手取り25万円は世間的に高いほう?手取り25万円の仕事を探す際の注意点は?

20代はもちろん30代であっても手取りが20万円以下という方もいます。

当然、ほとんどの人はせめて手取りで25万円くらいあればいいのにと思ったり、願ったりしているのではないでしょうか。

手取りが25万円であれば、一人暮らしならそこそこ貯金もできますし、結婚したとしても厳しいながらなんとかやってはいけます。

そこで今回は手取り25万円に焦点を当てて世間的にどの程度なのか、年収アップを目的に転職をしたい場合にどういった点に注意すればいいかについて紹介していきます。

転職活動は求人が増える秋に!

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

関連:手取り18万円は普通?少ない?転職するかどうかの判断は仕事への満足度から考えてみよう

手取り25万円は高い方?平均年収と比べてみよう

手取り25万円は高い方?平均年収と比べてみよう

手取り25万円が高いのか低いのかを判断する前に、平均的な年収と手取りで25万円を得れるようになるのはどのくらいの年齢が多いのかを確認しましょう。

手取り25万円の総支給額

手取り25万円の場合、総支給額はおよそ30万円程度になります。

そこから所得税や社会保険料などが天引きされて、手元に残るのが25万円程度になってしまうというわけです。

30万円の中には基本給に加えて残業代などが含まれています。

残業時間が20時間程度だとすると、基本給27万円程度はなければ手取り25万円にはなりません。

そして、手取りで25万円は独身であれば十分な給与であると言えます。

実際には天引きされる前の金額として30万円程の給与であり、かなりの金額を自由に使うことができるでしょう。

都内であっても家賃8万前後の物件であれば、食費や交際費を考えてもある程度使う余裕はあります。

男女別の平均年収を比べてみると

まずは厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査の結果から、1ヶ月の賃金(総支給額から時間外勤務手当や深夜勤務手当、休日手当などを除いたもの)について見てみましょう。

平均は30万4千円となっており、手取り25万円の水準はクリアしています。

正社員に限ると男性の場合は平均賃金が34万8千円、30代前半が29万5千円と手取り25万円に届く一方、女性の場合は平均が26万3千円、40代前半になってようやく28万3千円と手取り25万円に届く金額です。

また、非正規社員の場合は男性が平均23万4千円、女性が平均18万9千円で全年齢において手取り25万円を超える金額は貰っていません。

  正規雇用 非正規雇用
男性 34万8千円 23万4千円
女性 26万3千円 18万9千円

ちなみに、時給制である派遣社員が手取り25万円以上貰おうとすると、時給1,600円程度でも可能な金額なので、地方では少し厳しいですが首都圏であれば不可能ではありません。

次に日本の平均年収を見てみると、男女を含む全体の平均が平成30年では441万円となっています。

  平均年収 正規社員 非正規社員 平均年齢
男性 545万円 560万円 236万円 46.3歳
女性 293万円 386万円 154万円 46.5歳
441万円 504万円 179万円 46.4歳

男女別の平均年収は、男性が平成30年では545万円であるのに対して女性は293万円となり、252万円もの年収差があるとわかります。

この男女別の平均年収は、男性が平均年齢が46.3歳で女性が46.5歳の時の平均年収となっているので、およそ同じ年齢の時の平均年収に252万円もの年収の差があることになります。

女性の場合では、正規社員の平均年収が386万円で非正規社員が154万円となっているので、男女とも非正規社員の年収がかなり低いと理解できます。

手取り25万円に到達するのは平均何歳くらい?

平均年収の推移などから手取りで25万円に到達するのは、32歳位の年齢であると考えられます。

また、手取りが25万円の方の平均年収は、正規社員の場合460万円程度なので大学の新卒で入社してから10年経過した時点で、手取りが25万円程度もらえることになります。

男性は手取り25万円になるのは30歳位で、女性は35歳くらいになっています。

入社して間もない時期は、早く給与が上がらないかと考えますが、手取り25万円に到達するまでは22歳に入社した方は、給与が上がるまで我慢が必要になります。

手取り25万円は高いのか、年齢別に確認しよう

手取り25万円は高いのか、年齢別に確認しよう

手取り25万円って世間的に見るとどの程度に位置するのでしょうか。

平均値はあくまでも全体の数値を元に割り切るため、一部の方の収入による平均値の釣り上げが起きてしまいます。

同世代の人と比較だけでなく、中央値も併せて比較してください

男性・女性別の30~49歳の中央値

厚生労働省の賃金構造基本統計調査を元に30歳~49歳までの中央値を抜き出してみました。

  中央値

男性30~34歳

260~279万

男性35~39歳

260~279万
男性40~44歳 360~399万
男性45~49歳 360~399万

女性30~34歳

220~239万

女性35~39歳

220~239万
女性40~44歳 200~219万
女性45~49歳  180~199万

このように見ると手取り25万円(総支給30万円前後)は、全体の割合からみると間違いなく給料をもらっていると言っていいでしょう。

特に女性は30代以上、40代以上でも中央値は男性と比べて差はあり、手取り25万円のラインにまで届く人は一部の方に限られてしまいます。

20代で手取り25万円は高い?30歳、35歳ではどう?

20代で手取り25万円はかなり高い給与だと言えます。

手取りで25万円であれば、天引き前の給与が30万円前後になり年収も高くなります。

それに対して、正規社員で30歳や35歳で手取り25万円も高い給与です。

ちなみに、40代になると手取り25万円は平均的な給与となっています。

手取り25万円から年収アップを目指すためには

手取り25万円から年収アップを目指すためには

この項目では、手取り25万円から年収アップを目指す方法について解説します。

今の会社で昇進・昇格する

手取りアップを目指す方法として最初に思い浮かぶのは、今在籍している企業内で自分に対する評価を上げて給与を高くする方法でしょう。

評価を上げるには、普段の仕事でより努力して上司などに評価してもらう方法と、資格などを取得して資格手当を貰う方法の2つがあります。

資格については会社によって様々な規定があり、1つの資格取得で毎月数千円の手当を支払ってくれる企業もあるので、検討してみる価値はあります。

また、会社によっては資格取得のためにお金の面で支援してくれるケースもあり、合格した場合は受験料を後で支払ってくれたりします。

30万円の手取りを目指すなら、今の自分の市場価値を高めるための普段の努力が大きなポイントでしょう。

副業を始めてみる

続いて副業も手取りを増やす手段として有効です。

データ入力やWEBライター、デリバリーの配達員など多くの選択肢があるので、自分に合ったものを選択してみてください。

ただし、時間を削って稼ぐ仕事だと体力的な負担も増え、時給そのものが上がるといった本質的な収入アップにもならないケースがあるので注意しましょう。

失敗しないポイントとしては、現在の仕事に活かせるものや、フリーランス、起業・転職につながる副業を選ぶことです。

今よりも給料の高い会社へ転職する

いまの会社に在籍し続けて年収が上がると確定しているなら残り続けるのも選択肢の一つですが、そうでないなら転職するのが一番早く年収を上げられます。

仕事を選ぶ時の基準は人それぞれなので、いまの年収に満足していないなら年収アップのための転職は決して間違いではありません。

お金がないと生活はできないですし、余裕は少しでもあった方が良いと考えるのは当然です。

もし、転職を検討していているなら、早めに動いて1年後・3年後の年収、ひいては生涯年収のアップを狙ってみましょう。

おすすめの2サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

手取り25万円以上の仕事を探す際の注意点

手取り25万円以上の仕事を探す際の注意点

上述したように、手取り25万円は平均程度と言えるので、高すぎる金額ではありません。

年収1,000万円欲しいというのとは訳が異なり、20代後半や30代の人なら転職で十分に実現可能な金額であると言えます。

ただ、仕事を探す際はいくつか注意しなくてはいけない点がありますから、それについて紹介していきます。

未経験だと厳しい?

未経験であっても手取りで25万円以上貰える可能性はありますが、経験者のほうが容易であるのは間違いありません。

職種自体は未経験でも、それまでの経験を生かせる仕事なら転職は十分可能でしょう。

ただ、完全に未経験だと選べる仕事は残業が多すぎたり、休日が少なすぎたりと給与面以外の不都合な点を我慢しなくてはならず、結局仕事が長続きしない可能性があります。

その為、未経験の場合はすぐに給料アップを望むのではなく数年後を意識して働くのも大事です。

派遣はあまりおすすめできない

派遣であれば正社員に比べて仕事を見つけやすく、若い時なら派遣のほうが給料が高いケースもよくあります。

ただ、それでもやっぱり派遣はあまりおすすめできません。

派遣の場合はボーナスがなく、さらに昇給も昇格もないのでほぼ給料が増えません。

一時的な給料の高さに目がくらむと5年後、10年後に痛い目を見る羽目になります。

3年後を意識

仕事を探す時に意識するのは目の前のことだけではなく、3年後のことを考えておくことです。

3年後にどれだけ給料が上がりそうなのか、3年後にどれだけスキルが身についているのかなどが大事になります。

転職する際は、ついついその時だけの条件面を見てしまいがちですが、入社当初に給料が高い会社よりも3年後に給料が高い会社のほうが絶対に良いです。

歩合制はデメリットも多い

転職サイトで求人情報を見ていると、高年収を謳った歩合給の仕事がよく目につきます。

成果を上げられれば大きく稼げるのは魅力でも、成果を上げられなかった時はかなり辛いものです。

給料が上がらないのはもちろん、会社に居づらくもなります。

また、成果を上げられたとしても常にプレッシャーがあり、肉体的、精神的にかなりストレスが溜まってしまう可能性が高いのです。

もちろん、それでも大丈夫という方は相応の覚悟を持ってチャレンジしてみてもいいでしょう。

また、求人広告に掲載されている参考年収はトップクラスの方の年収を載せている場合が多いため、平均的なものと思わないようにしてください。

ブラック企業に注意

未経験者可で月収30万円以上など、転職希望者に非常に魅力的な条件が載っているものの中にはブラック企業も多数存在することを忘れてはいけません。

もちろん全てではありませんし、しっかりとした企業もたくさんあります。

ただ、ブラック企業はとにかく人を集めようと転職希望者が目をひく魅力的な条件を謳うケースが良くあります。

結局仕事を始めてみると、聞いていた通りの給料を貰えなかったり、休日が極端に少なかったり、サービス残業が多かったりと全然良い企業ではないことに気が付くケースがあるので注意しましょう。

手取り25万に不満を抱えているなら、早めに転職を検討しよう

手取り25万円以上の仕事を探す際の注意点

もし、あなたが20代や30代なら手取り25万円は決して低い給与ではありません。

また、40代だったとしても低すぎるわけではないため、年収アップを目指すには相応の覚悟と行動が必要です。

給与少し上げるだけなら、今の職場で頑張ったり副業に取り組んだりするだけでも良いでしょう。

しかし、大幅に上げたいならやはり転職を検討するのが一番です。

転職は年齢が上がるにつれて難しくなるので、できるだけ早めに決断してください。

年収アップを確実に実現するには、転職エージェントの利用がおすすめ

もし、あなたが転職活動を始める決断をしたなら、ぜひ転職エージェントを活用してください。

転職エージェントではスキル、職歴などからその人の適正年収を見極めてくれる為、理不尽に給与が低い会社への転職を避けられます。

また、何より大きいメリットが年収交渉を行ってくれるところです。

転職活動では、年収交渉によって年収が増えるケースはよくあるものの、実際は自分一人だとなかなか言いにくいのが現実でしょう。

しかし、転職エージェントならプロが代わりに行ってくれますので、年収アップの可能性が高まります。

加えて、転職エージェントが紹介してくれる企業は、すべて内部状況などが調査されたホワイトな企業ばかりなので、ブラック企業に転職するリスクも軽減できます。

このようにほぼ確実に年収アップを狙えて、なおかつブラック企業も避けられるので、転職する際は転職エージェントの利用をおすすめします。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)