにもかかわらず、利用料がかかりません

このようなことからも、ぜひ一度お試し感覚で利用してみることをおすすめします。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。