「仕事・会社」の記事一覧

仕事をしたくないと強く思った時に転職を考えるべき理由

仕事をしたくないと強く思った時に転職を考えるべき理由

毎日仕事で大変な思いをしていたり、つまらなさを感じていると、つい「もう仕事をしたくない」と思ってしまうもの。 ・・・

正社員になるのは難しい?非正規社員から正社員に転職する為の手段

正社員になるのは難しい?非正規社員から正社員に転職する為の手段

契約社員や派遣社員、パートタイマーやアルバイトといった非正規社員として働いている人のうち、できることなら正社員・・・

仕事を辞めたらどうなる?苦労すること、良くなること。

仕事を辞めたらどうなる?苦労すること、良くなること。

仕事を辞めたい。けれど辞めた後のことを考えると不安で辛くても辞めることはできない。 そんな風に考えている人は決・・・

仕事を辞めたら負け?いや、無理して仕事を続けてしまうほうがよっぽど問題。

仕事を辞めたら負け?いや、無理して仕事を続けてしまうほうがよっぽど問題。

仕事を辞める。そのことを異常なまでに嫌悪感を抱いている人がいます。 苦しくてもしんどくても辛くても仕事は続ける・・・

正社員を辞めるのはもったいない?辞めた後で後悔する可能性は高い?

正社員を辞めるのはもったいない?辞めた後で後悔する可能性は高い?

正社員を辞めたい。けれど辞めるのはもったいないのではないか。 そんな風に悩んでいる人は少なからずいるのではない・・・

退職の取り消し、撤回は可能?状況によってできるかどうか違うので要チェック

退職の取り消し、撤回は可能?状況によってできるかどうか違うので要チェック

一度は仕事を辞めるつもりで上司に退職を申し出たが、その後になってそれを取り消し、撤回したいと考えるようになる人・・・

退職時の文句や嫌味、引き延ばしのや保留の打診を気にしてはだめ。辞めるとなったら辞める。

退職時の文句や嫌味、引き延ばしのや保留の打診を気にしてはだめ。今の仕事を辞めると決めたら惑わされるな。

仕事を辞めると決めたら上司へ退職の意思を伝えることを必ず行わなくてはいけません。 ただこれが中々難しかったり、・・・

裁量労働制になった会社を辞めた理由。残業100時間超えでメリットは何もなかった。

裁量労働制になった会社を辞めた理由。残業100時間超えでメリットは何もなかった。

労働時間制度の一つとして導入している企業も多い裁量労働制。 労働者は実際の労働時間と関係なく、長かろうが短ろう・・・

仕事の人間関係が辛い時にすべきは転職活動。退職・転職に向けて一歩踏み出そう。

仕事の人間関係が辛い時にすべきは転職活動。退職・転職に向けて一歩踏み出そう。

仕事の人間関係の苦しみは決して生易しいものではなく、それこそすぐにでも辞めるべき場合もあるくらい辛いものです。・・・

もう会社に行かないと決めて翌日に電話で仕事を辞めた時の話

もう会社に行かないと決めて翌日に電話で仕事を辞めた時の話

会社に行きたくない、そのまま仕事を辞めてしまいたい。 そんなことを考えたことがある人はおそらくかなり多いのでは・・・

30代の契約社員は女性でも真面目に正社員への転職を考えるべき。将来の不安は増してくばかり。

30代の契約社員は女性でも真面目に正社員への転職を考えるべき。将来の不安は増してくばかり。

雇用のされやすさや、勤務地等の希望の叶いやすさなど様々なメリットがある契約社員ですが、この先も長期的に働いてい・・・

会社から逃げる場合の正しいやり方と気持ちの持ち方、逃げるのはそんな悪いことではない

会社から逃げる場合の正しいやり方と気持ちの持ち方、逃げるのはそんな悪いことではない

会社に行くのが辛くて辛くて仕方がない、もう今の会社から逃げ出したい。 そんな風に思った時、あなたらどうしますか・・・

楽だという理由で派遣の仕事を続けてしまうリスクとは?

楽だという理由で派遣の仕事を続けてしまうリスクとは?

希望に合う就職先が見つからなかったり、転職までのつなぎとして、いつかは正社員になろうと思いつつも、一時的に派遣・・・

仕事で限界と感じたらずる休みでもいいから休むことも大事、無理し続けていれば体は壊れる

仕事で限界と感じたらずる休みでもいいから休むことも大事、無理し続けていれば体は壊れる

仕事をする上で最もさけなくてはいけないのが、自分の限界を超えて働き続けてしまって体を壊すことです。 いくら仕事・・・

退職についての話し合いをする場合の注意点、人事や役員が出席する場合も少なくない

退職についての話し合いをする場合の注意点、人事や役員が出席する場合も少なくない

退職することを決心しいざ上司にその旨を申し出ても、そのまますんなり退職の手続きに進むことができるとは限りません・・・

このページの先頭へ