手取り25万円は世間的に高いほう?手取り25万円の仕事を探す際の注意点は?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

手取り25万円は世間的に高いほう?手取り25万円の仕事を探す際の注意点は?

20代はもちろん30代であっても手取りが20万円以下という人も決して少なくはありません。

せめて手取りで25万円くらいあればなーなんて思っている人は多いはずです。

一人暮らしであればそこそこ貯金もできますし、結婚したとしても厳しいながらなんとかやってはいけます。

そこで今回は手取り25万円に焦点を当てて世間的にどの程度なのか、仕事を探す場合にどういった点に注意すればいいかを紹介していきます。

関連:手取り18万円は普通?少ない?転職するかどうかの判断は仕事への満足度から考えてみよう

関連:手取り15万円以下の低賃金で働いている正社員はすぐに転職しよう

手取り25万円は世間的には高いほう?

手取り25万円って世間的に見るとどの程度に位置するのでしょうか。

総支給額

手取り25万円の場合、総支給額はおよそ30万円程度になります。

そこから所得税や社会保険料などが天引きされて手元に残るのが25万円程度になってしまうというわけですね。

30万円の中には基本給に加えて残業代などが含まれています。

残業時間が20時間程度だとすると、基本給27万円程度はなければ手取り25万円にはなりません。

平均年収で見てみると

年収で見てみると、ボーナスがあると仮定すると年収はおよそ400万円から450万円程度。

日本のサラリーマンの平均年収は420万円ですから、手取り25万円もらっていればおよそ平均程度ということになりますね。

年齢別にみると30代前半で397万円、30代後半で432万円なので、20代で手取り25万円貰っているならば恵まれているほうだと言えます。

ただ、正社員に限って言うと平均年収は484万円、男女別にみると男性が538万円、女性が367万円となっており、男性の場合であれば手取り25万円は平均より低いということになります。

平均賃金で見てみると

次に厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査の結果から、1ヶ月の賃金(総支給額から時間外勤務手当や深夜勤務手当、休日手当などを除いたもの)について見てみましょう。

平均は30万4千円となっており、手取り25万円の水準はクリアしています。

正社員に限ると男性の場合は平均賃金が34万8千円となっており、30代前半が29万5千円と手取り25万円に届くのですが、女性の場合は平均が25万3千円、40代前半になってようやく28万3千円と手取り25万円に届く金額になります。

ただし非正規社員の場合、男性平均23万5千円、女性では平均19万円で全年齢において手取り25万円を超える金額は貰っていません。

ただ非正規社員の平均にはフルタイムで働いていない人が含まれていない為、全体的に平均が押し下げられており、時給制である派遣社員が手取り25万円以上貰おうとすると、時給1600円程度でも可能な金額です。

この時給は地方では少し厳しいですが、首都圏であればそこそこあります。

手取り25万円以上の仕事を探す際の注意点

手取り25万円は上述したように平均程度と言えるので、決して高望みとは言えない金額です。

年収1000万円欲しいというのはさすがに無謀ですが、20代後半や30代の人なら転職で十分に実現可能な金額であると言えます。

ただ仕事を探す際、いくつか注意しなくてはいけない点がありますから、それについて紹介していきます。

未経験だと厳しい?

未経験であっても手取りで25万円以上貰うことができる可能性はありますが、経験者のほうが容易であるのは間違いありません。

職種自体は未経験でもそれまでの経験を生かすことができる仕事であっても十分可能でしょう。

ただ、完全に未経験だとすると選べる仕事は残業が多すぎたり、休日が少なすぎたりと、給与面以外の不都合な点を我慢しなくてはいけなくなることが多いので、結局仕事が長続きしない可能性があります。

その為、未経験の場合はすぐに給料アップを望むのではなく数年後を意識して働くということも大事です。

派遣はあまりおすすめできない

派遣であれば正社員に比べて仕事を見つけやすいし、若い時なら派遣のほうが給料が高いなんてこともよくあります。

ただそれでもやっぱり派遣はあまりおすすめできません。

派遣の場合は、ボーナスがないし、さらに昇給も昇格もないのでほぼ給料が増えません。

一時的な給料の高さに目がくらむと5年後、10年後に痛い目を見ることになります。

3年後を意識

仕事を探す時に意識するのは目の前のことだけではなく3年後のこともです。

3年後にどれだけ給料はあがりそうなのか、3年後にどれだけスキルが身についているのかなどが大事になります。

転職する際は、ついついその時だけの条件面だけを見てしまいがちですが、入社当初に給料が高い会社よりも3年後に給料が高い会社のほうが絶対に良いです。

転職活動では転職エージェントを活用する

転職活動をする際は転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職エージェントではスキル、職歴などからその人の適正年収を見極めてくれる為、理不尽に低い会社への転職を避けることができます。

何より大きいのが年収交渉を行ってくれること。

転職活動では年収交渉によって年収が増えるというのもよくある話なんですが、自分一人だとなかなか難しいですし言いにくさもあります。

ただ転職エージェントならプロが代わりに行ってくれますので、年収アップの可能性が高まります。

転職エージェントは高学歴などの人ではないと使えないなんてイメージを持っている人もいるみたいですが、全くそんなことはなく未経験者であったり、全く職歴が無い人でも使えるエージェントサービスがあるのでぜひ活用しましょう。

おすすめの転職エージェントは以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

dodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

大手なだけあって dodaはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントと dodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、対企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

年収アップを目指すならtype転職エージェントもおすすめ。20代から30代がターゲット層になっています。

ここは特に年収交渉に強く、利用者の7割以上が年収アップに成功しているというデータがあります。

転職希望者の皆が皆年収アップを希望するわけではないにも関わらずこの割合は相当優秀。

独占求人も豊富ですから、他の転職エージェントと合わせて使うのもありです。

■公式サイト:type転職エージェント

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、まずは相談するだけしてみてください。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

歩合制はデメリットも多い

転職サイトで求人情報を見ていると、高年収をうたった歩合給の仕事がよく目につきます。

もちろん成果を上げることができれば、大きく稼げることができるのは魅力ですが、逆に成果を上げることができなかった時はかなりつらいものがあります。

給料が少ないというのはもちろんですが、会社に居づらくも辛くなります。成果を上げることができたとしても常にプレッシャーがあり、肉体的、精神的にかなりストレスが溜まってしまう可能性が高いです。

もちろんそれでも大丈夫という人はチャレンジしてみてもいいですが、相応の覚悟は必要だと思います。

また、求人広告に掲載されている参考年収はあまり信用しないほうがいいです。嘘とは言いませんがトップクラスの人の年収を載せている場合が多く、平均的なものではないことが多いので。

ブラック企業に注意

未経験者可でも月収30万円以上など、転職希望者に非常に魅力的な条件が載っているものの中にはブラック企業も多数存在するということを忘れてはいけません。

もちろん全てではありません。しっかりとした企業もたくさんあります。

ただ、ブラック企業はとにかく人を集めようと転職希望者が目をひく魅力的な条件をうたうことが良くあります。

結局仕事を始めてみると、聞いていた通りの給料を貰えなかったり、休日が極端に少なかったり、サービス残業が多かったりと全然良い企業ではなかったなんてことに気づいてしまうことがあるので注意しましょう。

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連:30代で手取り20万円以下で働いているなら、その会社に居続ける必要はない。すぐに転職をしよう。



このページの先頭へ