転職後に嫌われる人の特徴。どんな良い会社に入ってもこんな人はうまくいかないので要注意。

転職は転職活動で希望通りの会社から内定を貰うことがゴールだと勘違いしていませんか?

もちろん転職活動を成功させることは大切。そもそも入社できなければ転職することはできませんからね。

ただ同じくらい転職先の会社でいかにうまくやれるか、良い人間関係を築けるかということも大切。

転職できたことに満足して不適切な振る舞いをしてしまい、転職先の人から嫌われてしまってはその転職は決して成功にはならないのです。

関連記事

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

どんな良い会社に入っても転職後に嫌われたら辛い

年収が高い会社、休みが多い会社、残業が少ない会社など希望していたことが転職によって実現できればそれは非常に素晴らしいこと。

ただどれだけ条件面が素晴らしいホワイト企業に転職することができたって、転職先で嫌われてしまったら会社生活はただ辛いものになってしまうだけです。

実際、せっかく希望通りの会社に入社することができたのに、入社後の人間関係が上手くいかずに結局短期間で辞めることになってしまったなんて人も少なくはありません。

そして転職したことを後悔することになってしまっているのです。

もちろんほとんどの人は問題ないことがほとんどです。

転職先の人達は別に敵なわけではありませんから、最初は馴染めなくても2、3ヶ月も経つと自然と慣れてきますからそこまで心配する必要はありません。

ただ不適切な振る舞いをしてしまい嫌われてしまうと、せっかく馴染めるものも馴染めず苦労してしまうことになりますから、転職前にいくつか気を付けるべきポイント、どういった人が嫌われるのかという点は知っておきましょう。

転職後に嫌われる人の特徴

ではどういった人が転職後に嫌われてしまうのでしょうか。

その特徴を紹介します。自分がそうならないように気を付けましょう。

態度がでかい、謙虚さがない

仕事での経験は豊富だから、それなりに能力は高いという自負があるから、年齢は高いからという理由で大きな態度をとってしまったり、謙虚さがなくなってしまうと周囲は不快に感じてしまいます。

転職先では入社が一番遅い人間として常に謙虚な気持ちを持って振舞うことが大切。

年下だからと言って最初からため口を言ったり、自分の知識をひけらかしたり、前の職場での経験を自慢げに話したりなんてことは絶対にしてはいけません。

目上の人へのゴマすりが激しい

上司や先輩社員など職場での力が強い人に好かれるようにするというのは大切なこと。

ただだからと言ってあまり顕著にゴマすりをしていてはだめ。

周りにはそのあからさまな振る舞いに不快感を感じる人も多く、気づかぬうちに嫌われて陰口を言われることになっているなんてことも多いので注意しましょう。

前の会社のやり方をいつまでも引きずって合わせようとしない

同業界、同職種の仕事であっても、会社が変わればやり方は変わるもの。

転職したからには新しい会社のやり方に合わせなければなりません。

今までやってきたやり方が慣れているから、前の会社のやり方の方が効率が良いからなんて理由で最初から合わせようとしないのはやってはいけないこと。

たとえ前のやり方の方が優れていたとしても、まずはその場に合わせたやり方に合わせ、慣れてきたら違うやり方を提案するようにしなければ、周りからは嫌われてしまうだけです。

社内のルールを守らない

仕事のやり方だけではなく、社内のルールも守らないような人は嫌われるもの。特に上司から嫌われます。

上司から嫌われたらそれこそ大変。目に見えて苦労することになるので要注意。

また社内独自のルールだけではなく、社会人として当たり前のルールもしかり。

目上の人への接し方や時間を守る、報告をしっかりするといったこともあらためて見直さなくてはなりません。

前の職場の慣れた環境での生活が長くなると、ついそこらへんがおろそかになってしまっている人が多いです。

目的がよくわからない、意味がよくわからないようなルールがあるのも事実ですが、まずは変なところで悪い目立ち方をしないように心がけましょう。

不潔感がある

髪型、服装、ひげなどで不潔感を抱かれてしまうと、第一印象の時点からマイナススタート。

第一印象というのはかなり大事なもので、そこで受け入れて貰えないとかなり苦労することになります。

実際、清潔感がないせいで初日から陰口を言われてしまっていた人も知っています。

どれだけ人が良くても最初はそんなことわかりませんから、外見にもしっかり注意しましょう。

できなくて仕方がないという態度をとる

第二新卒などの若手層が転職する場合や未経験職へ転職する場合にいがちなのが「できなくても仕方がない」という態度をとる人。

もちろん最初はわからないことだかけなのは仕方がないことなのですが、自分であからさまにそんな態度をとっていてはだめ。

前職が何であろうと新入社員ではないのですから。

すぐに一人前になれるよう、自主的に積極的に振る舞い、努力を見せていかなければ周りからはただ年齢が高い使えない人としか思われなくなってしまいます。

言い訳ばかり

プライドが高かったり、年齢が高かったり、下手に経験があったりすると多くなってしまうのが言い訳。

ただこの言い訳は周りからしてみるととにかくイラ立つ行為。

入社してきたばかりでまともに仕事での成果を上げていない人にされると余計に腹が立ってしまうものです。

何を言っているかわからない、何がしたいかわからない

話しかけても声が小さくぼそぼそしていて何を言っているかわからない、手助けしようと質問しても何がしたいかわからない。

そんな風にふるまってしまうと、面倒くさくて関わりたくなるものです。

内定で終わりではない、転職後の振る舞いが成功と失敗を分ける

転職するにあたり、転職先での人間関係がうまくいくかどうかと不安になる人は多いと思います。

ただほとんどの人は問題ありません。

最初は多かれ少なかれ苦労することもあるでしょうが、なんだかんだで時間が解決してくれる場合が大半です。

とは言え、少数派である上手くいかない場合にならないように注意しておくことは必要。

振る舞い方を意識するだけでも何も考えない場合に比べると全然違いますから、一つの知識をして覚えておいてください。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

 

関連記事