30代正社員で手取り20万円以下で働いているなら、その会社に居続ける必要はない。すぐに転職をしよう。

あなたは毎月給料をどれくらい貰っていますか?

生活する上でも給料がいくら貰えるかというのは非常に大事になってきます。

もし、あなたが30代になっているのに手取りが20万円程度であるなら、一度仕事について考えたほうがいいかもしれません。

結論から言うと、平均的な手取りよりもかなり低いです。

仕事はお金が全てではないですが、お金がないと生活できないのも事実です。

やりたいこと、買いたい物を我慢し続けて疲れたという方は平均年収などの客観的な数値も確認して、実際に転職した方がいいのか検討をしてみましょう。

関連記事

 

30代におすすめの転職サービス

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの2サービス 公式

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda X
【ハイクラス向け転職サービス】
・年収800万円以上の求人多数
ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ

公式

転職エージェントでは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
30代はこれまで培ってきた経験やスキルがあるので
即戦力として企業から高い評価を得ることのできる魅力的な人材です。
まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、自分の希望する職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

30代で手取り20万円は低い可能性がある

30代で手取り20万円は低い可能性がある

10や20代の前半であれば手取り20万円というのは珍しくはないですが 、30代で手取り20万円となるとかなり低い部類に入る可能性があります。

ましてや20万円以下で15万や18万円、19万円となると、職種にもよりますがブラックと言われても言い返せないかもしれません。

30代の平均年収と手取りの目安

厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、男性・女性の30代の平均年収は下記のようになっています。

  平均年収 月々の手取り
30代前半男性 約290万円 約20万円
30代後半男性 約327万円 約22万円
30代前半女性 約248万円 約16万円
30代後半女性 約260万円 約18万円

このように見ると、手取り20万円というのは珍しくはないように感じるかもしれません。

しかし、この平均年収は正社員のみではなく派遣社員・アルバイト・パートなど様々な業種の年収を全て含まれます。

そのため、正社員のみに絞ると平均年収はグッと上がります。

大手転職エージェントdodaの平均年収の調査内容は正社員に絞って行われていたので参考としてご紹介いたします。

  正社員の平均年収 正社員の手取り
30代全体平均 445万円 約31万円
30代前半男性 465万円 約32万円
30代後半男性 518万円 約35万円
30代前半女性 370万円 約25万円
30代後半女性 390万円 約27万円

手取りの部分に関しては平均年収から手取りの総額を計算し、その金額を12ヶ月で割った数値となります。

また、残業なしという前提で計算をされているので、残業代や福利厚生なども含めると実質的にはもっと高いと考えられます。

ボーナスがある企業に関しては月々の手取りは若干低くなる可能性こそあるものの、一年間のトータルで計算をすると表の金額が給与として支給される計算です。

正社員で手取り20万円は平均に比べてかなり低い賃金

先程、紹介をした平均年収を見ると30代会社員で手取り20万円というのはかなり平均値と比べて低いことがわかります。

もしも、この年収が残業代などの金額も含めた金額であるとしたら実質的な年収は更に下がるでしょう。

同じ会社で働き続けても手取り20万円から抜け出せる可能性は低い

同じ会社で働き続けても手取り20万円から抜け出せる可能性は低い

はっきり言って、30代にもなって手取り20万円くらいしか給料をくれない会社は、働き続けたところでたかがしれています。

給料が増える理由としては出世昇格といったものがあります。

ただ、30代になって手取り20万円程度であれば、もし今後順調に出世できたとしてもあまり期待できず、40代で30万円いけば良いほうでしょう。

現時点で平均年収よりもかなり低い給料しか出さない会社で働き続けても、今後平均並みの賃金をもらえる可能性はかなり低いでしょう。

それどころか、出世や昇格ができなかった場合、ずっとこのまま横ばいの給料なんてこともあります。

このようなことからも、今の会社に何かを期待して働き続けることはおすすめできません。

手取り20万から年収アップを目指すためには

手取り20万から年収アップを目指すためには

続いては、手取り20万から年収アップを目指すポイントについて解説します。

空いた時間で副業を始めてみる

副業も手取りを増やせる手段として有効です。

データ入力WEBライターデリバリーの配達員など多くの選択肢があるので、自分に合ったものを選択してください。

ただし、時間を削って稼ぐ仕事だと、体力的な負担が増えて本質的な収入アップには繋がりません。

自身の価値を上げるためには、現在の仕事につながる仕事やフリーランス、起業・転職に繋がる副業を選んで真面目に取り組む方が良いでしょう。

また、会社が副業をOKにしていない場合、トラブルになるリスクがあります。

同時に副業がOKの会社もたくさんあるので、無理やり副業をしてトラブルを招くより副業OKの会社に転職して正当に始めていく方が良いでしょう。

今よりも給料の高い職場に転職する

会社に期待できない以上、給料をアップさせるには自主的に行動するしかありません。

一昔前は入社した企業で長く在籍することがある意味「美徳」のように考えれられていました。

しかし、現在は転職を複数回する人も珍しくなく、企業側としても「マッチングする人材であれば積極的に採用したい」と考えています。

また、転職では「年収が増えるよりも減ってしまうほうが多い」と思っている人がいるかもしれませんが、それは大きな勘違いです。

もちろん、すでに平均以上の収入を得ているならば、転職で給料が減ってしまう可能性はあります。

ただ、手取り20万円は平均よりもかなり低い金額であり、上がる可能性の方がずっと高いです。

業界の変更を検討することも大切

特に給料がアップできるのは業界を変えて転職することです。

同じ業界内だと、ある程度給料の相場が決まっている為、それほど給料増が見込めない場合もありますが、業界を変えると例え企業規模が小さい会社に移る場合でも給料が大幅に上がる可能性があります。

もし転職して給料をアップさせたいのであれば、選択肢を同じ業界内だけにとどめるのではなく、変えてみるといいでしょう。

転職をする時に違う業界に行きたいと考えている方は幅広い職種を紹介している転職サービスか、特定の業界や業種に強い転職サービスを利用するのがおすすめです。

給与アップを実現させるために重要なのは給与の交渉

どのくらいの給与がもらえるかは、それぞれの会社の求人内容に記載されています。

しかし、多くの会社は「300~800万円」「応相談」など提示年収を幅広く記載しているか、全く記載しないで面接をしてみないとわからないというケースがあります。

そのため、確実に給与をアップさせるためには面接時に給与の交渉が大切です。

交渉という単語の響きから「揉めそうだからしたくない」と考える方もいるかもしれませんが、基本的には希望する年収を素直に伝えるだけです。

そこから折り合いをつけて最終的な年収を決めるので、会社側としても明確に給与の提示がある方が動きやすいのが事実です。

直接お金の話をするのが苦手という方は転職エージェントに頼ろう

ただ金額を伝えるだけと言っても、やはりお金の話となるので苦手意識を持つ方も多いでしょう。

そのような時は転職エージェントが代理人となって交渉をしてくれるサービスを使うと精神的な負担も減らせて、給与アップへの道に繋げることができます。

30代正社員で手取り20万以下であることに悩むなら早めに転職を検討しよう

30代正社員で手取り20万以下であることに悩むなら早めに転職を検討しよう

30代の正社員で手取り20万円以下はかなり低めです。

また、それはあなたの能力に問題があるのではなく、今の会社に問題がある可能性が高いでしょう。

そのため、手取り額の少なさに対する不満は転職するだけで解決できます。

年齢が上がると転職活動は困難になるため、悩んでいるなら1日でも早く行動に移すようにしてください。

どうしても転職活動に不安を感じるなら、転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

年収アップを確実に実現するには、転職エージェントの利用がおすすめ

転職エージェントを利用すれば、内定を獲得しやすくなるだけではなく、転職活動にかかる手間・労力も大幅に削減できます。

それは、転職エージェントが内定を獲得するために様々なサポートを行ってくれるためです。

  • 転職に関しての相談
  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書などの書類添削
  • 面接対策
  • 企業への推薦文提出や連絡の代行
  • 内定後の入社日・給与交渉の代行

特に、企業への連絡代行や入社日や給与交渉の代行という部分は負担も大きい内容となるので、代行してくれるだけでも利用する価値はあるでしょう。

また転職エージェントは登録だけでなく、どのサービスも利用料金は無料です。

自分のこれからの生活をより豊かにするための第一歩として、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

 

30代の方におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【ハイクラス】doda X


転職エージェント

doda X(旧:iX転職)は、ハイクラス向けの転職サービスです。

高収入を得られる求人が多数あり、将来的に年収800万円以上を目指したい方におすすめです。

また、ヘッドハンターからのスカウトや手厚いサポートも受けれるので、自身の市場価値を向上させながら効率よく転職活動を進めていくことができます。