新卒入社半年で転職を決意、だけど1年は働いたほうがいいの?

新卒入社した会社で働きだして半年。

様々な理由から退職を決意している人も多いのではないでしょうか。

実際、半年で会社を辞めてしまう人の割合は非常に多いです。

一方で、退職を決意しても、将来のことを考えるとなかなか踏み切れないという人もいます。

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

関連:新人、新入社員は一番仕事が辛いかも。どうすれば乗り越えられる?

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け
第二新卒の方におすすめ
・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

新卒入社半年で退職しても転職できる?

まずは、結論からいうと、新卒入社半年の退職でも転職は可能です。

ここでは、新卒入社半年で退職しても転職できるということについて解説します。

新卒半年~1年以内で辞める人は、世の中に結構いる

そもそも、新卒入社半年で会社を辞める人はどれくらいいるのでしょうか?

まずは、厚生労働省が2020年に発表した「新規学卒就職者の離職状況を公表します」というデータを見てみましょう。

 中学卒高校卒短大卒大学卒
1年目35.8%16.9%17.9%11.6%
2年目12.5%11.9%13.0%11.3%
3年目6.8%8.1%10.6%8.3%
合計55.1%36.9%41.5%31.2%

大学卒の離職率を見ると3年以内で辞める人が31.2%で、そのうち1年目で仕事を辞める人のは全体の11.6%となっています。

このように、新卒入社半年で辞める人は意外に多いというわけです。

そのため、『”自分だけ”新卒半年で辞めても大丈夫だろうか?』と不安に感じる必要はありません。

第二新卒扱いなのでポテンシャル採用になる

新卒入社して3年以内で辞めると、基本的には第二新卒として扱われます。

近年、第二新卒の需要は非常に多くなっており、採用活動を行う企業も増えているのです。

ただし実務経験が浅いため、スキル重視の採用ではなくポテンシャル重視の採用になるでしょう。

実際、2・3年働いていると実務経験やスキルについて面接時に聞かれるケースが多いですが、半年で辞めると目立った活躍やスキルがないという前提で企業側も会う形になります。

つまり、実務経験やスキルについて聞かれることは滅多にないというわけです。

また、第二新卒には新卒同様の若さがある一方で、一通りのビジネスマナーがあるという魅力があります。

活躍できずスキルも得られない状態で転職活動するより、半年で素早く決断したほうが有利になる可能性は高いです。

一度辞めたというマイナスの実績はあるものの、半年で辞めるからこそのメリットもあるという点は覚えておいてください。

新卒入社が半年で辞めることのメリット・デメリット

新卒入社半年で転職することは一般的には悪いイメージがあり、間違った行為だと思われています。

実際、悪い面はあります。しかし、働き続けることにも悪い面はあるのです。

言い換えると、辞めるメリットもあるというわけです。

ここでは、半年で転職するメリット・デメリットを確認していきましょう。

半年で辞めるメリット

新卒入社が半年で辞める場合、どうしてもネガティブな考えばかり思い浮かぶでしょう。

しかし、スパッと辞める方が良い点もたくさんあります。

まずは、辞めるメリットについて確認していきましょう。

気持ちが晴れ、成長できる可能性が高まる

辞めたいと思いながら仕事を続けていると毎日が辛いでしょう。当然、仕事の効率にも悪影響を及ぼします。

毎日モヤモヤした気持ちで働き続けるくらいなら、思い切って辞める方が気持ちが晴れやかになります。

そして、気持ちを切り替えて新しい仕事を始めれば、自分でも予想していなかった成長ができるかもしれません。

今の会社で成果が出せずにくすぶっているよりも、新天地で気持ちを新たに仕事した方が、あなたにとってプラスになる可能性があります。

時間を無駄にしなくて済む

仕事を辞めたいと思いながら続けても、成果が出せず成長もできません。

そのような状態で仕事を続けることに、どんな意味があるのでしょうか。

あなたの大切な時間を無駄にするだけです。

時間を無駄にするくらいなら、会社の役に立ててなおかつ自分の成長にも繋がる環境に移った方が良いでしょう。

給料が上がる可能性もある

辞めたいと思いながら仕事していても、思ったような成果は出にくいです。

結果が出なければ、当然給料が上がる可能性も低くなります。

しかし、転職して自分の力を発揮できる環境になれば、仕事で成果が出せるようになるでしょう。

そして、その成果が認められれば給料が上がる可能性があります。

また転職するだけでも、今までの給料より高くなるケースがあります。

給料アップを目指して、思い切って仕事を辞めてみるのもありでしょう。

半年で辞めるデメリット

新卒入社が半年で退職を決意していても辞めることができない人は、漠然と辞めるデメリットについて考えてしまっているのでしょう。

続いては、辞めるデメリットについて確認してみましょう。

すぐ辞める人だと思われてしまう

一番心配しているのは、半年という短い期間で辞めてしまうことで、転職活動をしていても、「すぐ辞める人だ」「忍耐力がない」と思われてしまうから、まともに転職することができないと思われてしまうのではないかということです。

この点については、確かにそう思われることは少なからずあります。

半年という短期間で離職した事実は、決してプラスにはならず、マイナスに働いてしまいます。

ただし、第二新卒として転職する場合には大きなデメリットとはなりません。

そもそも転職先がない

求人を見ると、経験年数が3年以上というしばりもよく見かけます。

そういったことから、そもそもまともな転職先が見つからないのではないかという不安を持つ人も多いかもしれません。

辞めたところで、結局行き場がブラック企業しかなければ、今の会社を辞めることによってもっと不幸になる可能性が高いでしょう。

確かに、新卒時に比べて半年で退職して転職活動する人が受けることができる企業は圧倒的に少ないことは事実です。

ただ、近年は第二新卒者の需要が増え、多くの企業が採用活動を行っています。

仕事についてよく理解できていない

まだ半年しか働いたことがないということは、仕事についての理解が不十分である可能性が高くなります。

長く続けることで、仕事の楽しさを実感することができる場合も往々にしてあります。

不満が先行して辞めてしまい、転職してから後悔してしまう人も多いのは確かです。

理想を追い求めすぎる

働くことに対して、高い理想を描きすぎていて、実際に働いた時に理想と現実のギャップに耐えられずに辞めてしまう人も多いです。

ただ、その理想はどの会社にいっても叶うものではないことも多々あります。

お金を貰って仕事をする以上、好きな仕事ばかりはできないし、面倒な人とも付き合っていかなくてはなりません。

もう少し長く働いたほうがいいの?

新卒入社半年で転職することのリスクを紹介しましたが、ではもう少し働くことで得られるものはなんでしょうか?

我慢して長く働くことには、得られるものもあれば、失うものもあります。

1年働いたほうがいいの?

半年で会社を辞めるのは早すぎる、せめて1年は頑張ろう。そう思う人もいるかもしれませんが、1年働いて何が得られるのでしょうか。

転職市場では半年も1年も変わらない

転職するにあたり、半年だろうが、1年だろうが、特に評価は変わりません。

その程度の勤続期間であれば、その仕事の経験があるとは認められませんから、第二新卒としてポテンシャル採用になります。

仕事についての理解は深まる

半年で辞めるのではなく、1年頑張ることのメリットは、その仕事に対しての理解が深まることです。

長く働くことによって、仕事での成功体験を得られたり、人間関係がより深くなっていくことで、最初は嫌だった仕事が楽しくなる場合もあります。

ストレスは大きい

半年の時点で退職することを決めながらも、もう半年頑張るというのは非常にストレスが高いことです。

周りの人からはそれくらい頑張れよと思われるかもしれませんが、本人にとってはかなり辛いことです。

貴重な半年を失う可能性も

若い時は、新たな仕事をどんどん覚え、様々なことを吸収するのに最適な時です。

しかし、無理に働くことはその貴重な時間を半年も無駄にしてしまう可能性があります。

仕事に対してモチベーションがあがらず、積極的に取り組むことができなければ、何も成長しないまま終わってしまうこともあるのです。

3年働くことのメリット、デメリット

1年程度では意味はない。では3年は頑張ればいいのか。

3年働くことにも、得られること、失うことがあります。

経験があると認められる

同じ会社で3年間努めれば、その仕事の経験があると転職市場で認められます。

その為、第二新卒としてのポテンシャル採用ではなく、経験者採用に応募することが可能となります。

一つの職種に限定して見た場合、第二新卒よりも経験者採用のほうが応募できる企業は多く、選択肢は広がります。

仕事が一人前にできるようになる

一般的に、3年たつと仕事が一人前にできるようになると言われています。

一人前にできるようになると、責任も多くなる一方で、裁量が増えるなど、さらに多くのことを経験できるようになり、そこから仕事が楽しくなってくることもあります。

職種変更は難しくなる

経験が認められる一方で、職種変更は第二新卒の転職に比べると難しくなってしまいます。

未経験職種へのチャレンジは、第二新卒として転職するほうが非常にやりやすいです。

第二新卒は、全員が経験なしと見なされた中で採用活動を行う為、その職種を経験していないからといって不利にはなりません。

しかし、3年たつと第二新卒としては受けることができない為、経験者とも争うことになり、未経験であることはどうしても不利になってしまいます。

我慢する年月としては長すぎる

半年で辞めたいと思った人が、残りの2年半頑張るのは大変です。

我慢するにしてもさすがに長すぎます。

貴重な3年間を無駄にする

1年働く時よりも、さらに多くの時間を無駄にしてしまう可能性もあります。

社会人になっての3年間は本当に大切です。

この期間を無駄に過ごすことはあってはいけません。

半年で転職することはメリット、デメリットがある

新卒半年で転職することは、一般的には悪いイメージがあり、間違った行為だと思われています。

実際にはもちろん悪い面もありますが、逆に働き続けることにも悪い面が存在します。

実際に転職するかどうか、現時点でしないのであれば、どのタイミングで転職するかどうかは、良い面、悪い面の両方を知った上で、自分で判断するようにしましょう。

新卒が半年での転職を成功させるための4つのポイント

ここでは、新卒入社半年で転職する際の成功ポイントについて解説します。

新卒から半年で退職を決意した理由を前向きに考える

新卒入社半年で退職して転職活動を始めると、必ず面接で質問されるのが「なぜ半年で退職したのか?」という点です。

その質問に対して、「仕事が辛かったから」や「人間関係が上手くいかなかったから」といったネガティブな理由を伝えると悪印象になります。

仮に退職した理由がネガティブでも、ポジティブな言い方で伝えるようにしてください。

例えば、人間関係が上手くいかなかったなら、「周りと連携を取りながらチームワーク良く仕事を進めたい」といった形で言い換えてみましょう。

また、退職理由に加えて志望理由もセットで話すと、さらにポジティブな印象にできます。

スキルよりもやる気や熱意をアピールする

新卒入社半年での退職となると、スキルが身に付いているとは考えてもらえない可能性があります。

その状態で、スキルをアピールしても嘘っぽく聞こえる可能性があるので、新卒入社半年での転職の場合はスキルよりやる気や熱意をアピールしてください。

具体的には、高みを目指す姿勢や成長したい欲求、現状を打破したい気持ちなどにエピソードを加えて伝えると良いでしょう。

転職の目的をはっきりさせる

転職では、新卒入社半年で転職した理由を採用担当者の方に納得してもらい、なおかつ”なぜ応募先の企業でなければダメだったのか”伝えなければなりません。

それには転職の目的をはっきりさせる必要があります。加えて、自分の失敗についてよく考えなければなりません。

なぜ半年という短期間で転職することになったのか、新卒の就職活動時にはどういった点が間違っていたのか、これらの点を考えた上で転職後に何を望んでいるのか深堀りしてください。

また、応募先の企業で取り組みたい仕事内容についても調べておくと良いでしょう。

新卒時は、一度も社会人として働いた経験がなかったので、失敗が起こりやすかったかもしれませんが今回は違います。

一度社会人を経験し、失敗を体験しているので、その経験は十分に活かすようにしてください。

転職エージェントをフル活用する

転職をする際は転職エージェントをフル活用すると成功率が高まります。

転職エージェントは通常の転職サイトと異なり、自分一人で転職活動をするのではなく担当のエージェントからのアドバイスを受けることができるので、フィードバック内容を元に書類選考や面接の通過率を上げることも可能です。

また、自分の希望する条件にあった会社をエージェントの方も探してくれるので自分一人で探し続けるよりも効率的です。

新卒の会社に無理にしがみつく必要はない

入社半年で転職することに対し、周囲からは様々なことを言われるかもしれません。

もちろん、ためになることを言ってくれる人もいますし、心配して言ってくれる人もいます。

しかし、今いる会社に数年在籍したとしてもやりがいは感じるだろうかと疑問に思ったり、待遇面が良くなることが期待できない、既に会社の人と人間関係が合わないなど、様々な負荷を感じているなら無理に新卒の会社にしがみつく必要はありません。

例えば、体や心を壊してしまいそうな環境であるなら、なおさら早期退職をおすすめします。

新卒で入った会社には思い入れがあるかもしれませんが、今後の自分がどうありたいかということを考えながら決断をするのであれば早期退職も悔いのない選択となるでしょう。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに第二新卒・既卒に特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、適正を知ってから転職を進められます。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

関連:20代の平均年収。20歳~24歳,25歳~29歳の男女それぞれ。