休日に仕事のことばかり考えてしまうような要注意。考えないようにする為の方法とは?

あなたは休日に心も体もしっかり休めることができていますか?特に心の面でしっかり休むことができていますか?

せっかくの休日なのに上手くオンとオフを切り替えることができず、仕事のことばかりを考えてしまい、気が付けば休みが終わってしまっている。なんてことで悩んでいる人も多いかもしれません。

ただやっぱり休日には心もしっかり休めないと、長い会社生活でいつか限界が訪れてしまうかもしれません。

関連記事

転職活動は求人が増える秋に!

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

休日に仕事のことばかりを考えていると疲れはとれない

仕事のことが好きで好きで仕方がなくて、つい休日も仕事のことばかりを考えてしまうなんていう人であれば何も問題はないかもしれませんが、ほとんどの人はそんな前向きなことではないと思います。

仕事は決して好きではなく、休日にまで仕事のことなんて考えたくないものの、自分の意志とは正反対につい仕事のことを考えてしまう。そんな人が多いでしょう。

休日にそんなことを考えていては、心が休まるはずもなく、下手したら普通に仕事をしている時よりずっと疲れたりもします。

休日には、心を休ませる為にもできるだけポジティブなことを考えなくてはなりませんが、それができずにいるとストレスは溜まっていく一方になってしまいます。

仕事のことを考えると憂鬱になってしまう

休日に仕事のことを心配したり、不安になったり、憂鬱になったりとネガティブなことばかり考えてしまう人はたくさんいます。

特にブルーマンデー症候群になりやすい休み明けの月曜日や日曜日の夜はより一層、仕事に対して憂鬱と感じるでしょう。

では仕事に対する憂鬱な気持ちはどうやって考えないように出来るでしょうか。

まずは自分がなぜ休日になっても仕事が頭から離れないのか、原因を探ってみて下さい。

休日でも仕事が頭から離れない訳とは

ここでは多くの人にあげられる休日でも仕事が頭から離れない理由をいくつかご紹介します。

仕事の環境や自分自身の性格によっても原因は様々なので、しっかりと自分がなぜ仕事のことを休日に意識してしまうのか、じっくりと考えてみましょう。

真面目、責任感が強い性格

性格が真面目で、仕事に対して責任感が強いような人であれば、休日も仕事が頭から仕事が離れないことが多いようです。

問題を真面目に考えれることは社会人としては素敵なことですが、真面目に考えすぎてしまうと仕事に対する大きなプレッシャーやストレスにつながりかねません。

仕事量が多い

そもそもこなさなければ仕事が多く、休日に入るまでに終わらせなければいけない仕事が終わっていない場合、自然と休日にも仕事を意識してしまいます。

また休日に入る前に仕事を終わらせていても、休み明けに新たな仕事が沢山入ってくることが習慣化してしまうと休日も仕事のことを考えてしまうでしょう。

仕事モードが抜けていない

仕事終わりから休日に入るまでに仕事モードが抜けていなければ、休日も仕事モードのまま過ごしてしまうかもしれません。

仕事モードから上手く休日のリラックスできる状態に切り替えることができなければ、仕事モードの緊張した状態が休日にも続いてしまい、ゆっくりと休むことが出来ないでしょう。

仕事を持ち帰る

家に仕事を持ち帰ってしまうことは、どんな方でも休日に仕事のことを忘れられません。

休日と平日を割り切れずに休みの中でも仕事をしてしまうことは、効率が悪く、仕事も上手くいくとは限らないでしょう。

おすすめの2サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

休日に仕事のことを考えないようにするには?

私自身、就職して数年は休日にも仕事のことばかりを考えてしまうようになり、休日にまったく休んだ気になれなかったという経験があります。

そんな私が、現在休日に仕事のことを考えないようにする工夫として行っていることを紹介します。

外に出て体を動かす

仕事で疲れていると、どこかへでかけるのも面倒になってただ家でだらだらしてしまいますよね。

ただ、家でだらだらしてしまうと、結局暇になってしまってつい仕事のことを考えてしまいます。

ですから、休日はずっと家にいるのではなく、外に出て体を動かすようにしていみてください。友人と遊びに行くのも良し、家族と出かけるのも良し、一人で運動するのも良し。とにかく体を動かしてみましょう。

肉体的な疲労の回復においても、家でだらだら何もせずに過ごすより体を動かしたほうが良いとされていますから、ぜひ外に出るようにしてみてください。

金曜日にできるだけ仕事を残さない

休みの前日になると、つい休みのことばかりを考えて仕事に手を抜いてしまいがち。また、面倒な仕事は休み明けにやればいいと思って先延ばしにしてしまいがち。

実はこの行為が休日につい仕事のことばかりを考えてしまう原因です。

休日にすっきりした気持ちでしっかり休む為には、休みの前日にできるだけ仕事を片付けておくということが非常に大事になってきます。

無理に考えないようにしない

仕事のことを考えてしまうというのは誰にでもあることであり、それをゼロにするのはそうできることではありません。

少しくらいなら考えたっていいんです。というか考えないようにするほうが無理なことです。

無理に考えないように考えないようにと思っていては、結局考えてしまうようになるだけですから、考えてしまった時はそのことを受け入れるようにし、あえてじっくり考えてしまうようにしてください。

10分くらいじっくり考えてみると、意外にすっきりするなんてこともありますよ。

仕事を絶対に持ち帰らない

ちょっと忙しかったり、仕事が残っていたりするとこっそり仕事を家に持ち帰ってきて週末の空いた時間にやろうなんてことを考える人もいるかもしれませんが、それはやめておきましょう。

家で仕事をやることに慣れてしまうと、日ごろの仕事に手を抜くようになり仕事が終わらず、持ち帰ってやることが徐々に増えてしまいますし、家でも仕事のことを思い出すきっかけがたくさんできてしまいます。

何より家に持って帰ってきて仕事をするというのはサービス残業。給料も貰えないのにそんな頑張るなんてことは辞めておきましょう。

休日の過ごし方NG例

仕事のことを忘れ、休日を有意義に過ごすためにはどんな過ごし方を避ければいいでしょうか。

具体的なNG例を確認していきましょう。

会社の人に会う

会社の同僚やメンバーと休日会うことは、あまりお勧めできません。

なぜなら休日に仕事のことを考えないようにしたくても、会社関連の人に会ってしまうとどんなに考えたくなくても仕事のことを思い出す結果となります。

なので休日は会社とは離れ家族や友達と過ごしたり、自分のやりたいこと、リフレッシュに使うと良いでしょう。

仕事の話をする

休日に会社のメンバーに会うと同様、仕事の話を誰かにしてしまうこともNGです。

仕事の話をしてしまうと自然と仕事モードに入り、精神的に疲れてしまったり、ストレスを感じてしまいます。

仕事モードのオンオフを切り替えるためにも仕事関連の話は休日にはせず平日だけにする、と自分の中で決めておきましょう。

仕事のミスを思い返してしまう

仕事でしてしまったミスを休日に思い返してしまうと心が休まりません。

ミスしたことが頭に離れなくなってしまうというのはありますが、起きてしまったことに対して「ああすれば良かった」「なんでもっと上手くできないのか」と悩みすぎると休みをリフレッシュの時間として利用できません。

仕事のミスで発生した部分のリカバリーを考えるのはあくまでも業務中に行うようにして、休日はしっかりと休むという気持ちのメリハリをつけるようにしましょう。

ここまで行っていたら要注意

ついつい考えてしまって休日もあまり休んだ気にならないというくらいならまだしも、以下の症状がでた時は特に注意が必要です。

  • 睡眠を妨げるようになってる
  • 考えると頭痛や吐き気がする
  • 何もやる気が起きない

つい考えてしまい睡眠を妨げ眠れない日々が続いていたり、考えるけで体調が悪くなったり、とにかく何もやる気がでなくなったり。

こういったことがあると、かなりストレスが溜まっている状態であると言えます。

この体のサインば決して見逃さないようにしてください。悪化すると、精神疾患にかかってしまうことになります。

合わない仕事は時に変えることも大切

毎日大きなストレスを感じるような自分に合っていない仕事は、頑張りすぎずに時には変えることも必要です。

仕事を変えるという選択肢を持たずに働き続けるというのは、大きなストレスから逃げることができなくなってしまっていることと同じです。

本当はたくさんある選択肢。自分を追い込まない形で働くことができるようにしましょう。

転職エージェントを利用して、エージェントに相談すれば仕事を変えるべきかどうか判断する材料とすることができるでしょう。

また、ほかの求人と自分の条件を比較して転職したいと思えるものがあれば、内定を獲得するためにサポートを行ってもらえます。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)