泣くほど精神的に辛い仕事をしている人、そして辞めたいと考えている人は無理をせず転職すべき。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

泣くほど精神的に辛い仕事をしている人、そして辞めたいと考えている人は無理をせず転職すべき。

仕事が辛くて会社に行きたくない、仕事を辞めたい。一度や二度はそんな風に思うことは誰にだってあるもの。

ただだからと言って、皆が皆その辛さを乗り越えることができるわけではありません。

性格の面もありますが、原因となっているものが大きければ誰だって逃げ出したくなるのは当然のこと。

それを仕事は辛くて当たり前だ、辛くても頑張るべきだというのはいくらなんでも暴論。

それこそ泣くほど精神的に辛い思いをしているのに、限界を超えてまでその仕事を続けていく必要はありません。無理をせず転職すべきです。

関連:逃げの転職が上手くいかないと言われる理由や転職を成功させる為にすべきこと

関連:パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?

仕事が辛くて辞めたい

上司からのプレッシャー。馴染めない人間関係。仕事でミスをして怒られたり、周りから冷たい目で見られたり、同僚から嫌がらせを受けたり。

ひどい会社だとセクハラ、パワハラが当たり前のように行われたり、残業代も払わずに長時間労働を強いられることもあります。

そんな会社で毎日働いていれば辛いと思うのは当然。辞めたいと思うことだってあるでしょう。

そしてあまりにひどければ泣きたくなる、いや泣くほどまで追い込まれてしまうのだって、決しておかしなことではありません。

泣くほど精神的に辛い仕事。続ける理由はない。

それでも多くの人は、限界を超えてまで仕事を続けてしまいます。

仕事は辛くて当たり前。なんとかそう思い込むようにし、生活の為に割り切って続けてしまいます。

ただそれは決して正しい行動ではないことにいい加減気づかなくてはなりません。

泣くほど辛いということは相当なこと

仕事をしていれば辛いことの一つや二つあるのは仕方がないこと。

ただそれが泣くほどまでになってしまうということは、仕方がないことで片付けることができるようなものではなく相当なことです。

すでに限界ギリギリまで追い込まれているという証拠でもあります。

仕事は辛いのが当たり前、乗り越えるべきこと。そんなことで簡単に終わらせてよい段階ではないのです。

この先に良い未来は待っていない

もしこのまま仕事を続け、変わらず辛い思いをしながら、大きなストレスを感じながら働き続けるとどうなるでしょう。

当然限界を超え、体や心に異常をきたします。鬱になってしまう人だって少なくないのです。

もちろん中には無理をして続けていると、運よく辛い原因となっていることが無くなってくれる場合もあります。

しかしそうなる可能性は高いとは言えないし、時間もかかること。仕事が突然一変するなんて、そうあることではないのです。

他に仕事はある

仕事を辞めることができずにいる大きな原因の一つに、転職後の仕事に対する不安が挙げられます。

ただ今の仕事よりも良い仕事はきっと見つかるはずです。

不安ならとりあえず転職活動をしてみれば良い。そうすれば不安も少なくなるでしょう。

仕事を変えても変わらない、むしろ悪化するかもしれないという不安だって気にしないでください。

会社、職場が変われば大きく変わります。

今が泣くほど辛いわけですから、良くなる可能性は大。今の仕事しかないなんて思うのはやめましょう。

逃げることで得られるものがたくさんある

辛いのは当たり前。逃げるのは悪いこと。そんなことは決してありません。

逃げることで得られることはたくさんあります。そして続けることで失うことも多いです。

環境を変える。一度リセットする。そして新たな環境で一から働き始める。

前回上手く行かなかった原因については身をもって知っている分、それを活かすことができるし、様々なチャンスにも巡り合えます。

確かに逃げてばかりではだめ。でも泣くほど辛い思いをしたからこそ、逃げることが大きなメリットになるはずです。

あなた自身を守ることができるのはあなただけ

結局はあなたを守ることができるのはあなただけ。会社も上司も同僚もあなたを守ってはくれません。

ですから自分を責めず、辞める時は辞めるという勇気ある決断をしてください。

自分を責める必要なんてできません。

周りができているのに自分ができないのは自分がだめだからだなんて思う必要はないことです。

そして辛いことを当たり前だと思い我慢し続けないでください。

確かに辛いことを乗り越えることで身につけることができるものはあるでしょう。

しかしそれはほどほどな場合のみ。

適度なストレスは人を成長させますが、過度なストレスは体を壊す原因になるだけのものですから、あなたにとって意味のあるものにはなりません。

転職活動を始めよう

もし上司に相談できるような環境なら相談するべきだし、異動することを願い出ても良いでしょう。

何かしら環境を変える行動をとってください。

もしそれができないのであればすぐにでも転職活動を始めてください。転職を怖がらないでください。

今は人手不足の超売り手市場。転職支援サービスも充実しており、転職が難しい環境ではありません。

ぜひまずは転職サイトや転職エージェントに登録してみてください。それが良いきっかけになるはずです。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ