昇進の予兆ってどんなもの?自身の行動次第で昇進のきっかけは作れる!

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

昇進するメリットは大きい

昇進するメリットは大きい

責任が重くなるから、忙しくてプライベートの時間が削られてしまうからと最近では忌避されることもある出世ですが、昇進することにはいくつものメリットが考えられます。

昇進によってどのようなことができるのか、昇進を目指すためにはどのような行動を取ればいいのかを見ていきましょう。

給与が上がる

昇進することの最も大きなメリットの一つは、給与が上がるということです。
ポジションが上がることで、確かに抱える仕事や責任は増えますが、多くの場合、役職手当が付くなどの給与が上がることが期待できます。

給与は仕事をする目的の一つに過ぎませんが、給与が上がることで、使えるお金が増えるため、余暇を楽しむための資金にできたり、家事を外注するなど、生活に余裕を作ることができます。

また、給与が上がることで、自分の仕事ぶりが評価されているということが実感でき、モチベーションを上げることにつながり、さらに業績を伸ばせることもあるでしょう。

昇進によって給与が上がることは、単純に手にする収入が増える喜び以上に、より仕事への意欲を引き出し、さらなるキャリアアップへの手がかりにつなげることができます。

 裁量権が大きくなる

昇進するということは、裁量権が大きくなるということでもあります。
裁量権が大きくなることで、それまでは上司によって却下されていた新しい挑戦や職場の問題の改善などに取り組むことができるようになります。

チェックを受ける立場から精査する立場へ変わるため、不満に思っていた判断についてを昇進してからは自分で決められるようになったということや、自分がメインメンバーとして任されるプロジェクトが増えたなど、今までは諦めざるを得なかったことにも取り組んでいくことができるようになるでしょう。

もちろん、自分はリーダーに向いている気質ではないから、サポート役に徹したいという方にとっては、裁量権が増えることが魅力的には映らないということもあります。しかし、上司が必ずしもみんなを引っ張っていくようなリーダーでなくてはいけないというわけではなく、それとなく部内を支えるというような役目で動く存在も大切です。

裁量権を得ることで、自分がやりたいことをできるようにするだけではなく、部下が働きやすくなるように後押しをするなど、自分が働きやすい環境を作ることもできるようになるでしょう。

昇進する予兆とは

昇進する予兆とは

昇進を目指して頑張っているとしても、一体いつになったら叶うのか先が見通せずに、やる気が低下してしまうということがあります。
昇進をする前にどのような予兆があるのかを確認し、モチベーションアップにつなげましょう。

 上司と話す機会が増える

今までよりも上司とキャリアプランについて話す機会が増えたり、プロジェクトや企画の方向性を相談されることが増えたという場合、昇進させるべきかを検討されている可能性が高いことが考えられます。

最終的には人事が昇級を決めることになりますが、その評価を下すのは、いつも働きぶりを見ている直属の上司であることが多いです。
キャリアプランなどを聞かれた際には、昇進の意向があるかどうかをはっきりと伝えることで、やる気があることが伝わり、昇級できるように推薦をしてくれる可能性があります。

ミーティングや呼び出されたタイミングだけではなく、雑談や飲み会の席などのちょっとした会話の中で聞かれる可能性も十分にあるため、関連する話題が出た時には気を抜かないようにしましょう。

上司と何らかの形でよく話すことが増えたという方は、昇進の可否を吟味されている可能性が高く、近いうちに昇進の辞令が出ることも考えられます。

ただし、上司と話す機会が増えたからといって必ず昇進できるというわけではないため、調子に乗ってしまったり、気を抜いたりすることなく、日々の業務に真摯に向き合うようにしましょう。

周囲より裁量の大きい仕事を任されるようになる

同僚や同じ課内の人よりも最良の大きい仕事を任されることが増えたという場合、昇進が近い可能性があります。
プロジェクトのリーダーを任せることで、昇進したときにも部下をまとめていけるか、会社が期待するリーダーとしての適性があるかどうかを見極められているということが考えられます。

自分がメインの立場で仕事を任されたという場合には、真剣に向き合い、爪痕を残すように取り組むことで、任された仕事を成功に導くことができれば、昇進に近付く可能性をさらに高めることができるでしょう。

 人事との面談が組まれる

昇級させるかどうかの評価を行うのは上司ですが、最終的に昇進をさせるかどうかの判断を下す裁量は、人事部にあることがほとんどです。
そのため、人事との面談が組まれた、もしくは定期面談の中で昇進の意向を聞かれたという場合には、昇進が検討されている可能性が高いです。

面談の中で最終的にリーダーとしての適性があるかどうか、昇進したいと考えているかを見ていると考え、しっかりと自分のキャリアへの向上心があるということを伝えれば、昇進に一歩近付くことができるでしょう。

昇進するために自分でとれる行動3選

昇進するために自分でとれる行動3選

昇進を目指すことを決めたとき、どのようにアピールをしたら上司や人事部が認めてくれるのか、取るべき行動を確認していきましょう。

定量的な実績を出す

どれだけ日々の仕事ぶりが立派で、そのやる気やポテンシャルを上司が評価していたとしても、実績がなければ、さらに上の上司や人事の評価が付かないということがあります。

そのため、誰の目にも明らかな数字やデータに残る定量的な実績を出すということが、昇進への近道になります。
著しい実績を出すことができれば、配属の決定権を持っている上層部の目に留まりやすく、人事からの昇進のゴーサインが下りやすくなる可能性が高まります。

昇進したいと望んでいるのであれば、まずは目の前の仕事に全力で取り組み、数字でわかるような成果を出すことを目指すことがおすすめです。
努力が実った後は、上司や人事との面談の中で、実績を数字でもってアピールするなど、自分の能力の高さやスキルなどの伝え方の工夫をすることで、さらに評価を得られる可能性があります。

上司に向上心が高いことをアピールする

昇進したいならば、実績を出しているのはもちろん、向上心があり、昇進したい意欲があるということをしっかりと上司に伝えることも大切です。

昇進意欲があるということを上司が知っていることで、同じくらいの実績を持つ人の中で誰を昇進させるか悩んだ際に、やる気がある方に決めようと、選ばれるという可能性があります。

昇進には、実績だけではなく、昇進したいかどうかやマネージングしていく気があるのかといった気持ちの面も大切になるため、意志を伝えるよう心掛けるようにしましょう。

仕事をスピーディーに、かつ完璧にこなす

昇進するにあたって、手際よく、ミスなく仕事をしているかどうかということは、非常に大切な決め手になります。

昇進すれば、仕事の量も責任も増えることが多いため、今以上にスピード感と完成度が求められます。現在の仕事でいっぱいになってしまっていると見られてしまうと、昇級に推せないと判断されてしまいます。

しかし、スピードを意識するあまり仕事が雑になってしまったり、ミスが増えてしまったりするというのは評価が下がることになり、本末転倒です。

昇進したいのであれば、日々の業務をスピーディに、かつ高い完成度を重視していくことがおすすめです。

今の企業では昇進できる見込みがない。そんな時は転職も考えよう。

今の企業では昇進できる見込みがない。そんな時は転職も考えよう。

昇進を叶えるためには、意欲も実績も上司に伝えることが必要であり、上司や人事とのミーティングが増えていくなどの兆候を感じたときには昇進が近い可能性があります。

しかし、会社の気風や状況によっては、ポジションが詰まっていてどんなに頑張っても昇進することができないということや、実績は出しても年功序列の風潮が強すぎて、若手が昇進することはほとんどないということもあり得ます。

どんなに努力をしても昇進が叶わないという場合には、転職も視野に入れることがおすすめです。

実績や意欲を正しく評価してくれる会社に転職することで、能力をより発揮し、意欲的にキャリアアップをしていくことができるでしょう。

転職活動をはじめるなら、転職エージェントの利用がおすすめ

転職活動は1人で始めることができますが、転職エージェントを利用することで、さまざまなサポートを受けることができます。
転職エージェントを利用することにはどのようなメリットがあるのか、詳細を確認していきましょう。

企業紹介してくれるだけでなく、採用選考に必要な対策のサポートも行ってくれる

転職エージェントといえば、希望や条件とスキルを照らし合わせて、おすすめの企業を紹介してくれるサービスが有名です。
一からすべて自分で業界研究や企業研究をしなくてもいいため、働きながらでも能率的に転職活動を進めていくことができます。
転職エージェントでは企業の紹介だけではなく、履歴書や職務経歴書などの書類の添削や、面接対策など、選考を通過するのに必要な対策のサポートも行ってくれる安心さがあります。

「早く会社を変えて昇進しよう」と急いであまり考えずに転職するのは危険

昇進できる会社に早く転職したいと、条件や職種などだけで判断して転職を急いでしまうことには、リスクが伴います。
昇進をしていくということは、その会社で長く働いていくということです。
昇進ができそうな会社かどうかだけではなく、環境が自分に合っているか、自分の強みやスキルを生かしていける仕事かどうかなど、中長期的に見て、自分のキャリアアップやライフスタイルに合っているかということを考えて決めるということを忘れてはいけません。

自身の特色や価値観を理解してサポートしてくれる

転職エージェントでは、転職のプロであるキャリアアドバイザーは、多くの転職希望者をサポートしています。
キャリアアドバイザーは求職者の特色や価値観を理解し、転職希望者も気付いていない強みを見いだしてくれるなど、心強いサポートをしてくれます。

内定後の交渉事も行ってくれる

転職活動が上手くいき、内定が無事決まったら、転職エージェントのサポートは終わり、というわけではありません。
内定が出た後は入社後の条件を改めて取り決めることになりますが、自分ではなかなか口を出しづらい給与や待遇についての交渉も転職エージェントに任せることができます。
入社日のスケジュール調整や退社の引き留めにあった際の相談なども応じてくれるため、最後まで安心して頼りにすることができます。

転職エージェントを利用することで、マッチ度も上がる

1人での転職活動では、自分でネットを調べたり、知人に話を聞くなどの情報集めに苦心する可能性がありますが、転職エージェントでは、企業の実情を把握しているキャリアアドバイザーによって企業を紹介してもらうことができます。

キャリアアドバイザーは面談を通して、求職者のスキルや経歴、希望条件、性格などを踏まえた上で、合いそうな企業を勧めてくれるため、1人での転職活動よりもマッチ度が上がるということが考えられます。

もちろん個人で転職活動を行うと失敗が多いというわけではありませんが、ほとんどの転職エージェントは無料で採用選考のサポートを行ってくれるため、利用して損をするということもありません。

登録も利用も一切費用がかかることなく利用することができる転職エージェントで、プロの力を借りて効率的に転職活動を進めて、昇進できる環境に挑戦してみましょう。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。