パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?

パワハラがひどすぎることで、退職、転職を考える人も少なくないでしょう。

しかしただ退職してしまうだけだと、退職の原因があなたには無いにも関わらず、不利益が生じてしまいます。

そこで、今回はパワハラによる退職、転職時の注意点を紹介します。

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

ハタラクティブ

マイナビジョブ20s
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職エージェント
求人数※1

200,244件以上

2,300件

1,637件以上
対象年代20代~30代20代~30代
(特に30歳まで)
20代
スカウト機能企業からスカウトキャリアアドバイザーからサポートキャリアアドバイザーからサポート
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
現在の収入200万円~900万円200万円~500万円200万円~500万円
 

※1 2020年9月

関連:クラッシャー上司とは?上司に潰されない為の対策

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

パワハラによる退職時の注意点

もし、パワハラが原因で退職を考えている場合、以下のことに注意しましょう。

証拠集めは最重要

パワハラで退職する場合、それが行われているという証拠は必ず集めなければなりません。

証拠というのは、ICレコーダー等による録音や、メール等の証拠画像といった、第三者が見てもわかるものである必要があります。

また、日々何が行われていたか、どれだけの頻度で行われていたかがわかるように毎日の出来事を記録しておくと良いです。

これがなければ、パワハラをされていたという証拠がなく、その事実を証明できません。

周囲は見ていたと言っても、あくまでそれは会社に残る人達であり、そういった人が会社に不利になることを証明してはくれないと考えましょう。

自己都合ではなく会社都合に

自分から会社を辞める場合、それは自己都合の退職となるのが一般的です。

しかし、パワハラが原因であれば、それは自己都合ではなく、会社都合の退職です。

ですから、会社都合の退職にもっていく必要があります。

自己都合の退職の場合、退職金や失業保険受給で不利になってしまうので、どうせ退職するなら圧倒的に会社都合のほうが良いのです。

退職金は、自己都合の場合に大きく減額されることがほとんどです。会社にもよりますが半分以下になることも多いです。

また、失業保険では受給までに給付制限期間があり、すぐに給付されないだけでなく、給付日数も大きく違います。

退職届にパワハラによる会社都合であることを明記

では、どうすれば会社都合による退職とすることができるのでしょうか。

それは、退職届にパワハラによる会社都合の退職であることを明記することです。

通常の自己都合の退職の場合、一身上の都合という理由を書くことが一般的です。

しかし、今回の場合には理由をしっかり明記しましょう。

会社には行かなくても良い

パワハラで退職を考えるくらいですから、会社には行きたくないと思う人がほとんどでしょう。

こういった場合、会社に退職届を郵送で送るという方法でも問題ありません。

退職届を人事宛てに配達証明郵便で送るだけでいいです。

また、労働基準法上14日前に退職を会社に伝える必要がありますが、その14日を有給休暇取得とすることができます。

会社はこの有給休暇取得を拒否できませんから、退職を決めてから1日も会社に行かずに退職することも可能なのです。

パワハラによる退職、会社は認めないことが多い

まず、知っておかなければならないのが、パワハラによる退職を望んでも会社は認めないことがほとんどです。

上記のように会社都合であるという退職届をだしても、認めずに自己都合であると主張してくる場合が多いです。

現に会社都合の退職はその会社にとって不利益を生じることが多い為、避けたがります。

上記でも述べたように、退職金を多く支払わなければならない点や、会社都合の退職者をだすと、その会社自体のイメージが悪くなるという点があります。

ましてや、パワハラによって退職者をだしてしまったとなると、イメージは最悪になってしまいます。

ですから、会社は自己都合による退職にしてくる場合が多いと思います。

その為、退職する場合には上述したような第三者でもわかる証拠が必要となるのです。

明確な証拠があれば、万が一裁判になった場合にも心配ありませんし、そもそも会社が裁判まで持っていくことも無く諦めてくれることがほとんどです。

パワハラで転職する場合の注意点

次に、パワハラが原因によって転職する場合の注意点です。

パワハラが原因によって転職する場合、転職理由をパワハラであることが原因とすることは避けましょう。

パワハラは言葉だけでは、それが本当にパワハラであったのか、単にストレス耐性が弱いのか判断することができません。

たとえ、あまりにもひどいパワハラで退職したとしても、そんなことは相手にはわかりません。

その為、少しのことで辞めるのではないかと思われてしまう可能性があります。

また、その会社で働きいのではなく、退職を余儀なくされた為に仕方なく応募していると思われてしまう可能性もあります。

例え原因がパワハラであっても退職、転職理由はもっとポジティブなやりがい面で伝えるのが無難でしょう。

転職理由に関してはリクルートエージェントなどの転職エージェントに相談すればその人に応じた適切な内容を教えてくれるでしょう。

悩まず辞める時は辞める

パワハラが原因で悩んでいるなら、我慢せず辞めてしまいましょう。

パワハラで悩んでいる人の中で、本当に辞めてもいいのだろうかと思い、辞めることをためらう人も少なくありません。

そして結局我慢することを選んでしまい、心身ともに疲弊し、病気になってしまう人も少なくはありません。

パワハラを受けている状態にも関わらず、今の会社にしがみつく必要なんてありません。

働くべき会社はもっと他にあります。

人気転職サービス4社の対象属性比較
 
リクルートエージェント

ハタラクティブ

マイナビジョブ20s

ミイダス
向いている年代20代~30代20代20代20代~40代
中卒の方向け

求人少・サポート△
求人多・サポート◎
求人並・サポート〇

求人少・サポート△
高卒の方向け

求人多・サポート◎
求人多・サポート◎

求人多・サポート◎

求人並・サポート〇
専門・短大卒の方向け求人多・サポート◎求人並・サポート〇求人並・サポート〇求人多・サポート◎
大卒・大学院卒の方向け求人多・サポート◎求人並・サポート〇求人多・サポート◎求人多・サポート◎
第二新卒の方向け求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人多・サポート◎

求人少・サポート△
既卒の方向け求人並・サポート〇求人多・サポート◎求人多・サポート◎

求人少・サポート△
フリーターの方向け求人並・サポート〇求人多・サポート◎求人並・サポート〇

求人少・サポート△
社会人経験なし求人並・サポート〇求人多・サポート◎求人並・サポート〇

求人少・サポート△
ハイクラス向け求人多・サポート◎求人を紹介できない求人を紹介できない求人多・サポート◎
 

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. ハタラクティブ
  3. マイナビジョブ20s
  4. ミイダス

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

ハタラクティブ

対象の年代20代~30代
(特に30歳までの方)
どんな人に向いている?

・一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)で転職をしようとしている方
・職歴、学歴に自信がない方
・フリーター→正社員へ転職したい方
・転職成功率の高いエージェントでサポートを受けたい方

ハタラクティブは、正社員の方の転職はもちろん、既卒・第二新卒などの20代の方が利用しやすい転職エージェントです。

最も注目するべき点は、利用者の8割以上が内定を獲得できている点です。そのうち約半分の方は上場企業から内定を獲得しており、ハタラクティブは中小企業だけでなく大企業とのパイプも太い転職エージェントです。

求人数は約2,300件と多くはないですが、すべての求人が学歴や経験の有無を問わず、その人の人柄やポテンシャルを重視し採用を行っています。

さらに、利用者の内定獲得率は80.4%です。公開していない転職サービスが多い中、公開できていることはハタラクティブの自信の表れと受け取ることができますね。

最適な書類の書き方や面接の受け方はアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心ですよ。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。