「会社生活」の記事一覧

仕事をしたくないと強く思った時に転職を考えるべき理由

仕事をしたくないと強く思った時に転職を考えるべき理由

毎日仕事で大変な思いをしていたり、つまらなさを感じていると、つい「もう仕事をしたくない」と思ってしまうもの。 ・・・

仕事を辞めたら負け?いや、無理して仕事を続けてしまうほうがよっぽど問題。

仕事を辞めたら負け?いや、無理して仕事を続けてしまうほうがよっぽど問題。

仕事を辞める。そのことを異常なまでに嫌悪感を抱いている人がいます。 苦しくてもしんどくても辛くても仕事は続ける・・・

裁量労働制になった会社を辞めた理由。残業100時間超えでメリットは何もなかった。

裁量労働制になった会社を辞めた理由。残業100時間超えでメリットは何もなかった。

労働時間制度の一つとして導入している企業も多い裁量労働制。 労働者は実際の労働時間と関係なく、長かろうが短ろう・・・

仕事で限界と感じたらずる休みでもいいから休むことも大事、無理し続けていれば体は壊れる

仕事で限界と感じたらずる休みでもいいから休むことも大事、無理し続けていれば体は壊れる

仕事をする上で最もさけなくてはいけないのが、自分の限界を超えて働き続けてしまって体を壊すことです。 いくら仕事・・・

仕事がきついって感じるのは甘え?それで片付けてしまうのは実は危ない

仕事がきついって感じるのは甘え?それで片付けてしまうのは実は危ない

仕事がきついのは当たり前だから、そんな理由で辞めるなんて甘えだ。 転職したところで何も変わらないし、余計に苦労・・・

仕事でのプレッシャーによるストレスは想像以上に大きい、ホワイト企業でも注意が必要

仕事でのプレッシャーによるストレスは想像以上に大きい、ホワイト企業でも注意が必要

遅れたらまずい、ミスしたらやばい。 そんな仕事でのプレッシャーは時に大きなストレスとなってあなたに襲いかかりま・・・

仕事がつまらないと思った時の対処法と仕事を続ける場合や転職時の注意点

仕事がつまらないと思った時の対処法と仕事を続ける場合や転職時の注意点

仕事がつまらないと、やる気はなくなり、会社に行くのも苦痛になってだんだん行きたくなくなり、しまいには辞めたいと・・・

仕事は辞めるつもりで働くくらいがちょうどいい。もっと気楽に働こう。

仕事は辞めるつもりで働くくらいがちょうどいい。もっと気楽に働こう。

仕事を続けなくてはいけないもの、転職はできる限り避けた方が良いものだという思い込みは、時に不幸をもたらしてしま・・・

辛すぎる仕事、割り切ってこの先何年も続けられる?辞めたいのに辞めない理由はある?

辛すぎる仕事、割り切ってこの先何年も続けられる?辞めたいのに辞めない理由はある?

仕事をしていれば辛いと思うことがあるのは当たり前。 お金を貰う以上はやりたくてもやらなくてはいけないことはある・・・

会社はホワイト企業なのに職場がブラック、大手で働いている人は特に注意

会社はホワイト企業なのに職場がブラック、大手で働いている人は特に注意

就職市場、転職市場でも当然人気があり、上場している大手企業だとかなり倍率も高いホワイト企業。 そんな会社が羨ま・・・

【ブラック企業事例】1ヶ月休みなし、残業200時間、罵声当たり前の職場環境のありえない会社

【ブラック企業事例】1ヶ月休みなし、残業200時間、罵声当たり前の職場環境のありえない会社

労働基準法を無視した長時間のサービス残業に、当たり前のように行われるパワハラ。 そんなブラック企業に勤めた結果・・・

社員を使い捨てにする会社は今すぐ辞めよう。そんな会社で働く価値はない。

社員を使い捨てにする会社は今すぐ辞めよう。そんな会社で働く価値はない。

会社の利益第一、自分の利益第一と考え、社員は使い捨てだと考えている経営者は少なくはありません。 低い賃金でめち・・・

ビジネスマンの為のスーツの選び方。仕事ができるスーツの色はネイビーがおすすめ。

ビジネスマンの為のスーツの選び方。仕事ができるスーツの色はネイビーがおすすめ。

ビジネスマンにとって第一印象を大きく左右するスーツ。 スーツ一つでこの人は仕事ができるかできないか、信頼できる・・・

昇進したけど給料が下がる。昇進拒否は可能?だめならやっぱり転職?

昇進したけど給料が下がる。昇進拒否は可能?だめならやっぱり転職?

昇進して管理職になれる人は一部。 仕事で成果を上げそれが認められた人であり、長く働いていれば皆が昇進できるとい・・・

仕事がもう無理と感じたら、無理せず働ける方法を探そう。辞めたいなら転職もあり。

仕事がもう無理と感じたら、無理せず働ける方法を探そう。辞めたいなら転職もあり。

仕事は簡単に辞めてはいけない。簡単に転職するべきではない。 過剰にそんな考え方を持っているが故に、もう無理と感・・・

このページの先頭へ