こんな人は仕事をすぐ辞めるべき!人生を狂わせない為にもタイミングを待ってはいけない

仕事を辞め、転職することは人生にとっても大きな変化点となる為、実際に行動に移すにはそれなりの勇気がいるもの。

その為、仕事を辞めたいと思いながらも、辞めたら後悔するのではないかと不安になり、中々決断できないという人も少なくはないでしょう。

仕事を辞める最善のタイミングを正確に見極めることは確かに難しく、辞めて後悔してしまう人も少なからずいます。

ただ、後悔するのは辞めた人だけではありません。ずるずる決断を引き延ばし、仕事を辞めなかったことを後悔してしまう人も多いのです。

関連記事

転職活動は求人が増える秋に!

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

辞めるタイミングを逃してはいけない!

仕事を辞めて後悔したとしても、その後の取り組み方次第では十分に取り戻せることができます。

しかし、仕事を辞めずに後悔してしまう場合、そのことに気付くのが遅くなってしまい、取り戻すことができる可能性は低くなってしまいます。

仕事を辞めるタイミングを逃し、ずるずる働き続けることによって以下のような不都合なことが起きてしまいます。

年齢を重ねるごとに徐々に転職しにくくなる

若い方が転職しやすく、年齢を重ねるごとに転職しにくくなるというのは確かなこと。

20代と40代では転職のしやすさは大きく違います。

より良い条件の会社に転職したいと考えているならば、できるだけ早めに転職をするべきなのです。

今の会社に淡い期待を抱いていたり、後悔することを恐れて転職を先延ばししていると、いざ転職をしようと思った時には転職しにくい年齢になってしまっているかもしれません。

未経験職種への転職は若い時だけ

今の仕事は自分に合わない。違う職種に転職したい。そんな風に考えている人も多いでしょう。

ただ、未経験職種への転職は経験、スキルという面での優位性がないことから特に年齢面での厳しさが増します。

年齢が高くなるほど、企業はその人材に即戦力であることを望みます。

自分に合わない職種、自分のやりたい仕事とは全然違う仕事を続けていて、いつかは仕事を変えたいと思っていても、いざ職種を変えようとした時には、実現困難となってしまうことも少なくありません。

転職しやすい時期がいつまでも続くとは限らない

今は企業の人材不足が顕著で、有効求人倍率も非常に高くなっており、転職しやすい時期であると言えます。

しかし、この状況がいつまでも続くとは考えてはいけません。

景気は波があるのが当然のことで、またいつ不景気になるかわかりません。

もし一度不景気になり、転職しにくい状況になってしまうと、それは数年続くことになるでしょう。

そうなってしまうと、また転職しやすい時期が来る頃には年齢が高くなっていて転職しにくい状況になってしまうのです。

会社が倒産してからでは遅い

将来的に会社は危なそう、いつかは転職しないと、そんな風に考えている人もいるでしょう。

ただ、ずるずる先延ばしして会社が倒産してから転職するのでは遅いです。

貰えるはずだった退職金を貰うことができず、仕事探しも焦って行わなくてはならない。

そんなことになってしまいます。

こんな人はすぐ仕事を辞めるべき

仕事を辞めるタイミングをずるずる引き延ばすことによって、様々な不都合なことが起こってしまうことが多いです。

では、どういった人が仕事を辞めるべきだと言えるのでしょうか。

ブラック企業に勤めている

サービス残業が当たり前となっている、ろくに休みがない、給料が低すぎるなど、パワハラが当然となっているなど、いわゆるブラック企業で働いているなら、そんな会社はすぐ辞めるべきです。

そんな会社で得られるものはなく、辞めても後悔することはないでしょう。

いつかは会社が変わるかもしれないなんてのは幻想です。そんな会社はほぼ変わりません。

やりたいことが決まっている

今の仕事はつまらない、自分には合わないといったことだけでなく、何かやりたいことが決まっている人も仕事を辞めるべきと言えます。

社会人経験をもう少し積んでからなんて必要はありません。それよりも転職しやすい年齢のうちに仕事を変えるべきです。

中には「もしかしたら今の仕事が楽しくなってくるかもしれない」という期待をもっている人もいるかもしれません。

しかし、やりたいことが明確になっている以上、その可能性に期待するより、さっさと自分のやりたい仕事に就くべきです。

同業他社に比べて条件が悪い

給料や休日数などが、同業他社に比べて低い場合も転職することを考えるべきだと言えるでしょう。

いくら優秀であっても、給与体系が会社として決まっている以上はそれより多い給料を貰うことは望めません。

条件面での向上が見込めるならば、転職してみるべきです。

将来性がない

会社の将来性と判断した時もすぐ辞めるべきです。倒産してしまってからでは遅いのです。

また、自分の将来性についても同様のことが言えます。

成長が見込めない、出世することに希望を持てないなど、将来への不安があるなら辞めることを考えてください。

限界を感じている

仕事を続けることに肉体的、精神的な限界を感じている場合は特に要注意。

そのまま働き続けることによってうつ病になってしまう人もたくさんいますが、うつ病になってからでは遅いのです。

自分の限界を超えてまで働き続ける意味なんてありません。

仕事を辞めたいと3年以上思い続けている

仕事を辞めたいと思っても、それが一時の感情であれば辞めないほうが良い場合もあります。

しかし、3年以上も思い続けているならいい加減辞めましょう。

何かが変わることに期待したのかもしれませんんが、事実3年以上変わっていないのです。

変わることを待つのではなく、自分で変えていく必要があります。

何より、辞めたいと思いながらも働き続けるのは本当にきつく大きなストレスとなることです。

仕事が慣れないと3年以上感じている

この仕事自分には向いていないなーと思っても、慣れていないだけ、もう少し慣れれば何とかなると考えている人もいるかもしれません。

ただ、3年以上も仕事をしてきて、未だに慣れないのは、単に経験のせいだけではないはずです。

純粋に自分には向いていない仕事の可能性が高いのです。

仕事を辞めておけば良かったと後悔しない為に

仕事を辞めるという決断をすることは勇気のいることです。

ただ、その決断を引き延ばしすることによって、大きな後悔をしてしまうことも忘れてはいけません。

時には自分から変化していくことも非常に大切なことなのです。

関連記事
理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)