休日に仕事のことばかり考えてしまうようなら要注意。考えないようにする為の方法とは?

あなたは休日に心も体もしっかり休めることができていますか?特に心の面でしっかり休むことができているでしょうか。

せっかくの休日なのに上手くオンとオフの切り替えができず、仕事のことばかり考えてしまい気が付けば休みが終わってしまう、こんな状態に悩んでいる人も少なくないでしょう。

ただ、休日にしっかりと心身を休ませないと、長い会社生活の中でいつか限界が来るかもしれません。

今回は、休日まで仕事のことを考えてしまうとどんな影響があるのか、休日に仕事のことを考えないようにするにはどうしたら良いのか紹介していきます。

関連記事

 

求人が増加する今動こう!

新年度を控え人材を補強したい企業が増えるため、転職活動を進めるなら求人が増加する今がチャンスです。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

公式

doda
【転職者満足度No,1】
・IT・営業・企画系求人に強い

公式

 

休日に仕事のことばかりを考えていると疲れはとれない

休日に仕事のことばかりを考えていると疲れはとれない

仕事のことが好きで好きで仕方がなくて、休日も仕事のことで頭がいっぱいな人なら何も問題はないかもしれません。

しかし、多くの人がこれほど仕事に対して前向きなわけではありません。

仕事が大好きなわけではないし休日まで仕事のことを考えたくないのに、自分の意志とは関係なく仕事のことを考えてしまう。そんな人も多いのではないでしょうか。

休みの日も仕事のことばかり考えていたらストレスが溜まってしまう

休日まで仕事を気にかけていると心が休まらず、場合によっては普段仕事をしている時よりずっと疲れてしまうこともあるでしょう。

休日は、心を休ませるためにもできるだけリラックスすることを優先しなくてはなりませんが、それができないでいるとストレスは溜まり続けていきます。

休日に仕事の心配をしたり、不安になったり、憂鬱になるなどネガティブ思考に陥る人は少なくありません。

仕事のことを考えると憂鬱な気持ちになってしまう人は多い

仕事のことを考えると憂鬱な気持ちになることは、特に日曜日の夜や休み明けの月曜日に多い傾向があります。

「明日から仕事か」、「今日からまた仕事か」などと、仕事に対するモチベーションの低さが影響していると推測できますが、仕事に対する憂鬱な気持ちは実際の業務に支障がでることもあります。

仕事に対する憂鬱な気持ちへの対処法を考えるとともに、休日になっても仕事が頭から離れない原因に関してもスポットを当てて見ていきましょう。

休日も仕事のことばかりを考えてしまうのはなぜ?

休日も仕事のことばかりを考えてしまうのはなぜ?

休日でも仕事が頭から離れない原因は、仕事の好き嫌いに関係なくいくつかの理由が考えられます。

仕事環境や自分自身の性格など理由はさまざまで、複数の原因が重なっていることも珍しくありません。

ここでは、自分がなぜ休日にも仕事を意識してしまうのかその原因に触れていきます。

真面目で責任感が強い性格だから

性格が真面目で仕事に対する責任感が強い人は、休日も仕事が頭から離れない傾向があります。

仕事や物事に対し真面目に考えられることは社会人として素敵なことですが、考えすぎてしまうと一人で悩みを抱え込むことにつながります。

また、真面目さや責任感の強さは仕事に対するプレッシャーにも影響し、ちゃんとやらなくちゃ、完璧にやらなくちゃといった気持ちにもさせるので、結果的にストレスを増やし休日にも仕事が気になる状態になりやすいです。

仕事量が多すぎるから

普段から担当する仕事量が多くて勤務時間内に仕事が終わらずに休日に入った場合、どうしても休日に仕事を意識してしまいます。

また、休日に入る前に仕事が終わっていたとしても、休み明けに新たな仕事がたくさん入ってくるスケジュールの場合も休日に仕事のことを考えてしまうでしょう。

多くの仕事を任せられることは、あなたにそれだけ信用があり実力があると解釈することができます。

しかし、勤務中にこなせないほどの仕事量は、常に仕事を気にかける原因になり休日にも影響を及ぼします。

家でも仕事モードが抜けていないから

仕事モードでバリバリ仕事をする人は、就業後に気持ちを切り替えないと休日も仕事モードのまま過ごすようになります。

ずっと仕事モードのままでいるとリラックスする時間がなく、緊張した状態が続いてしまい休日もゆっくり休めない状態に陥ります。

仕事モードとリラックスモードの切り替えはそのときに抱える仕事にも左右されますが、仕事モードがずっと続く状態は自分自身のメンタル面や一緒に住む家族に良い影響を及ぼしません。

仕事を持ち帰っているから

家に仕事を持ち帰る状況は、休日でも常に仕事を気にかける状態になります。

持ち帰るほど多くの仕事がある、休日明けには提出したい仕事がある、といった場合は休日でも仕事のことを考えずにはいられないでしょう。

仕事の持ち帰りはがんばっているように感じますが、休日に休まず仕事をすることは効率的ではありません。

むしろ生産性が下がる可能性の方が高いといえます。

おすすめの2サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

休日に仕事のことばかり考えないようにするには?

休日に仕事のことばかり考えないようにするには?

私自身、就職して数年は休日でも仕事のことを考えてしまうようになり、休日にまったく休んだ気にならなかった経験があります。

そんな私が、休日に仕事のことを考えないようにする工夫として実践していることを紹介します。

外に出て体を動かす

仕事で疲れていると、どこかへでかけるのも億劫になってただ家でだらだらしたくなりますよね。

家でだらだらしてしまうと、結局暇になってつい仕事のことを考えてしまいます。

そのため、休日はずっと家にいるのではなく外に出て体を動かすようにしてみてください。友人と遊びに行くのも良し、家族と出かけるのも良し、一人で運動や散歩をするのも良し。とにかく体を動かしてみましょう。

心身的な疲労の回復血行促進による気分転換にも良いとされているので、ぜひ外に出るようにしてみてください。

金曜日はできるだけ仕事を残さないようにする

休みの前日になると、休みは何をしようか考えて仕事に手を抜いたり手につかなかったりします。また、面倒な仕事は休み明けにやればいいかと思って先延ばしにしてしまうこともあるでしょう。

実は、休前日の仕事の手を抜くことが休日に仕事のことを考えさせる原因なのです。

休日にすっきりした気持ちで休むためには、休前日にできるだけ仕事を片付けておき心置きなく休むことがとても大事なことなのです。

やることが全て終わっていれば、休日を存分に楽しめるようになります。

無理に考えないようにしない

休日に仕事のことを気にかけることは誰にでもあり、それを意識的にゼロにすることはなかなか難しいことです。

少しくらい考えてもいい、それくらいの緩さがある方が気持ちの上では楽に過ごせます。

無理に考えないようにしていても結局気になって考えてしまうなら、「また仕事のことを考えていたな」と受け入れる方が気持ちの負担を軽減できるでしょう。

つい考えてしまっていた場合でも自分を責めたり憂鬱な気持ちが深くならないよう、自分のことを笑って許すくらいの気持ちでいてください。

仕事を絶対に持ち帰らない

普段より忙しいときや、仕事が捗らず残ってしまうと、仕事を家に持ち帰って週末にやろうと考えることもあるでしょう。

ですが、休みに仕事のことを考えないようにするには仕事の持ち帰りをしないことが大切です。

家で仕事をすることに慣れてしまうと、日ごろの仕事に手を抜くようになり結局その日の仕事が終わらず、家での仕事が徐々に増えてしまいます。

この繰り返しが続くと休日でも仕事のことを思い出すきっかけになってしまいます。

何より、仕事を持ち帰って仕事をするというのはサービス残業であり給料も出ないので、仕事を持ち帰ることは絶対に避けるようにしましょう。

仕事のことばかり考えることで、こんな症状が出ていたら要注意

仕事のことばかり考えることで、こんな症状が出ていたら要注意

休日や家にいる時間まで仕事のことばかり考えると、休んだ気がしないなどリフレッシュする時間がない状態になります。

こうした状態が続くとストレスからさまざまな症状を引き起こすことがあります。

例えば、仕事のことで頭がいっぱいだと精神的に緊張した状態が続き、なかなか寝付けなかったり朝にスッキリ起きられなかったりと、睡眠が十分にとれない状態に陥ります。

心身に不調が出る場合も

人によっては仕事のことを考えると頭痛や吐き気がしたり、胃痛や消化器症状が出ることも。

特に、睡眠を含む健康状態に異常がなかったとしても、休日に何もやる気が起きない、好きなことにも興味が持てないなど異変を感じることもあります。

このような心身の症状が出るということは、明らかにストレス発散ができていない状態なので休息をとることやリフレッシュすることが必要です。

無理をすれば精神疾患に陥る可能性もあるので軽く考えてはいけません。

そのため、休日は会社や仕事とは一切離れて家族や友達と過ごしたり、自分のやりたいことやリフレッシュに使いましょう。

食事や飲み会などでも会社の同僚やメンバーと休日に会うことはあまりおすすめできません。

会社関連の人に会うと、どんなに考えたくなくても仕事のことを考えるからです。

仕事モードのオンオフを切り替えるためにも、仕事関連の話は休日にはせず平日だけにすると自分の中で決めておきましょう。

自分に合わない仕事を無理して続ける必要はない、転職を視野に入れよう

自分に合わない仕事を無理して続ける必要はない、転職を視野に入れよう

休日でも仕事のことばかり考えてしまう人は、真面目な性格や普段の仕事の進め方などが影響していると考えられます。

また、家に仕事を持ち帰って作業したり、休日に会社関係の人と会うことも原因の1つだと言えるでしょう。

どうしてこんなに仕事のことばかり考えるのか疑問に感じる方は、さまざまな原因を振り返るとともに今の仕事が自分に合っているかも考えてみてください。

もしも、仕事が嫌で嫌でやりたくないのに無理している状態なら、転職することも検討してみましょう。

いくら仕事だと割り切っていても、自分に合わない仕事は存在するので、無理して働き続けるより自分に合う仕事を探す方が良いことも知っておいてください。

転職する際は1人で悩まず、相談しながら進められる転職エージェントの利用がおすすめです。

自分に合った仕事を見つけるには、転職エージェントの利用がおすすめ

毎日大きなストレスを感じていて自分に合わない仕事をしている人は、がんばりすぎて心身に症状が出る前に自分に合う仕事を探し転職することがおすすめです。

転職という選択肢を持たずに働き続ける状態は、大きなストレスから逃げられない状態と同じです。

転職エージェントは、転職サイトとは異なり利用者ごとに担当者が付き、1人ひとりのスキルや希望に合わせた企業を紹介してくれます。

また、各社の採用条件を熟知しているので、あなたに合う働きやすい企業を紹介してくれることもメリットです。

今はまだ、転職した方が良いか迷っている人も、エージェントに相談すれば仕事を変えるべきかどうか判断する材料にすることができるでしょう。

主なサポート内容は、希望に合う企業の紹介に加え、履歴書作成サポート、面接や待遇の調整と交渉などが挙げられます。

加えて登録や利用は無料で、1人ひとりが最適かつ手厚いサポートを受けることができます。この機会に相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)