新卒で入った会社をすぐ辞めた人のその後、早期退職してもなんとかなる

新卒で入った会社をすぐに辞めてしまう人は少なくはなく、大卒でも3年以内に辞める人は31.9%、1年以内でも11.8%います。

ただそんなすぐに辞めても転職先がないだろうと将来に不安を感じている人もいたり、辞めた後になってこの先どうなるのだろうと不安になってしている人も多いでしょう。

そこで今回は新卒で入った会社をすぐ辞めた人のその後の話を紹介していきます。これから退職することを考えている人、すでに退職をした人は参考にしてみて下さい。

 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
非公開求人の件数※1

153,494件
60,000件以上

2,300件以上
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
非公開
 

※1 2020年1月

新卒で入った会社を早期退職するというのはどうなる?

新卒で入った会社を早期退職する。世間的にはあまり良いイメージを抱かない人が多いでしょう。

特に新卒での就職が大事だと思われている日本では、わざわざ就職した会社をすぐ辞めるなんてことはもったいないと思われるし、その流れに逆らうのは甘えなど個人に問題があると捉えられてしまうことがまだまだ多いです。

ただそのイメージに対して、実際のところはどうなんでしょうか。

新卒の人が転職を決意するタイミングは?

新卒の方が転職を決意するタイミングはどのようなものがあるのでしょうか?

※転職会議より

やはり、退職・転職の理由として最も多いのは条件に関する不満です。

もしあなたがネガティブな理由で退職・転職をしてもいいのかどうか悩んでいるなら、その必要はありません。

大抵の人は「スキルアップをしたい」「新しいことに挑戦したい」などのポジティブな理由ではなく、不満を解決するために転職をしているのが実際です。

職歴に傷はつく?

一度就職すると、職歴書にはその会社に入社した年月と退職した年月を記すことになり、中途採用の場において選考基準の一つになります。

この職歴では短期間で仕事を辞めたという事実があると、選考上でマイナスとされる場合が多く、一般的に職歴に傷がつくという言われ方をされています。

ただし新卒で入った会社の場合、後程説明するように第二新卒として転職活動を進めることになるので、20代後半や30代になってから短期離職してしまった場合よりは影響は少なくなるでしょう。

とは言えその職歴はマイナスに働くことはあってもまずプラスには働きませんし、それが2社、3社と続いてしまうと転職することが相当難しくなってしまいます。

第二新卒としての転職活動を行う

3年以内に会社を辞めた場合には、第二新卒として同様に会社をすぐに辞めた人だけが対象となっている中途採用で転職活動を行うことになります。

3年以内といっても、中には1週間以内で辞めたという人もいれば、2年以上働いている人もいるので新卒のようにみんなが同じタイミングというわけではありませんが、短期離職による影響は少なくなります。

ブラック企業に入社してしまった場合など短期離職が仕方がない場合もあるし、若手の人材が足りていないこともあって、需要はかなり高まってきていますから新卒で入った会社をすぐ辞めたという人でも十分に転職することは可能です。

もちろんなぜすぐ辞めたのかという理由は大切。

すぐ辞めたということはまたそうなるかもしれないというリスクがあるわけですから、辞めた理由に正当性を感じることができなければ採用には至りません。

新卒で入った会社をすぐ辞めた人のその後

会社を辞めること自体はそれほど大変なことではありません。

周囲から何を言われようが気にせず退職届を出せばそれで終わり。2週間もすれば上司が反対していようとも辞めることができます。

しかしやっぱり気になるのは会社を辞めた後のこと。第二新卒として転職することになるとは言え、やっぱり不安は大きいと思います。

では実際に辞めた人はその後どうなったんでしょうか。実際に1年以内に辞めた人のその後の話を紹介していきましょう。

まともな会社に転職できた

新卒で入った会社にひどい上司がいて、私はたったの1ヶ月でその仕事を辞めてしまいました。

毎日のように暴言を浴びせられ、仕事が終わっていないという理由で強制的にサービス残業、そもそも仕事を教えて貰っていないからできるわけないのにできないことを馬鹿にされ続ける。

一応頑張ってはみたものの1ヶ月が限度でした。甘い、これだからゆとりはなどなど辞める時にも色々と言われましたが最後は全く気にもなりませんでしたね。

現在は転職して前の会社のようにサービス残業やパワハラを黙認することもなければ、新卒には新卒相応の仕事をしっかり教えてくれる会社で働いています。

厳しい環境でも耐え続けるのが良しとされている雰囲気がどこかありますが、無理と判断したらさっさと辞めるのは全然ありだと思いますよ。

第二新卒として転職して大手に

今は大手企業も第二新卒採用を行ってくれているので、新卒の就職で失敗した人は絶対にチャレンジしてみた方が良いと思います。

就活が上手くいかず、結局待遇のあまり良くない会社に入社するしかなかった私ですが、第二新卒として大手に転職することができ、今は大学時代の友人よりもかなり待遇は良いですからね。

1ヶ月で転職先が見つかって満足

仕事を辞めたのは正直勢いの部分もあったんですが、まあそこそこのブラック企業であったことが大きな理由です。

ただそんな企業でも辞めた時はかなり後悔。次の仕事が決まってから辞めれば良かった、我慢してでも3年は働いたほうが良かったなんてことを考えました。

けれど転職活動を始めると意外にもすぐに転職先が見つかったので一安心。転職エージェントに登録してから内定まで1ヶ月しかかからなかったし、将来的なことを考えると待遇がかなり良くなったので大満足です。

キャリアアップできるかは会社次第

私の場合は、先輩からの勧めによってすぐに会社を辞めたパターン。

仲良くしてもらっていた先輩が転職したんですが、転職後も仲良くして貰っていて、もしいつかは転職したいと考えているならば、キャリアアップしていきたいと思っているならば今の会社から早めに転職した方が良いというアドバイスを受けていました。

実際に仕事をしている中でもうっすらその通りかなと思っていたこともあって転職を決意。その答えは実際に転職してさらにはっきりわかりました。

キャリアアップできるかは本当に会社次第。そして特に若い時にいた会社は重要。すぐ辞めたらだめとは言いますが、むしろ希望に合わない会社なら辞めないほうがだめだと思いますね。

辞めたことも良い経験、意外になんとかなる

もちろん今回のようにすぐ辞めた人が必ずしも上手くいくとは限りません。

辞めたことを後悔し続けてしまう人もいるし、辞めた後でフリーターになってそのまま長く過ごしてしまう人もいます。

転職したとしても待遇が悪くなったり、環境が悪くなってしまう人もいるでしょう。

しかしそれはあくまで一部の人であり、辞めたことがむしろ良い経験になった人もたくさんいるわけであり、辞めたことを悪と決めつけてしまうのはかなりもったいないです。

すぐ辞めたって意外になんとかなる。そういった気持ちを持って仕事をしていくというのも時には大切なことなんだと思います。

転職活動は絶対にすぐ始めること

新卒で入った会社をすぐ辞めた人が一つ気を付けなくてはいけないのが、辞めたらすぐに転職活動を始めること。理想は辞めずに転職活動を始めることですが。

短期離職から無職期間が長引くことは職歴をさらに傷つけることになるだけではなく、仕事をすることがさらに嫌になってしまいずるずる行った結果、フリーターのままどんどん正社員として働くことが困難になってしまう場合もあります。

転職は誰に相談すればいい?

転職の相談をするとしたら、家族や友人など身近な人であることが多いでしょう。

もちろん、客観的な意見を聞くことは重要です。しかし転職の相談をするならプロ。特に転職エージェントが一番です。

転職エージェントは、あなたが内定を獲得するために履歴書などの書類添削や面接対策を行います。さらに、条件が良く転職サイトなどに公開されていない「非公開求人」も紹介してもらえるので、空白期間を作らないためにも転職エージェントを利用することは非常に有効です。

 

前の会社が嫌で嫌でたまらなくて辞めた人にとっては、どこの会社で働いても一緒なんて思ってしまうかもしれませんが、だいたいはそんなことありません。

まだ十分にやり直せるタイミング、せっかくにチャンスを捨てることなく、まずは転職活動を始めてみましょう。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを利用することで、内定を獲得しやすくなるだけではなく、転職活動にかかる手間・労力も大幅に削減することができます。

それは、転職エージェントが内定を獲得するために様々なサポートを行ってくれるためです。

  1. 転職に関しての相談
  2. 非公開求人の紹介
  3. 履歴書などの書類添削
  4. 面接対策
  5. 企業への推薦文提出や連絡の代行
  6. 内定後の入社日・給与交渉の代行

利用料は無料です。あなたの転職活動をより良い内容にするためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。

人気転職サービス3社の対象属性比較
 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ

ミイダス
向いている年代20代~30代20代~40代20代20代~40代
中卒の方向け

求人少・サポート△

求人少・サポート△
求人多・サポート◎

求人少・サポート△
高卒の方向け

求人多・サポート◎

求人並・サポート〇
求人多・サポート◎

求人並・サポート〇
専門・短大卒の方向け求人多・サポート◎求人並・サポート〇求人並・サポート〇求人多・サポート◎
大卒・大学院卒の方向け求人多・サポート◎求人並・サポート〇求人並・サポート〇求人多・サポート◎
第二新卒の方向け求人多・サポート◎求人並・サポート〇求人多・サポート◎

求人少・サポート△
既卒の方向け求人並・サポート〇求人並・サポート〇求人多・サポート◎

求人少・サポート△
フリーターの方向け求人並・サポート〇求人並・サポート〇求人多・サポート◎

求人少・サポート△
社会人経験なし求人並・サポート〇求人並・サポート〇求人多・サポート◎

求人少・サポート△
ハイクラス向け求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人を紹介できない求人多・サポート◎
 

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. ハタラクティブ
  4. ミイダス

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

doda

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、正社員の方の転職はもちろん、既卒・第二新卒などの20代の方が利用しやすい転職エージェントです。

最も注目するべき点は、利用者の8割以上が内定を獲得できている点です。そのうち約半分の方は上場企業から内定を獲得しており、ハタラクティブは中小企業だけでなく大企業とのパイプも太い転職エージェントです。

求人数は約2,300件と多くはないですが、すべての求人が学歴や経験の有無を問わず、その人の人柄やポテンシャルを重視し採用を行っています。

最適な書類の書き方や面接の受け方はアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心ですね。

ミイダス

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。