新卒で入った職場に馴染めない。そのまま孤立せずに上手くコミュニケーションを取る方法

新卒としてせっかく就職した会社。

しかし、明らかにブラック企業だった、仕事内容が全く違っていた、十分な研修もなく放置されている…など、あらゆる理由から入社1ヶ月だけど辞めたくて仕方ない人がいるのも事実です。

だからといって、職歴に傷がつくかもしれない、上手く転職できないかもしれないという不安から退職の決断ができない人も多いでしょう。

辞めたい気持ちと不安な気持ちに挟まれるのが一番辛い状態。

できるだけ早く納得のいく決断をするには、どうすれば良いのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

関連記事

 

第二新卒を活かして今動こう!

4月~6月は企業の採用が積極的になるため、転職活動をするなら今がチャンスです

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
第二新卒は将来性に満ち溢れているため企業からの期待が大きく
、転職市場での需要も非常に高いです。
まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、自分の希望に沿ったベストな会社に出会えるでしょう。

多くの求人を把握でき選択肢を増やせる
相性の良いアドバイザーに出会える確率UP
各エージェントの良いとこ取りができる
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・20代、30代の登録が圧倒的
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式
関連記事

新卒1ヶ月で辞めるのも意外と珍しくない。その退職理由とは?

新卒1ヶ月で辞めるのも意外と珍しくない。その退職理由とは?

新しい環境で社会人として働くという、とてつもない負荷がかかった状態で「仕事を辞めたい」と感じてしまうのは、何もおかしなことではありません。

その状態で働き続けるのは、すごく辛いですよね。とはいえ、転職できるのかも分からないし、不安な気持ちが大きいと思います。

そこでここでは、新卒入社してすぐに仕事を辞める人の割合や退職検討理由、そして1ヶ月で辞めても転職できるのかについて説明します。ぜひ参考にしてみてください。

新卒1ヶ月で退職する人も意外と珍しくない

新卒半年以内の離職は、一般的に「超早期離職」と呼ばれます。そしてその「超早期離職者」の割合は、3年以内離職者の1/4以上を占めています。

また、リクルートワークスの調査結果を参考に、もう少し詳しく見ていくと、新卒1ヶ月未満で離職する新卒は5.2%、3ヶ月未満が9.9%、3ヶ月~6ヶ月未満が10.8%です。

最近は、転職が当たり前の時代になってきているうえ、第二新卒の価値を理解し早々に見切りをつけて転職する人が多いので、新卒で入社してすぐに退職することがあまり珍しいことではなくなってきているのです。

入社してすぐにやめてしまう理由TOP5

会社の口コミサイトを運営する「転職会議」が実施した「新入社員の早期退職理由」の調査によると、以下のものが挙げられています。

「時間外労働が多い」「社風・体制に不満」「給与が低い/残業代が出ない」といったネガティブな理由が、TOP5を占めています。

特に時間外労働に関しては、60%以上の人が不満を持っているので、圧倒的な早期退職理由だといえるでしょう。

残業代については、固定残業制を導入している企業もありますが、それを超過した分が支給されなかったり、サービス残業を強いられたりして、不満を募らせている人も少なくありません。

関連記事

1ヶ月で退職しても転職を成功させる人は多い

早期退職になかなか踏み切れない人の根底には、下記のような不安があると思います。

  • たった1ヶ月で退職する人をどこも採用してくれないのでは?
  • まともな会社に転職するのはもう無理なのでは?
  • なかなか正社員として採用して貰えず、非正規雇用の道しか無いのでは?

しかし実際は、1ヶ月の早期退職でも満足のいく転職は十分に可能です。

まともな会社に転職するのは無理、派遣社員やフリーターになるしかないというのは単なる思い込みに過ぎません。自分の可能性を自分でつぶしてしまうことのないようにしましょう。

実は筆者も早期退職者

正直なところ私は、新卒入社2ヶ月(内1ヶ月は研修期間)で退職、転職を経験しています。

だからこそ言えるのが、入社したてが大変なのは当たり前、1ヶ月の退職は世間一般的にも早すぎるということ。

けれど少なくとも私の場合、2ヶ月で退職したことに何の後悔も感じていないと断言できます。

新卒1ヶ月でも退職すべきケース

新卒1ヶ月でも退職すべきケース

新卒1ヶ月でも転職できることは分かっても、不安は大きいし、本当に辞めて良いのか迷いますよね。

そこでここからは、退職すべきケースと退職せずに続けるべきケースを紹介していきます。

悔いのない選択ができるように、自分はどこに当てはまるか考えながら読んでみてください。

まずは退職すべきケースについてです。

明らかにブラック企業である

あなたにとって今の会社が初めての職場になりますから、他の企業と比較して見極めるのは難しいことですよね。

以下にブラック企業の特徴をまとめましたので、当てはまるかどうか確認してみてください。

ブラック企業の特徴

  • パワハラやセクハラが横行している
  • 有給の取得が難しい環境である
  • 何事も精神論で片付けようとする
  • 定時後に参加必須の会議がある
  • 先輩や上司たちが深夜まで残業してる
  • 新人も初日から残業続き
  • 中途採用者が数日で姿を消している

こんなブラック企業で働いているなら、1ヶ月であれどすぐに転職を考えるべきでしょう。

特に最後の項目は「他の環境で働いてきた人たちが心身の危険を感じた」という客観的な指標になるので、ぜひ観察してみてください。

実際にこの特徴を持っていた私の会社では、同期が適応障害になって次々に休職や退職をしていきました。

精神的・体力的に限界を感じている

仮にブラック企業ではなくとも、精神的・体力的なストレスが大きすぎるなら辞めることをおすすめします。

例えば、ノルマがあまりにも過酷だったり、新人が背負うべきではない仕事を割り振られていたりするなどですね。

もちろん学生生活の感覚を引きずっている可能性もゼロではありませんが、「限界」にも限度があります。

朝ベッドから起き上がれない、急に涙が出てきてとまらない、帰ってシャワーを浴びる気力も無いなどの場合は要注意のサインです。

それ以上無理に働き続けると、さらにストレスが蓄積され、いずれうつ病などの精神疾患になる可能性も高まります。

聞いていた仕事内容と違いすぎる

3つ目は、入社前に説明されていた業務内容とあまりにもギャップがあるケースです。

研修期間の場合、新人に全体像を把握させるためにあえて幅広い業務に充てているケースもありますが、期間を抜けても相変わらず違った業務を割り振られたり、現場に放り出されたりしているなら、見切りをつけるべきでしょう。

不信感を抱いた時点で上司や人事に相談することが望ましいですが、なかなか直接聞くのは気が引けてしまうことも多いはず。

そんな時は年齢の近い先輩に聞いてみるか、会社に新入社員を育てようとする意識が見られるかを判断基準にしてみてください。

衝動的に辞めるのは避けよう!

一度「辞めたいスイッチ」が入ってしまうと、アレルギーを起こしたように「辞めなきゃ、退職しなきゃ」という考えに支配されがちです。

ただ、その勢いのまま辞めてしまうと、次の転職先に求める条件や自身の転職の軸も定まっていないので、転職活動がスムーズに行えない可能性があります。

焦りに焦って再びブラック企業に入ってしまうリスクもあるので、一心不乱にならないよう気をつけてくださいね。

新卒1ヶ月なら続けるべきケース

新卒1ヶ月なら続けるべきケース

続いては、辞めたいと感じていても新卒1ヶ月であれば続けるべき3つのケースを紹介します。

これらに当てはまる場合は、一度落ち着いて辞めるべきか否かを考え直すと良いでしょう。

まだ研修期間を終えていない

これは筆者の経験上、転職活動の際によく聞かれた質問だったので、最初に紹介しようと思います。

私は2ヶ月で退職していたので、どこに行っても転職エージェントや面接官に「まだ研修期間中だったんじゃないの?」と確認されました。

その理由として、研修を終えていない→社会人の常識を学んでいない→ゼロから教えないといけない手間があるからです。

研修期間を終えてさえいれば、採用してすぐに実務の説明から始められるので企業側にとっては大変都合がいいんです。

筆者は最初の1ヶ月間は研修、2ヶ月目に実務を経験していたので、幸いにもその部分を買って採用してくれた企業がありました。

後悔するかも、という気持ちの方が大きい

前述した「新卒1ヶ月でも退職すべきケース」の指標を知った上で、「後悔するかも」という思いが強いならまだ気持ちに余裕のある証拠です。

この職場に居たくない、この環境では無理だと完全なる拒否反応が出ていない内は改善の余地があるといえます。

もしかしたら3ヶ月、半年と経っていく中で徐々に慣れ、気持ちが安定してくるかもしれません。

2年目や3年目の先輩を見て羨ましいと感じる

新人であれば、2年目や3年目の先輩にサポートをして貰う機会も多いはず。

先輩たちの姿を見て「指示も仕事も丁寧で尊敬できる人だな」「あんな風に楽しそうに仕事が出来たら…」と羨ましさを感じる瞬間が多ければ焦って転職する必要は無いでしょう。

憧れの先輩は、あなたの未来の姿かもしれません。

逆に筆者の場合は「顔色悪い人ばっかりだな、大丈夫なのか…」「絶対あんなことを言う人になりたくない」と思う瞬間が圧倒的に多かったので、迷わずに転職しました。

新卒1ヶ月で辞めても、第二新卒で転職できる

新卒1ヶ月で辞めても、第二新卒で転職できる

早期退職者につけられがちなイメージとして、すぐに辞めるストレス耐性の低い人、学生気分が抜けてない人などが挙げられます。

しかし、新卒1ヶ月で辞めた場合に当てはまる「第二新卒」の転職では、あなたの職歴だけを見て採用を判断するわけではありません。

重要となるのは、その人のポテンシャルや意欲。それはたとえ1ヶ月であっても十分武器になります。

新卒1ヶ月は第二新卒の枠で応募できる

就活を経験してきた人なら、少なくとも一度は「第二新卒」の文字を見たことがあるはずです。

改めて第二新卒の意味を確認すると、「新卒入社してから3年未満の求職者」になります。つまり入社1ヶ月で退社、求職活動をしている場合は第二新卒扱いとなるわけです。

この枠が設けられている背景には、それだけ早期に辞める人が多いこと、そしてそんな人材を欲している企業が多いことが挙げられます。そのため、この枠で応募できることは大きなアドバンテージとなるのです。

第二新卒の需要は高い

新卒入社後3年未満の求職者である第二新卒の需要は、近年高い状態を保ち続けています。

マイナビ転職が企業に対して実施した中途採用状況調査によると、第二新卒の採用に関して以下のような結果が出ています。

今後1年間の第二新卒採用の見通し
本年よりも積極的18.1%
本年も変わらず積極的 44.1%
本年と変わらず消極的12.8%
本年よりも消極的6.8%

実に62%以上の企業が、積極的に第二新卒を採用していることがわかります。

少子化による若手人口の減少によって、多くの企業は若手の人材不足を嘆いており、育成を前提に採用の幅を広げています。

つまり、第二新卒という採用枠は、入社3年未満だけど退職したい若者と、ポテンシャルのある若手を欲する企業の需要と供給を成立させているのです。

ブランク期間は最小限に

第二新卒に限ったことではありませんが、転職のブランク期間はできるだけ短い方が有利になります。

一方で、無職状態である空白期間が長くなると、選考で不利になってしまうこともあります。

一般的に、転職準備(情報収集や履歴書作成など)から応募、選考期間を経て内定が出るまでには3ヶ月~6ヶ月必要です。

そのため、ブランクの期間が半年以内なら問題はありませんが、半年以上になると何か問題がある人なのではと不安視されてしまい、書類選考で落とされる可能性が高くなってしまいます。

退職理由の説明には工夫を

先程も述べましたが、第二新卒に求められるのは経験ではなくポテンシャルや意欲。

なので、職歴で嘘をつく必要はありません。むしろ噓をついてバレたとき、働く前から信用を失ってしまうリスクさえあります。

また、転職理由はポジティブな内容に置き換えて話すようにしましょう。例えば「絶対に○○がしたくないので退職しました」ではなく「私は○○がやりたいから退職を決意しました!」と伝えることです。

残業が多かった、パワハラや酷かったなど、前職の悪口ばかり言ってしまうと他責の人・反省しない人だと思われてマイナスイメージを生む可能性があるので気をつけてください。

新卒1ヶ月だからといって転職を諦めるのは勿体ない。悔いのない選択を

新卒1ヶ月だからといって転職を諦めるのは勿体ない。悔いのない選択を

今回は新卒1ヶ月での退職について、転職すべきケースと続けるべきケースを挙げながら説明しましたがいかがでしたか。

一般的に見れば、新卒1ヶ月で転職する人は少数派です。だからこそ、辞めるなら衝動的にではなく、確固とした理由を持ってからにしましょう。

転職するにしろ続けるにしろ、大切なのはその選択をあなたが後悔しないこと。

転職に値すると思えばたとえ新卒1ヶ月でも自信をもって退職すべきですし、今は転職しないにしても今後そのチャンスはたくさんあります。

ぜひ、あなたにとって最善の一手を探してみてください。

第二新卒として転職するなら、転職エージェントの利用がおすすめ

今回のコラムを読んで「第二新卒として転職しようかな…」と思っても、一人きりで転職活動を進められる自信がないから踏み出せない。そんな方も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、第二新卒に特化した転職エージェントを利用して転職活動を進めることです。

というのも、転職エージェントは転職のプロ。

転職成功に向けて、ありとあらゆる面からあなたをサポートしてくれます。

例えば、彼らは第二新卒ならではの悩みや転職検討理由を把握しています。また、転職検討先に関しても熟知していますので、親身になって相談に乗ってくれることはもちろん、あなたにとってベストな転職先を紹介してくれるのです。

その他にも、自己分析や企業研究のアドバイス、履歴書の添削、面接対策など、手厚いサポートを提供してくれます。

そのため、1人で転職活動を進めるよりもその成功率はグンと高まります。

あなた一人きりで最初から最後まで頑張る必要はありませんので、安心してくださいね。

なお、利用料金は完全無料ですので、まずは気軽に相談だけでもしてみてください。

転職エージェントは掛け持ちをしないと損!

「転職エージェントは一つしか利用してはいけない」と思い込んではいませんか?

実際はそんなことはなく、複数のエージェントを利用することで得られるメリットはとても大きいです

おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】

公式

選択肢が増える

各エージェントごとに独占して紹介している求人が存在します。

そのため、複数のエージェントを利用しなければ出会うことのできない求人も数多くあるのです。

相性の良いアドバイザーに出会える確率がUPする

いくら転職のプロといえども、アドバイスやサポートの内容に徐々に不満が出てくる可能性だってあります

そんな状態で転職活動を進めるのは非常に不安でしょう。

複数のアドバイザーと転職活動を進めることで、あなたと相性の合うアドバイザーに出会える確率を上げることができます

各エージェントの強みを使い分けられる

転職エージェントの強みはそれぞれの会社によって異なります。

大手ならではの求人数やサポート範囲など総合力を強みにしているところもあれば、特定の年齢層や業界に特化したエージェントもあります。

双方を活用することで、選択の視野を広げつつも自身の年齢や希望業界にマッチした転職ノウハウを学ぶことができ、結果として転職活動全体の質を高めることができるでしょう

また、複数のエージェントを利用することでそれらを比較できるので、真にあなたにマッチしたエージェントを判明させることもできます

掛け持ちしていることをあえて伝えてみよう

掛け持ちしていることをあえてエージェントに伝えることは有効でしょう。

当然、エージェントとしてはせっかくの求職者を他のエージェントには取られたくないので、その事実を知ればさらに頑張るはずです。

このように、掛け持ちを伝えることでさらなるサービスの向上を図れる可能性が高まります

転職エージェントを複数利用することに申し訳なさを感じる人もいると思います。

ただ、転職エージェントの利用は完全無料ですし、転職は今後の人生を左右するものなので、情に流されて自らのチャンスを逃さないよう積極的に複数のエージェントを利用してみてください

若手におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

業界トップクラスの求人件数を保有しており、転職支援実績はダントツNo.1。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、まずは仕事の悩みや不安を相談してみることをおすすめします

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【第二新卒をサポート】ジェイック就職カレッジ


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは、第二新卒の転職支援に特化したサービスです。

第二新卒の方ならではの転職希望理由を把握しており、1人1人にベストな転職先を提案することを可能としています

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績があるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)