総合評価

転職サポート

年収UP向け

年収の目安

300万円~800万円

特徴
公開求人数非公開求人数得意な年代

161,937件※1

153,494件※1

20代~30代
得意な業種転職サポート面談可能時間

販売、サービス、流通、営業

書類添削
面談
面接対策

平日:9時~20時30分
土曜日:10時~19時
※1 2020年1月

圧倒的な求人件数。転職を始めるときに登録必須な転職エージェント。直接紹介される「非公開求人」の数は業界随一
20代、30代の登録が圧倒的な割合。若年層が利用しやすい転職エージェント
全職種を取り扱っているが、営業、IT、事務などに転職している人が多い

リクルートエージェントで転職できる4つの理由

リクルートエージェントは、業界トップの求人数を誇る転職エージェントです。

特徴や強みを理解して、あなたの転職に役立てましょう。

ポイント① 業界No.1の求人数

公開求人16万件、非公開求人15万件以上

リクルートエージェントは公開求人と非公開求人合わせて30万件以上もの求人を取り扱っています。

他社と比較すると圧倒的な求人数だということがわかります。

エージェント特価だからできる求人数

リクルートエージェントは名前の通り、主にエージェントが転職をサポートしてくれる転職サービスです。

非公開求人の紹介を受けられることは、エージェントを利用して転職するメリットの一つです。

非公開求人が15万件以上もあるリクルートエージェントはエージェントサービスを最大限に生かせる環境だといえるでしょう。

非公開求人は公開求人より質が高いことが多い

非公開求人とは?

求人は「公開求人」「非公開求人」の2つがありますが、「非公開求人」はエージェントからの紹介でのみ知ることができます。

では、なぜ求人を非公開にするのでしょうか?企業側のメリットとして以下の3つが挙げられます。

①競合他社に求人を出していることが知られないため
②紹介でのみ応募できるため、応募が殺到することを防げる
③突然の欠員が発生した場合に素早く採用を行うことができる

そのため、非公開求人には応募が殺到する有名企業や好待遇の企業、またはより採用に積極的である企業の求人が多くなっています。

 

ポイント② 豊富な勤務地

全国の求人を取り扱っている

転職サービスでは扱っている求人が特定の地域のみといったことが少なくありません。

そのため、求職者は希望する地域に強い転職サービスを利用する必要があります。

リクルートエージェントでは首都圏や関西の求人だけではなく、地方の求人も多く扱っています。

希望する地域が決まっている方はもちろん、決まっていない方も幅広い地域から求人を探すことができるメリットがあります。

海外勤務の求人もあり

リクルートエージェントは全国の求人を取り扱っていますが、さらに海外の求人も数百件取り扱っています。(2020年1月現在:756件)

海外の求人は語学力や経歴が求められる場合が多く、国内の求人よりもハードルが高いことが特徴です。その代わり、給与などの待遇は良いものがそろっています。

海外勤務に興味がある方はリクルートエージェントで挑戦することができます。

ポイント③ エージェントによるサポートが充実

内定までのサポート

リクルートエージェントで受けられるサポート

① 面談(対面、電話)
② 履歴書等の書類の添削
③ 面接対策
④ 年収交渉、入社日の調整
⑤ 退職交渉の手続き、アドバイス

転職のために受けられるサポートは業界で最も手厚い部類に入ることは間違いないでしょう。

「志望動機が分からない」「ハンデがある」などの相談にも乗ってくれるので、他社よりも柔軟な対応が可能なところもポイントです。

内定後のサポートも行ってくれる

内定後に意外と問題になるのが現職場との退職の交渉です。

退職の意思を伝えたときに引き留めに遭ったり、場合によっては転職の妨害をされることもあるので、難航しそうな場合はエージェントの力を借りることでスムーズに退職交渉を進めることができるでしょう。

退職交渉の手順は主に以下の3つがあります。

退職交渉の手順

① 直属の上司へ退職の報告をする(引き留めに注意)
② 退職日の設定と退職願の提出
③ 引継ぎや取引先へのあいさつ等

担当エージェントの変更も可能

転職の成功のカギを握るのはエージェントとの相性とも言います。リクルートエージェントでは、もし担当のエージェントと相性が悪いなど不都合があれば簡単に変更が可能です。

「レスポンスが遅い」「求職者の希望に寄り添わない」「知識不足」などの場合は担当の変更を検討しても良いでしょう。

せっかくエージェントを利用して転職活動を行うので、親身になってサポートしてくれる方に対応してもらいたいものです。

ポイント④ 約37万人の転職成功実績

年間約1万人の転職買いrクルーとエージェントで成功

リクルートエージェントは1977年にサービスを開始しており、転職サービスの中でも先駆者といえます。

今までで約37万人もの転職実績があり、リクルートエージェントでは今まで培ってきたノウハウを活用して転職活動を行うことができるでしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ

エージェントにしっかり転職をサポートしてもらいたい人

面談や面接対策をしてくれるエージェントサービスは多いですが、リクルートエージェントはさらにセミナーや退職交渉のサポートまで行っています。

また、リクルートエージェントは20代、30代の方の利用が多く、転職経験が少ない方に選ばれています。

転職経験が少なく不慣れな方が利用するので、サポートが充実してるのですね。

たくさんの求人を紹介してもらいたい人

リクルートエージェントの最大の特徴は、なんといっても圧倒的な求人数です。

他の転職サービスの数倍以上の案件を保有しているので、よりたくさんの求人を紹介してもらうことができるでしょう。

初めから非公開求人で転職しようと考えている方

リクルートエージェントの非公開求人数は15万件あり、業界No.1です。

非公開求人には大手企業や待遇の良い求人が多く含まれているので、初めから良い条件の求人を狙いたい方におすすめです。

もちろん、そうでない方も非公開求人で選択肢を増やしておくことは重要になります。

実績、信頼性のある転職エージェントを利用したい人

サービス開始から合計で37万人もの転職を成功させてきたリクルートエージェントならではのノウハウもあります。

また、もし担当のエージェントとの相性が合わなければ変更することもできます。

ぜひ、求人数No.1、エージェントによるサポートが充実しているリクルートエージェントで転職活動を始めてみましょう!

会社概要

会社名株式会社リクルートキャリア
所在地東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
資本金6億4,335万円
代表者代表取締役社長 小林 大三
事業内容●新卒および既卒生を対象にした就職情報サイト「リクナビ」
●就職にまつわる総合的な情報を提供「就職ジャーナル」
●学士、修士、博士を対象とした就職支援サービス「リクナビ就職エージェント」
●若者のための就職・転職サービス「就職Shop」
●社会人のための転職情報サイト「リクナビNEXT」
●転職エージェントサービス「リクルートエージェント」
●ハイクラス向け、ヘッドハンターと出会えるサービス「キャリアカバー(CareerCarver)」
●リファラル採用支援サービス「GLOVER Refer」
●テクノロジーを活用した人事業務支援サービス「リクナビHRTech」
●介護業界の就業人口を増やすことを目的としたプロジェクト「HELPMAN JAPAN」
●社会人のインターンシップ・社外ディスカッション参加サービス「サンカク」
●ビジネスパーソンのための、キャリアとビジネスのニュース・コラムサイト「リクナビNEXTジャーナル」
●エンジニアのための「仕事・職場・転職」応援サイト「リクナビNEXT Tech総研」
リクルートエージェントを選ぶ理由

37万人の転職を成功させてきた実績。最近では1年で約3万人がリクルートエージェントで転職に成功しています。
また、転職成功者のうち約63%が年収UPとなった実績もあり、求人の質の高さが魅力です。
リクルートグループが持つパイプを活かした圧倒的な求人数。公開求人は約16万件、非公開求人は約15万件あり他社を大きく引き離しています。
リクルートエージェントでのみ紹介してもらえる求人も多々あるので、登録して損のないエージェントです。