まともな会社へ転職する為にすべきこと。諦めてしまうのはもったいなさ過ぎる。

まともな会社で働きたいというのは誰もが思うことです。

特にサービス残業ばかり、パワハラも当たり前となっているようないわゆるブラック企業で働いている人はより強く思っていることでしょう。

ただその反面、転職したくてもなかなか踏み切れない、難しいと思っている人が多いのも事実です。

しかし、まともな会社への転職はコツをつかめばあなたが思っているほど難しいものではありません。

この記事では、まともな会社に転職するコツを紹介するので、転職に迷う人はぜひ参考にしてください。

関連記事

 

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント 公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

まともな会社は沢山ある

まともな会社は沢山ある

「まともな会社なんてない」「あったとしても高いレベルを要求される難易度の高い大手企業じゃないか」などの思いから、転職を諦めている方もいることでしょう。

まともな会社がない、もしくはレベルが高そうと思う気持ちはわかりますがそれは大きな勘違いです。

まともな会社は探せばたくさん見つかるし、中小企業だったとしても労働基準法をしっかり守っている会社や労働者の働きやすさを考えた勤務体制を整えている会社は五万と存在します。

本当にまともな会社がたくさんあるの? と思った方は、はじめにまともな会社の主な特徴から一緒に確認していきましょう。

自分が思うまともな会社と合致する点があるか、チェックしてみてください。

まともな会社の特徴とは

まともじゃない会社の特徴とは

まともな会社は労働基準法に則り、社員が働きやすい環境を整える傾向があります。

その一方でまともじゃない会社は、労働基準法に抵触ぎりぎりの待遇や、社員の働きやすさを考えていない傾向があります。

では具体的にまともな会社はどんな特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

研修や新人育成(OJT)に力を入れている

一般に入社後は、新人育成(OJT)や各業務の研修が行われます。

新人育成(OJT)は、その会社の事業について理解を深めるほか、社会人としての自覚やマナー習得の目的があります。

また、その会社が携わる事業全体の把握や業務上の基礎知識、コンプライアンスの基本内容などを学ぶ機会としても活用されています。

このように、社員の能力育成やビジネスマナーを教えることは企業の責任とも言えるので、まともな会社ほど新人育成(OJT)に力を入れる傾向があります。

忙しさに見合った給与が支払われている

働く上で賃金は重要であり、高ければその仕事に対するモチベーションも上がるものです。

賃金が高い仕事はその分の責任を伴いますが、やりがいや達成感も感じられ個人の成長にも良い影響を与えます。

会社により基本給やボーナスの金額は違っても、まともな会社は仕事に見合った給与を支払う傾向が強いです。

例えば、成果主義であったり、月々の給料はさほど高くなかったとしても業績に応じてボーナスが高くなったりと、社員の働きに見合うよう配慮してくれることが多いのです。

福利厚生が充実している

会社の待遇とは、雇用者から労働者に対する扱いのこと指します。

給与や休日のほかに福利厚生の内容も含まれるものです。

福利厚生には、法で定める法定福利厚生と会社が独自に定める法定外福利厚生があり、待遇の良し悪しにはこの福利厚生の充実度が影響します。

法定福利厚生は主に健康保険や雇用保険・厚生年金などがあり、企業が導入と実施を義務付けられているものです。

法定外福利厚生は通勤手当や住宅手当などの手当てをはじめ、さまざまな補助が受けられるのが特徴です。

たとえば、人間ドックやスポーツジムの利用料金補助や育児・介護に対する休暇や補助、保養施設の利用料金割引や社員旅行などが挙げられます。

社員の働きやすさを重視している会社では、法定外福利厚生が充実している傾向があり、給与や賞与以外にも社員にコストをかけています。

まともな会社がないと思ってしまっている原因

まともな会社がないと思ってしまっている原因

まともな会社がないと思ってしまうのは、いくつかの理由があります。

今の会社がまともじゃないせいで諦めている、いくつか求人を見てみたけれど評判の悪い会社ばかりだったなど、さまざまなものがあるでしょう。

ここでは、なぜまともな会社はないと思ってしまうのかについて深掘りしていきます。

自身の考えや思いの中で当てはまるものがないか目を通してみてください。

会社選びをしっかり行っていない

一度でも転職をしたことがある人なら応募する会社を選んだ経験があるはずです。

ただ、多くの人はこの会社選びをしっかり行うことができておらず、それ故に転職に失敗してしまいます。

求人票に掲載されている情報だけを見て、なんとなく良さそうだからと応募して内定を貰えたら迷わず入社するやり方では失敗するリスクが高いです。

給料が良いから、年間休日数がそこそこいいから、職種があっているから、面接官が良さそうな人だったからなど表面だけの情報を元に転職を決める。

そんなやり方をしていればまともな会社で働くことができないのは当たり前、希望が叶わず諦めてしまうのも当然の流れといえるでしょう。

勝手に難易度をあげている

転職先を選ぶ際に最初から難易度を上げてしまっている人は多いです。

条件の良い会社、労働基準法を守っている会社は倍率も高いから無理、年齢・経験・未経験の業界・新卒3年以内だからなどを理由に挙げて、無理な条件を自分で作ってしまうと転職難易度がぐっと高くなります。

最初から転職の難易度を上げて自分で諦めてしまっては、まともな会社を見つけることは困難です。

今の会社よりまともだと判断したら、たとえ難易度が高そうでも受けてみるべきです。

応募することにリスクはないことを理解してどんどんチャレンジする方が、今よりまともな会社に出会える可能性が広がります。

まともな会社に転職したい時に押さえるポイント

まともな会社に転職したいなら、ポイントを押さえて行動を

では、これからまともな会社に転職するためには、どういうことをすれば良いでしょうか。

ここでは、まともな会社に転職するためのポイントを紹介します。

今の会社がまともじゃないと感じる方は、ぜひチェックしてください。

自分の市場価値を高める

転職する際に重要なのはまともな転職先選びだけではなく、自分の市場価値がどれほどかを知ることです。

市場価値は、専門性・スキル・経験・実績・再現性などの要素で構成されるもので、中でも専門性やスキルなどは自分で高めることが可能です。

どのような業界でも専門性が高い知識やスキルは歓迎されますし、それを活かした経験や実績が豊富なら即戦力として見てもらえるでしょう。

また、これまでの経験から物事を俯瞰して考えたり、課題解決に向けて取り組んだりできれば、異なる業界や業種でも活躍できる可能性は大いに高まります。

加えて、聞く力と伝える力を養うことも業界問わず求められることなので、転職時に有利になります。

待遇の良い会社に転職するためには、市場価値を上げることと周囲に負けない自分の強みを育てることも大切なので意識していきましょう。

企業情報の徹底調査

企業情報はとにかく徹底的に調査することが重要です。

現在はインターネットでたくさんの情報を集めることができます。

口コミサイトもありますし、SNSなどでも情報収集は可能です。

勤続年数や離職率、平均年収、経営状態、実際に働いている人の話などとにかくできる限りの情報を集めましょう。

また、転職サイトでのオファーや転職エージェントにすすめられた求人があった場合、その職種の実態を自分でも調べることも大事です。

条件の良い求人を紹介されたとしても、必ず自分で深くリサーチして納得のいく転職先を見つけるようにしましょう

極端な考えは持たない

まともな会社に転職したいと思った時、つい極端な考えを持ってしまう人が多いです。

もちろん理想に叶う会社に入社できるのがベストですが、全てが理想通りに行くとは限りません。

そのため、給与など待遇面で譲れない面が部分的に合致するなら良しとするなど、柔軟な考えを持つことも必要なのです。

たとえ理想には及ばなかったとしても、少なくとも今の会社よりもまともな会社なら転職することによって得られるものがあるはずです。

準備が苦手な人はプロのサポートを受けよう

まともじゃない会社から抜け出すために転職を検討する際は、誰でも不安な気持ちになります。

次の職場もまともじゃなかったらどうしよう、転職準備が苦手、初めての転職で不安といった気持を抱える人は多いでしょう。

そんな時は、転職のプロである転職エージェントに相談しながら一緒に転職活動を進めていくことをおすすめします。

使用料は無料で、今勤めている会社にエージェントの利用が知られることも一切ありません。

法令遵守・仕事に見合う給与がもらえる・福利厚生が充実しているまともな会社に転職したい方は、ぜひ転職エージェントを活用していきましょう。

転職エージェントを利用して、まともな会社に出会える確率を高めよう

転職エージェントを利用すればまともな会社に出会える確率は高まる

まともな会社に転職するには、事前の準備が重要です。

自分で自己分析をしたり、自分の向き不向きを考えたりと、ひと口に転職準備といってもやることはたくさんあります。

もし、あなたが転職準備に割く時間や余裕がないなら、転職エージェントを活用してください。

転職エージェントは、転職に関して今何をすべきか相談に乗ってくれるので、一つひとつ整理しながら転職活動を進めることができます。

転職エージェントを使用することのメリットは以下の通りです。

アピールポイントを共に探ることができる

転職エージェントは、転職に求める希望や要望を丁寧にヒアリングして、あなたに合う企業を紹介してくれます。

その際に、あなたのアピールポイントを一緒に探り、ほかの応募者に埋もれない強みを発掘してくれます。

彼らは転職に関するプロなので、あなたが自覚していないアピールポイントにも気づいてくれる可能性だって大いにあります。

転職において自分のアピールポイントは重要なので、それを客観的な視点から考えてくれる存在は非常に心強いでしょう。

面接準備・履歴書作成の手助け

転職エージェントを利用すると求人の紹介だけでなく、履歴書作成の代行や添削などの手助け、面接の練習などのサポートを受けられます。

また、面接では業界により質問される内容が異なるケースがありますが、それらの対策もしてくれる頼れる存在です。

そのため、初めての転職の方も安心して進めることができます。

日程調整を丸投げできる

面接の日程調整も転職エージェントがサポートしてくれます。

通常なら面接日程の調整はメールや電話などで行いますが、その際の負担も軽減できます。

今の会社に在籍しながら転職活動をする場合は、仕事が忙しくてもこれらの日程調整を転職エージェントに丸投げしてOKです。

転職検討先と面接候補日が合わないときでも、転職エージェントがやり取りしてくれます。

また、転職エージェントは登録にも利用にも一切料金がかかりません。

まともな会社に転職したいなら、この機会に登録してあなたの理想とする転職を勝ち取りましょう。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。