【ブラック企業事例】1ヶ月休みなし、残業200時間、罵声当たり前の職場環境のありえない会社

労働基準法を無視した長時間のサービス残業に、当たり前のように行われるパワハラ。

そんなブラック企業に勤めた結果、体を壊してしまう人は少なくないのが現実です。

実際、本当にひどい会社は本当にひどく、まともな会社で働いている人からしてみると想像を絶するような働き方を強いられています。

今回紹介するのは、そんなブラック企業のとある一事例。

実際にその会社で働いていた人に、どういった働き方をしていたのか聞いてみました。

関連記事

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

実際にあったブラック企業事例

今回紹介するのは、以前私が働いていたとあるブラック企業の話です。

大学卒業後、新卒として営業職で入社した会社でしたが、今考えるとあまりにもひどい会社でした。

繁忙期の3ヶ月間で休みは3日、1ヶ月休みなしだった月も

慢性的に人手が足りなく1年通して忙しかった会社ですが、7~9月の繁忙期はその忙しさも尋常なものではありませんでした。

一応は水木休みの完全週休二日制となっていたものの、繁忙期なんてそんなものあってないようなもの。休日出勤の連続です。

3ヶ月で休めたのはたった3日しかなく8月にいたっては1ヶ月休みなし。その時期にまともに休んだ記憶はありません。

当然体はボロボロ。毎日その日がなんとか終わってくれることしか頭にありませんでした。

繁忙期でなければもう少し休みは増えましたが、それでも2日休める週はそれほど多くはなく、1年間で休めたのは50日もなかったと思います。

1ヶ月の残業時間は200時間超え、当然そのほとんどがサービス残業

繁忙期はろくに休めないだけではなく、残業時間もとんでもありませんでした。

所定労働時間は8時45分から17時45分(休憩1時間)の8時間。

ただ実際は7時くらいに会社に行って、22時くらいまでは仕事。遅ければ24時を過ぎることも少なくありませんでした。

ざっと残業時間を計算しても130時間以上。これに休日出勤を加えると200時間を超えています。

まだその分残業代、休日出勤代を貰えることができていればよかったのですが、こんなブラック企業ではそんなこともありません。

残業代が支給されるのは30時間分まで。本来なら残業代と休日出勤代だけで40万円くらい貰えるはずなんですがね。

罵声は当たり前、上司や関係部署の人みんなが敵

休みなしの長時間労働よりも私が辛いと感じたのは、あまりにもひどい職場環境でした。

ちょっとしたことで上司が怒鳴るのは当たり前。別にミスをしたわけでもなくても、相談しに行っただけで怒鳴られることもしばしばでしたし、無茶ぶりもひどいものがありました。

さらに罵声を浴びせてくるのは上司だけではなく、関係部署の人もでした。

融通は利かず、少しでも不都合なことや面倒なことがあるとすぐ怒り、協力するという考えは一切ありませんでした。

職場にいる人達は仲間でも味方でもなく、単に敵だったのです。

周りに比べて最も若かった分、言いやすかったんだと思いますが、それにしてもあまりにひどすぎました。

この職場環境によって私は精神的に追い詰められ、その会社を退職する大きなきっかけになりました。

結局3年で転職、辞めて気づいたその異常さ

肉体的にも精神的にもボロボロになっていった私は、3年は辛抱しましたが結局退職し、今勤めている会社に転職しました。

さすがにそれ以上続けていたら、本当に体を壊してしまっていたと思います。

実際、周りには身体を壊してしまった人もいましたしね。

転職した会社は、前の会社と違ってまともな会社でした。

隠れてやってしまう場合もありますが基本的にサービス残業は禁止だし、休日出勤も年に1,2回程度。有給休暇も全部とは言わないまでもある程度はとれる環境。

職場の雰囲気も違うし、一人当たりの仕事量も適切な量なので異常なほどに残業をする必要もない。

普通に休みがあること。有給休暇が使えること。働いた分お金を貰えること。職場に味方がいること。上司がまともなことを言うこと。

ブラック企業で働き続けると、それが当たり前であることを忘れてしまうんですよね。

今の会社に転職した結果、前の会社のあまりの異常さにあらためて気づきました。

絶対に働き続けるべきではない

今回紹介した事例のような、明らかに異常な会社もあります。

実際に現在そういった会社で働いているという人もいるでしょう。

そんな人は今すぐに転職することを考えて下さい。働き続けるべきではありません。

ブラック企業から転職した人は口をそろえて転職した良かったと言っています。

異常な会社はいつまでたっても異常なまま。働き続ける限り苦しみから解放されることはないし、損するばかり。いずれは体を壊す恐れも少なくありません。

世の中にはもっとまともな会社がたくさんあります。売り手市場で転職もしやすくなっています。

ぜひこの機会に今の会社の異常さに気づき、ブラック企業から抜け出すきっかけにして下さい。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

 
関連記事