ホワイト企業に転職したいなら、最低限これだけはやっておこう

 

ホワイト企業に転職したいと思っていても、ホワイト企業なんて少ないし転職での倍率も高いから自分には無理だろうと考えてしまっていませんか?

ニュースになるのはブラック企業ばかりの為、なんとなくブラック企業のほうが多いなんて言う風に考えてしまいがちで、ブラック企業に入るくらいなら現状で我慢するという方を選ぶ人が大半です。

しかし、実際は転職市場にホワイト企業の求人がたくさんあります。そして転職することも十分可能です。

そこで今回はホワイト企業に転職する為に、転職活動で注意すべき点を紹介します。

関連記事

転職活動は求人が増える秋に!

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

ホワイト企業、普通の企業、ブラック企業の大きな違い

ホワイト企業、普通の企業、ブラック企業の大きな違い

まずは、ホワイト企業、普通の企業、ブラック企業の大きな違いについて考えてみましょう。

私が考えるわかりやすい違いは、法律をどのように守っているかという点です。

労働基準法では、休日、労働時間、残業時間など様々なことが定められています。

しかし、それはあくまで最低限のことであり、守っているからといって働きやすいとは言えません。

ブラック企業は、その法律を平気で破ります。

労働基準法の違反が発覚した際の罰則は厳しくない為、簡単に破るとともに破っていることに対してなんとも思いません。

労働時間

労働基準法では、労働時間の上限が「1日8時間」「1週間40日」と定められています。

これを法定労働時間と呼び、上限を超える労働時間の設定は認められておりません。

当然、ホワイト企業は上限を超えない労働時間を設定しています。

しかし、ブラック企業の中には法定労働時間を超えるところがあったり、法定労働時間は守っていても残業時間が極端に多かったりする会社が存在しています。

残業時間

残業時間の長さによって、その会社がホワイト企業なのかブラック企業なのかがわかります。

では、どれくらいの残業時間になるとブラック企業と言えるでしょうか。

  • 月25時間;平均的な残業時間
  • 月45時間:原則として労働基準法上の上限となる残業時間
  • 月60時間:労働基準法上の1.25~1.50倍の残業時間
  • 月80時間:2~6か月間にわたり継続すると過労死の危険性が高まる残業時間
  • 月100時間:1か月間継続すると過労死の危険性が高い残業時間

月25時間程度であれば、平均的な残業時間なのでホワイト企業と言えるでしょう。

ブラック企業かどうかの目安は60時間です。

60時間を超えると労働基準法上の上限を超えるため、心身ともにかなり辛い状態に陥るでしょう。

月100時間を超える場合は完全にブラック企業なので、すぐに転職などを検討する必要があります。

年間休日

年間休日で言うと、1日の勤務時間が8時間とした場合、年間105日は休日を与える必要があります。

その為、年間休日を105日に設定しているところが多いです。

ホワイト企業は当然法律は守りますが、最低限のラインではなく、社員にとって働きやすい環境にする為、+αで様々なメリットを与えます。

年間休日も105日だけではなく、祝日や連休も休みにして年間休日が120日以上としていたり、残業代の割増賃金も法律では1.25倍としているところを1.3倍と設定していたりと、働きやすさを考えて会社自らの意思で条件等を決めています。

法律を守る気がない、法律があるから仕方なく守る、法律以上のことを与えるというそれぞれの違いは労働者にとってかなり大きな違いであり、働きやすさに絶大な影響を与えます。

ホワイト企業は割と多い

ホワイト企業は割と多い

法律で義務付けられているルール以上に、社員へメリットを与える会社なんて普通は多くないと考えるでしょう。

しかし、実際はそんな風に考えている企業ばかりではありません。

法律の最低限を守るよりも、+αを与えて得られるメリットの方が大きいと考え、働きやすい環境を作り上げている会社はたくさんあります。

ちなみに、+αを与えて得られるメリットには次のものがあります。

  • 好条件を提示すれば優秀な人材が集まりやすい
  • 社員のモチベーションが上がって業績アップに繋がる

このような考えを持っているのは、経営が安定している大手企業はもちろん、中堅企業や中小企業も例外ではありません。

例えば、親会社である大企業に順じていたり、上記のようなメリットがあると考え、働きやすい環境を整えたりする会社がたくさん存在します。

大企業であれば、確かに倍率も高く転職の難易度は高くなります。

しかし、大企業の子会社の中堅企業であったり従業員数が少ない中小企業であったりすれば、難易度はかなり下がり転職も十分に可能です。

ホワイト企業に転職したいならこれをチェック

ホワイト企業に転職したいならこれをチェック

ホワイト企業で働くことを実現する上で最も難しいのが、会社選びです。

大企業であれば、割と簡単にその企業の評判を知ることができる為、ブラック企業なのかホワイト企業なのかをおおよそ知ることはできますが、企業規模が小さくなればなるほど、そこの判断は難しくなります。

そこで、ホワイト企業かどうか見極める際に注意しておきたいことを紹介します。

何を重視するか決めておく

単にホワイト企業といっても、会社によってどういった点で労働者の働きやすさを向上させているかは変わります。

給料、労働時間、休日など、働きやすさに関わることは色々とありますが、自分はどういった点を重視するのかを考え、それにあった会社を選ばないと、ホワイト企業でも自分には合わないなんてことになりかねません。

会社選びの際はできるだけ視野を広げる

転職活動に会社を選ぶ際、できるだけ視野を広げるようにしましょう。

ネームバリュー、企業規模で選ばない

ついやってしまうのがネームバリュー、企業規模で選んでしまうという点。確かに大企業のほうが好条件であることは多いですが、全ての企業がそういうわけではなく、大企業であってもブラックな会社は多く存在します。

大企業で悪条件の会社と、中小企業で好条件の会社であれば絶対に後者のほうが良いはずです。

ただ、多くの人は会社を選ぶ際にネームバリューや企業規模を気にして、中小企業だとそもそも条件すら確認しないという場合が多々あります。

しかし、それは選択肢を狭めることになるだけです。

業界の垣根を超える

これまでも経験のある同じ業界の中で転職しようと考える人も多いでしょう。もちろんその業界内でする仕事にこだわりを持っているならいいのですが、そうでなければ業界を変えることも考えてみてください。

同職種であれば他業界であっても転職することは難しくありませんし、業界を絞らないことで選択肢がかなり増えます。

とにかく多くの求人を調べる

後はもうとにかくたくさんの求人を探して調べることが大切です。

求人探しは正直言って面倒くさいです。求人票を見るだけではあまりわからないこともある為、企業のHPを見てみたり、評判を見てみたりする必要があります。

それが面倒でたいして調べもせずに名前だけで決めてしまったり、良い企業がないなんて思っている人が非常にたくさんいます。

条件面は徹底的に確認する

条件面はとにかく徹底的に確認しなくてはなりません。

給料、休日数などは当然のこと、福利厚生面も特に注目すべき点です。

福利厚生は、社会保険料の半額負担など法的に義務付けられているもの以外は企業が独自に決めるものです。

わざわざ充実させる必要はありませんが、社員の働き方を良くする為に色々と行っている会社もたくさんあります。

福利厚生は住宅手当など給料に直接反映されるものもありますし、会社の考え方が色濃くでる部分である為、徹底的に調べる必要があります。

逆に、たいした条件でもないのにアピールしてくる企業は危ないので注意が必要です。

休日は120日以上が目安

休日数はできることなら120日以上を目安としてください。

土日祝と年末年始が休みの場合は年間休日が120日を超えます。逆に120日未満の会社は祝日が休みではないということです。

価格競争が厳しくない

その会社で扱っている主力商品が、激しい価格競争をしていると、とにかく人の力でなんとかするしかなくなっている場合が多いです。

価格を下げる為に人件費を下げる。人件費を下げる為に1人あたりの仕事の負担を増やす、給料を低く抑える、休日を少なくするなんてことはよくあることです。

逆に、上手く差別化できて価格面以外でアピールポイントがあるような企業にはホワイト企業が多いです。

採用のやり方をチェックする

実際の採用活動のやり方にもホワイト企業かどうかのヒントは隠されています。

特に面接は、それを見抜く良いチャンスです。

面接官がやたら偉そうだったり、本気で人を選ぶ気がなさそうだったり、発言がおかしかったりなんてことがあれば、その会社は辞めておいた方が身のためです。

逆にそれぞれの選考で人を選ぶ意思がしっかり感じられたり、応募者に対して敬意が払われていると感じられるなら、まともな会社であることが多いです。

転職エージェントならホワイト企業に入る確率が上がる

転職エージェントならホワイト企業に入る確率が上がる

もし、あなたがホワイト企業への入社を希望しているなら、転職エージェントを利用してください。

転職エージェントなら、次の2つの理由からホワイト企業に入社できる可能性が非常に高いです。

転職エージェントが紹介報酬型のため

転職エージェントならホワイト企業に入社できる可能性が高い理由の1つ目は、転職エージェントが紹介報酬型のためだからです。

紹介報酬型は、企業に人材を紹介してはじめて利益を上げられるという仕組みになります。

そして、紹介者がすぐに会社を辞めてしまうと、転職エージェント側は企業に報酬を返還しなければなりません。

つまりブラック企業ばかり紹介していると、紹介者がすぐに辞めてしまい転職エージェントは利益が出ないのです。

それでは会社が倒産してしまうため、ホワイト企業を紹介して長く働いてもらえるように頑張ってくれます。

非公開求人が多いから

転職エージェントならホワイト企業に入社できる可能性が高い理由の2つ目は、非公開求人が多いからです。

非公開求人には、年収などの条件や用意されているポジションが良い企業や大手企業の求人が多数あります。

これらの非公開求人から転職先を探せば、ホワイト企業に出会える可能性は高まります。

おすすめの2サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

ホワイトな働き方ができる業界

ホワイト企業は割と多い

続いては、ホワイトな働きが方ができる業界をご紹介します。

食品業界

ホワイトな働き方ができる業界1つ目は飲食業界です。

飲食業界は景気に左右されないため、参入障壁が高く新しい会社が入ってきません。

また、競合他社との対立もあまりないため、社員があくせく働く必要がないのです。

ベンチャー企業も少ないため、ホワイトな働き方ができる企業が多い業界です。

インフラ業界

ホワイトな働き方ができる業界2つ目はインフラ業界です。

電力やガス・鉄道などのインフラ業界は、もともと国営だった企業が多く経営基盤が安定しているため、ハードな営業や過度な労働をしなくても問題ありません。

また、景気などの社会情勢に左右されにくいため、リストラのリスクが低くホワイトな働き方がしやすい環境です。

航空・海運業界

ホワイトな働き方ができる業界3つ目は航空・海運業界です。

航空業や海運業は、事業を行うために国から様々な許可を得る必要があります。

当然、国はなんの審査やチェックもなしに許可を与えたりはしません。

厳しいチェックをクリアして事業を行っている企業ばかりなので、社員の働き方に対してもクリアな企業が多いのです。

IT業界

ホワイトな働き方ができる業界4つ目はIT業界です。

IT業界と聞くと残業が多かったり、新規参入企業が多かったりするイメージがあるでしょう。

確かに、IT業界は競争が激しく長期労働を強いる企業もあります。

しかし、パソコンを使って作業するため自由な働き方をできるのが特徴です。

例えば、テレワークを導入している企業なら朝にゆとりがあり、やりたいことをしてから仕事に取り掛かれます。

他にも、フレックスタイム制を導入している企業が多いので自由な働き方が可能です。

時間を上手に使えるので、余裕のある時間で副業に取り組むこともできます。

転職して良かったという人は意外に多い

転職して良かったという人は意外に多い

転職ってどうなるかわからない分怖いし、勇気がいることです。悪化するくらいなら、今の会社で働き続けたほうがいいなんてことを思っている人も多いでしょう。

ただ、実際に転職した人にアンケートをしてみると、転職して良かったと感じている人はなんと8割もいるのです。

ですから、勇気をだして転職すれば、ホワイト企業に入社し充実した会社生活を送ることができるはずです。

転職活動では、転職サイト、転職エージェントをうまいこと活用していくようにしましょう。

転職活動はプロの力に頼ることで、成功率を上げることができます。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)