「残業・休日出勤」の記事一覧

転職理由が「残業の多さ」と面接で回答する時にポジティブな印象を持ってもらいやすくするコツ

残業・休日出勤

仕事にやりがいを感じ、ただまっすぐに取り組んできたものの、気が付けばプライベートの時間がなくなっていたという方もいれば、1日で終わる仕事量ではないことから毎日残業となり嫌気がさしたという方もいることでしょう。 そんな残業・・・

自主的なサービス残業はダメ!違法になる可能性もあるし、そうでなくても周りはかなり迷惑

残業・休日出勤
自主的なサービス残業はダメ!違法になる可能性もあるし、そうでなくても周りはかなり迷惑

やらなければいけない仕事が終わらないから、少しでも成果を上げたいからという理由で、本当は禁止されているのにこっそりとサービス残業をしている同僚があなたの周りにもいませんか? 今回はそんな「自主的なサービス残業」について、・・・

残業45時間を超えることが可能な場合とは?休日出勤の扱い、6回ルールなども要チェック。

残業・休日出勤
残業45時間を超えることが可能な場合とは?休日出勤の扱い、6回ルールなども要チェック。

残業45時間というのは、1ヶ月の残業時間として特に注目されることが多い時間。 というのも、基本的に1ヶ月の残業時間の上限は45時間以内に抑えなければいけないというルールがあり、好き勝手にその時間を超えた残業を行うことがで・・・

固定残業代制(みなし残業制)でもホワイト企業のケースはある?ブラック企業ばかりだから絶対に避けるべき?

残業・休日出勤
固定残業代制(みなし残業制)でもホワイト企業のケースはある?ブラック企業ばかりだから絶対に避けるべき?

固定残業代制と聞くと、まずブラック企業という言葉を思い浮かべる人は少なくないかもしれません。 制度を悪用し、労働者が知らないことをいいことに違法なことを行う企業も正直ありますからね。 ただ固定残業制だからと言って必ずしも・・・

残業50時間はかなりきついけど正社員なら普通?平均との差や36協定のルール、残業代の目安など

残業・休日出勤
残業50時間はかなりきついけど正社員なら普通?平均との差や36協定のルール、残業代の目安など

残業が50時間あるというのは、たとえ残業が多いとされている正社員であってもかなり多い方です。 そして残業がない人に比べると1.3倍も働いていることになりますから、きついと思ってしまうのも当然の働き方でもあります。 関連記・・・

定時退社するのが難しい原因とする為に必要なこと。残業が当たり前の会社ではいくら効率化しても意味はない。

残業・休日出勤
定時退社するのが難しい原因とする為に必要なこと。残業が当たり前の会社ではいくら効率化しても意味はない。

全く残業することなく定時退社をすることができている人はどれくらいいますか? 正社員で働く人だと特に、残業するのが当たり前で定時退社できる日なんてほとんどないという人が多いのではないでしょうか。 プライベートを重視したい人・・・

8連勤や9連勤は違法ではないが、かなりきつい働き方。疲れは溜まりに溜まってしまう。

残業・休日出勤
8連勤や9連勤は違法ではないが、かなりきつい働き方。疲れは溜まりに溜まってしまう。

一般的な働き方として、週5日連続で働いて2日休むという形をとっている会社が多いものの、みんながみんなそんな働き方をしているわけではありませんよね。 6連勤が当たり前で週に1日しか休みがないなんて人もいるし、シフト制の仕事・・・

固定残業代の場合に基本給を計算する方法、実は手当がいくらなのかも読み取れるかも

残業・休日出勤
固定残業代の場合に基本給を計算する方法、実は手当がいくらなのかも読み取れるかも

営業職などを中心に、毎月決められた時間を残業したものとみなす固定残業代制を導入している会社は少なくありません。 そして求人票を見ると、給与欄を見ると固定残業代を含んだ月給として書かれており、基本給がいくらなのかはパッと見・・・

残業代はいくら貰っている?平均支給額や計算方法、給料・残業時間別のおおよその残業代

残業・休日出勤
残業代はいくら貰っている?平均支給額や計算方法、給料・残業時間別のおおよその残業代

月収や年収のうち基本給に次いで大きな割合を占めることが多い残業代。 残業が多い人と少ない人では、基本給が同じでも月収で5万円以上、年収では60万円以上も差がでる場合も少なくありません。 本記事では、実際に残業代はいくら支・・・

ページの先頭へ