パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?

パワハラがひどすぎることで、退職、転職を考える人も少なくないでしょう。

しかしただ退職してしまうだけだと、退職の原因があなたには無いにも関わらず、不利益が生じてしまいます。

そこで、今回はパワハラによる退職、転職時の注意点を紹介します。

転職活動は求人が増える秋に!

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

関連:クラッシャー上司とは?上司に潰されない為の対策

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

パワハラによる退職時の注意点

もし、パワハラが原因で退職を考えている場合、以下のことに注意しましょう。

証拠集めは最重要

パワハラで退職する場合、それが行われているという証拠は必ず集めなければなりません。

証拠というのは、ICレコーダー等による録音や、メール等の証拠画像といった、第三者が見てもわかるものである必要があります。

また、日々何が行われていたか、どれだけの頻度で行われていたかがわかるように毎日の出来事を記録しておくと良いです。

これがなければ、パワハラをされていたという証拠がなく、その事実を証明できません。

周囲は見ていたと言っても、あくまでそれは会社に残る人達であり、そういった人が会社に不利になることを証明してはくれないと考えましょう。

自己都合ではなく会社都合に

自分から会社を辞める場合、それは自己都合の退職となるのが一般的です。

しかし、パワハラが原因であれば、それは自己都合ではなく、会社都合の退職です。

ですから、会社都合の退職にもっていく必要があります。

自己都合の退職の場合、退職金や失業保険受給で不利になってしまうので、どうせ退職するなら圧倒的に会社都合のほうが良いのです。

退職金は、自己都合の場合に大きく減額されることがほとんどです。会社にもよりますが半分以下になることも多いです。

また、失業保険では受給までに給付制限期間があり、すぐに給付されないだけでなく、給付日数も大きく違います。

退職届にパワハラによる会社都合であることを明記

では、どうすれば会社都合による退職とすることができるのでしょうか。

それは、退職届にパワハラによる会社都合の退職であることを明記することです。

通常の自己都合の退職の場合、一身上の都合という理由を書くことが一般的です。

しかし、今回の場合には理由をしっかり明記しましょう。

会社には行かなくても良い

パワハラで退職を考えるくらいですから、会社には行きたくないと思う人がほとんどでしょう。

こういった場合、会社に退職届を郵送で送るという方法でも問題ありません。

退職届を人事宛てに配達証明郵便で送るだけでいいです。

また、労働基準法上14日前に退職を会社に伝える必要がありますが、その14日を有給休暇取得とすることができます。

会社はこの有給休暇取得を拒否できませんから、退職を決めてから1日も会社に行かずに退職することも可能なのです。

パワハラによる退職、会社は認めないことが多い

まず、知っておかなければならないのが、パワハラによる退職を望んでも会社は認めないことがほとんどです。

上記のように会社都合であるという退職届をだしても、認めずに自己都合であると主張してくる場合が多いです。

現に会社都合の退職はその会社にとって不利益を生じることが多い為、避けたがります。

上記でも述べたように、退職金を多く支払わなければならない点や、会社都合の退職者をだすと、その会社自体のイメージが悪くなるという点があります。

ましてや、パワハラによって退職者をだしてしまったとなると、イメージは最悪になってしまいます。

ですから、会社は自己都合による退職にしてくる場合が多いと思います。

その為、退職する場合には上述したような第三者でもわかる証拠が必要となるのです。

明確な証拠があれば、万が一裁判になった場合にも心配ありませんし、そもそも会社が裁判まで持っていくことも無く諦めてくれることがほとんどです。

パワハラで転職する場合の注意点

次に、パワハラが原因によって転職する場合の注意点です。

パワハラが原因によって転職する場合、転職理由をパワハラであることが原因とすることは避けましょう。

パワハラは言葉だけでは、それが本当にパワハラであったのか、単にストレス耐性が弱いのか判断することができません。

たとえ、あまりにもひどいパワハラで退職したとしても、そんなことは相手にはわかりません。

その為、少しのことで辞めるのではないかと思われてしまう可能性があります。

また、その会社で働きいのではなく、退職を余儀なくされた為に仕方なく応募していると思われてしまう可能性もあります。

例え原因がパワハラであっても退職、転職理由はもっとポジティブなやりがい面で伝えるのが無難でしょう。

転職理由に関してはリクルートエージェントなどの転職エージェントに相談すればその人に応じた適切な内容を教えてくれるでしょう。

悩まず辞める時は辞める

パワハラが原因で悩んでいるなら、我慢せず辞めてしまいましょう。

パワハラで悩んでいる人の中で、本当に辞めてもいいのだろうかと思い、辞めることをためらう人も少なくありません。

そして結局我慢することを選んでしまい、心身ともに疲弊し、病気になってしまう人も少なくはありません。

パワハラを受けている状態にも関わらず、今の会社にしがみつく必要なんてありません。

働くべき会社はもっと他にあります。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)