紹介予定派遣の倍率をみると、正社員になることが難しいことがよくわかる

通常の派遣に比べて正社員になりやすい紹介予定派遣。

ただその派遣として働くためには選考があり、高い倍率を潜り抜けなくてはならないという難点があることを忘れてはいけません。

本記事では紹介予定派遣の倍率がどの程度あり、実際に申し込みから正社員にたどりつくまではどれくらい高いハードルがあるかを紹介していきます。

関連記事

 

おすすめの転職サービス

【Point】転職サービスは2~3つの複数の利用が効果的です!

主要転職サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・リクナビNEXTと連携可

公式

マイナビジョブ20′s
若手向けマイナビの中でも第二新卒・既卒に特化
・独自の適性診断がありマッチ度が高い

公式

JAIC(ジェイック)
フリーター/大学中退/第二新卒/既卒向け
・利用者の転職成功率は81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

紹介予定派遣の倍率、合格するのは中々難しい

登録型派遣と違って紹介予定派遣では筆記試験、書類選考、面接などで選考することが認められています。

ですので紹介予定派遣として働く為には、まずはその選考に受からなくてはなりません。

そしてその選考は中々の難関。決して簡単に受かるようなものではなく、中々難しいのです。

紹介予定派遣の倍率は平均でも4倍

厚生労働省の「労働者派遣事業報告書の集計結果」によると、紹介予定派遣に申し込んだ人数は149,818人。そのうち実際に派遣されたのは38,239人。割合にすると25.5%の人しか実際には派遣されていません。

すなわち倍率としては約4倍。およそ4人に3人は紹介予定派遣として働きたくても働くことができないのです。

決して簡単ではありませんよね。

大手企業の求人なら倍率は数十倍になることも

4倍というのはあくまで平均であって、大手企業の求人なら倍率は数十倍に跳ね上がります。

紹介予定派遣なら大手企業に直接雇用される可能性が高くなるなんて言われています。

もちろん転職して実現するよりかは難易度は下がるかもしれませんが、そもそも働くことは決して簡単なことではないのです。

紹介予定派遣を利用する為に越えなくてはいけない2つのハードル

紹介予定派遣を利用する為には、まず社内選考を通過しなくてはなりません。

これに受からなければ派遣先の選考に進むことができません。

社内選考に通過すると今度は派遣先での書類選考と面接が行われます。

紹介予定派遣で行われる面接は、登録型派遣の顔合わせとは違って完全に選考を目的にしている面接です。

志望動機や退職理由、強みや弱みなど、通常の正社員の面接と同様に多くのことを聞かれますし、しっかりアピールできなければ落ちてしまいます。

要するに紹介予定派遣として働く為には、社内選考と紹介先選考の2つのハードルを越えなくてはならないのです。

そう考えると、紹介予定派遣から正社員を目指すより、転職してはじめから正社員枠を目指したほうが効率的かもしれません。

正社員を目指す方におすすめの転職サービスはこちら➡

もし働けることになっても正社員になるのは中々難しい

なんとか選考に合格し無事紹介予定派遣で働くことができたとしても、正社員になれることは一切保証されていません。

ここからもまだまだ多くのハードルが残っていま。

直接雇用される人は半数しかいない

紹介予定派遣として働いた人のうち、直接雇用された人は38,239人中19,008人。割合にして49.7%にすぎません。

2人に1人は、せっかく選考に通って紹介予定派遣として働き始めても6ヶ月でまた仕事がなくなってしまっているのです(紹介予定派遣の最大派遣期間は6ヶ月)。

派遣社員本人が断った場合もありますが、能力・態度などを理由に直接雇用を断られてしまうケースは少なくないのです。

正社員として直接雇用される人はさらに少ない

さらに直接雇用された半分のうち、正社員として雇用されたのは約半数であるというデータもあります。

紹介予定派遣からの直接雇用は正社員でなければいけないなんてことはありません。契約社員として採用される人は多いし、バイトやパートなんて人もいます。

直接雇用=正社員と考えていると痛い目を見るので注意が必要です。

倍率の高い紹介予定派遣に合格し、派遣先の会社に直接雇用してもらい、なおかつ雇用形態は正社員にしてもらって、初めて紹介予定派遣から正社員という形になるのです。

紹介予定派遣に申し込んだ人のうち正社員になれる人の割合はたったの6.3%

紹介予定派遣として働ける人の割合が約25%。そのうち直接雇用される人の割合が50%。さらにそのうち正社員として雇用される人の割合が50%。

これら全てを考えると、紹介予定派遣に申し込んだ人のうち実際に正社員として働くことができる人の割合はたったの6.3%であるという結果になります。

倍率で考えると約16倍です。

この数字だけ見れば、かなり難しいことだというのは目に見えてわかりますよね。

正社員として働く前に雰囲気がわかる、未経験でも挑戦しやすいといったメリットは確かにありますが、正社員になりやすさという観点でみると決して恵まれているわけではありません。

正直倍率で言えば、中小企業の中途採用に応募した方がよっぽど現実的です。

正社員になりたいと考えているなら、まずはより確実な方法を

もしあなたが正社員として働きたいと考えているなら、ぜひ確実性のある方法をとってください。

紹介予定派遣が悪いとは言いません。確かに色々なメリットがあります。

しかし倍率は高い上、結果がでるのは派遣終了後なので時間もかかるといったデメリットを忘れてはいけません。

自分がいつまでにどうなりたいか、その為にはどうすればいいかをしっかり考え、それが実現できるより確実な方法を選び実行するように心がけましょう。

 

転職サービスの選び方

  • STEP1
    転職サービスの種類を知る
    大きく分けて転職サイト・転職エージェントの2種類がある。

    転職サイトとは?

    求人を載せるための掲示板。

    転職者が自分のペースで応募・選考を進められる。サービスによっては、企業側からオファーを貰えることも。

    転職エージェントとは?

    応募から採用まで、アドバイザーのサポートを受けられる。

    履歴書の添削や面接対策をしてくれたり、転職サイトには載っていない大手や人気企業の非公開求人を紹介して貰えたりする。

  • STEP2
    自分の特徴をあぶり出す
    あなたの年齢は?経験は?希望する業界は?といった自分の特徴・転職目的を明らかにする。

    (例)20代前半・職歴に自信が無い・未経験の職種に挑戦したい。

  • STEP3
    特徴に当てはまるサービスを2~3種類選ぶ

    ➡各転職サービスの特徴・強みはこちら

    少なくとも、転職サイト・転職エージェント各1つずつは選ぶようにしよう。

    サイトは中小企業の求人が多かったり、エージェントは大手の非公開求人を持っていたりと、扱う情報に差が出てくるので、一方だけでは偏った情報しか手に入らない可能性も。

  • STEP4
    実際にサービスを利用する
    特に転職エージェントは、面談や電話でのやりとりで相性をチェックする。

    良い求人に巡り合うには、求人を紹介してもらう際に、おすすめする理由をしっかり説明してもらえるかを確認しておこう。

    (担当者との相性が悪い場合、変えてもらうことも可能)

  • STEP5
    各サービスから広く情報を集め、比較しながら選考を進めていく

    始めはまんべんなく2~3種類のサービスを併用し、最終的にはあなたが1番利用しやすいサービスに絞っていく。もちろん、そのまま併用し続けてもOK。

    転職エージェントの履歴書の添削・面接対策は、転職サイトから応募した企業の選考にも活かせる!

おすすめの転職サービス


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに第二新卒・既卒に特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、適正を知ってから転職を進められます。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

幅広く情報を得るためにも、リクルートエージェントは登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、たくさんの選択肢からピッタリの求人を見つけられるはずです。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)