30代後半で派遣社員から正社員に転職した人のやり方や成功の秘訣

ただでさえ厳しいと言われている派遣社員から正社員への転職。

それが30代後半ともなるとほぼ絶望的かのように感じる人もいるかもしれません。

しかし、実際に30代後半でも派遣社員から正社員に転職を成功させた人はいます。

話を聞くと、確かに苦労もあったようですが、それ相応の努力をしたみたいであり、これから派遣社員から正社員を目指す人には参考になるかと思います。

関連:派遣社員が正社員への転職を成功させる為にしっておくべき転職活動のコツや考え方

関連:派遣社員から契約社員になるメリットはある?いずれは正社員になることも可能?

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

マイナビエージェント

ミイダス
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職サイト
求人数※1

200,244件以上

33,338件

50,000件以上
対象年代20代~30代20代~30代30代~40代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウト企業・ヘッドハンターからスカウト
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
適正年収診断
オファーの可能性診断
書類選考免除
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円300万円~700万円
 

※1 2020年9月

派遣から正社員への転職体験談

私は37歳で派遣社員から正社員へ転職することができました。

派遣社員から転職活動を決心するまで

まず簡単に私の経歴を紹介します。

ほどほどの大学を出て、最初は平凡な会社に正社員として就職しました。しかし、その会社の仕事内容がどうしても楽しいと思えず、たった4ヶ月で退職してしまいました。

そこからはフリーターを2年ほど、その後派遣社員として10年以上働いてきました。

とりあえず派遣社員でも生活するだけのお金は稼げるし、正社員として働くほどの熱意もやる気もなかった為、派遣社員を続けていました。

そんな中で私の考え方を変えたのがリーマンショックです。ひどい経営状態の悪化によって派遣切りを行う会社は増え、さらに派遣の仕事も紹介されない状態になってしまったのです。

当然私も派遣切りにあい、新たな仕事も紹介されることなく、約1年半仕事がない状態が続きました。

派遣社員は将来のリスクが高いなんて言われていますが、正直このことが起こるまではなんだかんだで仕事はあるし大丈夫だろうと思っていました。しかしこのことによって自覚することになったのです。

そこで正社員を目指すことにしたのですが、リーマンショック後に派遣されていた企業では正社員への直接雇用制度もあり、上司にも頑張れば正社員になれるからと言われていたので、転職活動はせず、その仕事をまずは頑張り正社員を目指すという形でいました。

しかし、残念なことに正社員として雇用されることはなく、3年経過した後に雇用は延長されなくなりました。

その時はもう激しく後悔です。なぜ会社に淡い期待をして無駄な3年間を過ごしたのだろうかと。

そして、そこから私の正社員を目指した転職活動がスタートしました。もう30代後半。無理かもしれない。それでもやらないと何も始まらないし、今はどの企業も人手不足になっているからチャンスはあるだろうと思ったのです。

転職活動初期

私の場合、企業探しや応募は転職サイト経由、転職エージェント経由の2つを利用しました。

ハローワークを利用する人も多いかと思いますが私の場合は全国可であったしハローワークの求人はブラック企業や空求人も多いということを聞いていたので辞めました。

転職活動はやはり簡単なものではありませんでした。まあ30代後半でこれまで正社員として働いた経験がない人間を雇ってくれる企業はそうそうありません。

転職サイトでは最初に応募した企業10社は1社も受からなかったし、転職エージェントにいたっては紹介できる案件がないと相談にものってくれませんでした。

覚悟はしていたものの、正直心が折れそうになりました。

転職活動中期

全然受からないからといって転職活動を辞めるわけにはいきません。

そこから私は2つの方法をとりました。

まず一つ目が転職サイトには複数登録して、未経験可、30代でも可、これまでの派遣で経験した仕事に関連がある仕事に絞ってとにかく応募できる会社を探しました。

次に断られた転職エージェントを無視し、他にどこか相談に乗ってくれる転職エージェントはいないか探したことです。

結果的に、自分の経歴でも仕事の紹介、転職サポートを行ってくれる転職エージェント会社が見つかり、仕事も紹介してもらえるようになりました。

転職活動後期

転職エージェントに相談に乗ってもらうようになってからはわりとスムーズに転職活動を進めることができるようになりました。

履歴書の添削等も行ってくれた為、自分が転職サイト経由で受けた会社も書類選考が通過できるようになりました。

面接には苦手意識があまりなかった為、面接までいければこっちのものだと正直思っていたのですが、数少ないチャンスを大事にする為、徹底的に準備をしました。

最終的に、私の転職活動は以下の結果になりました。

  • 応募社数・・・55社
  • 書類選考通過・・・6社
  • 面接通過、内定・・・3社
  • 転職活動期間・・・3ヶ月ちょっと

そして、はれて正社員となることができました。年収も派遣社員時代に比べると200万円もアップしました。

転職活動中、心が折れそうになってしまうことも多々あります。しかし今ではそこで踏ん張って諦めなかったことを心から良かったと感じています。

成功した秘訣

今回紹介した方は最終的に3社から内定を貰うことができたそうです。この方が成功した秘訣はどこにあるのでしょうか。

現実的に可能な会社から選ぶ

まず一つ目が、応募した企業の選び方が良かった点でしょう。

30代後半、派遣社員という職歴はどうしてもマイナス評価となってしまいますし、その職歴だけで人物像、能力関係なく落とされてしまうことはやまほどあります。むしろ、そういった会社のほうが多いくらいです。

そんな中で、少しでも可能性のある会社を探し出し、応募していったことが成功につながったのだと思います。

派遣社員を辞めて転職活動に集中した

この方は3ヶ月で55社も受けていますが、仕事をしながらだと中々そこまで応募することはできません。

この人の場合、派遣社員としての仕事を辞めて全精力を転職活動に集中したそうです。

生活をする為にどうしても必要であれば仕方ないかもしれませんが、少し余裕があったら思い切って転職活動のみに集中するのもいいかもしれません。

何社落ちても心を折らない

転職活動での平均応募社数は20社程度です。しかし、この人は55社も受けています。

派遣社員、30代後半というマイナスポイントがある以上、それなりの数の企業を受けていかなくてはなりません。

応募する企業の質も大事ですが、数もかなり大切です。

熱意とやる気をアピール

面接ではとにかく熱意とやる気があることをアピールしたそうです。

正社員としての実績がない以上、経験という面では劣っているかもしれません。しかし、熱意ややる気であれば、これまでの経験は関係なくいくらでもアピールすることができるポイントです。

企業側が面接時に重視するポイントで最も高いのは実はこの熱意ややる気なのです。

ですから多少の経験面での不利さを、そこでカバーすることができたのでしょう。

これまでの派遣の仕事に誇りをもってアピールした

熱意ややる気が大事といっても、やはり仕事での経験は大切。ただ、派遣社員として働いてきた実績はあまり評価されにくい部分があります。

しかし、この人はこれまでの派遣でしてきた仕事に対して自信、誇りを持ち、決して他の正社員として働いてきた人に劣っていないという部分をアピールするように心がけたそうです。

派遣社員として働いてきた人でも高いスキルの人はいます。そこを企業に気づいてもらうことが大切です。

複数の転職サイト、転職エージェントを利用した

複数の転職サイトから自分が応募できる企業を探したり、最初の転職エージェントで断られても違う転職エージェントに登録したりしたことも成功に繋がるでしょう。

未経験可かつ、30代後半でも大丈夫そうな企業はやはり少なく見つけにくいです。それでもできるだけ多くの量を探すというのはやはり必要なことですし、転職エージェントのアドバイスがあるかないかでは転職活動の質に大きく左右される為、1社だけで諦めないことが大切です。

やらなきゃいつまでも派遣社員

結局のところ、転職活動を始めなければいつまでも派遣社員として働くしかありません。

まずはやるかやらないかです。

さっそく一歩目を踏み出してみましょう。

転職活動に向けて

転職活動をする際、ハローワークを使うというのも一つの手ではありますが、転職サイトや転職エージェントも有効活用するようにしましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

 
リクルートエージェント

マイナビエージェント

ミイダス
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職サイト
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
(企業が直接スカウト)
非公開求人の件数※1

101,516件

17,172件
非公開
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代不可
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:9時30分~17時30分
担当エージェントによる
 

※1 2020年9月


転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連:紹介予定派遣とは何?実態は正社員になれるのはどれくらい?

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。