仕事は辞めたいけどこのまま辞めるのは悔しい。そんな時に一度考えてみて貰いたいこと。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事は辞めたいけどこのまま辞めるのは悔しい。そんな時に一度考えてみて貰いたいこと。

仕事を辞めたいからといって、そう簡単に辞める決断をすることはできませんよね。

辞めた後、転職した会社で上手くいくかどうか不安な気持ちもありますし、転職先が決まっていなければそもそも今より良い会社に転職することができるのかという不安もあります。

また辞めることに対して自分の中で葛藤もあるでしょう。

辞めて後悔しないか、辞めるのは甘えではないか。色々な気持ちを抱くと思います。

そして中には辞めたいと思っていてもこのまま辞めるのは悔しいと思ってしまい、それが辞めきれずいる原因になっている人もいると思います。

関連:あなたが仕事を辞めたいのに辞められずにいる11の原因。果たして本当に辞めれない?

関連:ブラック企業を辞めたいのに転職しない人は考え方を見直すべき。転職できないなんてことはない!

仕事を辞めたいのに辞められない原因の一つが悔しさ

仕事は辞めたい。でもこのまま辞めるのは悔しい、そんな気持ちから辞められずにいる人もは少なくないと思います。

人手不足で転職のしやすい状況、絶対に辞めた方がましなのに悔しいという気持ちによって、つい続けてしまうんですよね。

でもそんな風に思うことだってあるのは当たり前。

嫌がらせやパワハラなんかだと、なぜそんなことをしてくる人のせいで自分が辞めなくてはならないのかと悔しくなります。

またそういったことがなくても、その仕事を続けることができない自分のふがいなさに悔しいと思う人もいるでしょう。

会社のせい、職場のせい、人間関係のせい、自分のせい。悔しいと思っている原因は様々ですが、そんな気持ちがあれば転職に対して前向きになるなんて中々できることではないですよね。

このまま辞めてしまうと悔しさはさらに大きくなってしまうからと限界まで追い込まれないかぎり、辞めることに踏み切ることができないのも仕方がないことです。

悔しくて辞めることに躊躇している時に考えたいこと

ただ悔しいからという理由だけで辞めることに躊躇し、そのまま仕事を続けることは自分本当に良いことなのかは考えなくてはいけません。

そのプライドにより、自分で自分をどんどん追い込んでしまう可能性だってあるのです。

ですから本当に続けて良いものなのか、やっぱり辞めるべきなのかはしっかり考えなくてはならないこと。その為にまずは以下のことについて考えてみてください。

このまま仕事を続けるとどうなるのか

このまま仕事を続けることが必ずしも悪い方向に働くわけではありません。

悔しい気持ちを糧に仕事で成長することができる人もたくさんいます。

ただ良い方向ばかりに働くわけでもありません。

そのままストレスはたまり続け精神的な限界を迎え、それでも辞めることができずに体を壊してしまう。そういったことも決して珍しい事例ではないのです。

そこまでいかなくても、いつまでも状況は良くならずしんどい思いをしながら働き続けることになり、さっさと転職しておけばよかったと後悔することなるでしょう。

ですから自分自身のプライドに惑わされるのではなく、今の状況と予測されうる将来を冷静に考えてみて下さい。

自分にとって何がプラスか

他人に対して悔しいと思う気持ちを持つのは仕方がないこと。しかし将来の自分にとって、他人は関係ありません。

ですから他人を意識して自分にとってプラスではないことを選択するべきではないのです。

自分にとってどうするのがプラスか。あらためて考えてみて下さい。

そして最もプラスになるであろう選択をとって下さい。

悔しいからといつまでもその環境にい続けることにこだわり続けることは決してプラスではないはず。

現在は多くの会社が人手不足になっていて転職がとてもしやすい状況。さっさと辞めて転職した方がプラスになるはずです。

悔しい気持ちを解消する為には何ができるか

悔しい気持ちを解消する為の最も良い方法は何か考えたことがありますか?

他人のせいで苦痛を感じ仕事を辞めたいと感じてしまっているなら、同じこと、それ以上のことををやり返すことが良いと考えるかもしれませんが、それは簡単ではないし、実際できたとしてもそれだけではそこまですっきりもしないと思います。

最も良いのは、転職してでも良いから今以上の環境を手に入れ、自分自身が幸せになること。

そうすれば悔しさなんて昔の話で終わらせることができます。

自分のふがいなさに対して悔しいと思っている人も、自分の居場所を見つけることができれば辞めて良かったと心から思うことができるでしょう。

悔しい気持ちを持つことは大切、でもこだわりすぎるのは良くない

悔しいという気持ちを持つことは決して悪いことではありません。

その気持ちを持つことができるからこそ、人は成長することができます。

ただこだわりすぎるのは良いことではありません。本来とるべき選択肢が他にあるのに、それを見失ってしまうことになります。

ですからもし仕事を辞めたいと思っているならぜひ転職活動を始めてみてください。

きっと今より良い環境、そして楽しく働くことができる場所が見つかるはずです。

今は転職支援サービスも充実しており、かなり転職活動は進めやすくなっています。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ