会社に行きたくない、仕事を辞めたいならチェック。理由と対処法。

会社に行きたくない、仕事を辞めたい。そんな風に思う人も少なくないのでしょうか。

特に休み明けの月曜日なんてサザエさん症候群という言葉すらできているくらいです。

普段から口癖のように仕事をやめたい、会社に行きたくないと言ってしまう人もいますが、

中には本気の人もいるかと思います。

今回は仕事をやめたい、会社に行きたくないと思った時に、チェックしておきたい原因と、対処法を紹介します。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:仕事の人間関係が上手く行かず辞めたい。そんな時の対処法。

関連:仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

スポンサーリンク

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

会社に行きたくない、仕事を辞めたい時にまずチェック。理由と程度

会社に行きたくない、仕事を辞めたいと思う理由はなんでしょうか?

またそれはどれくらい強く思っているのでしょう。まずはそこから確認してみましょう。

会社に行きたくない、仕事を辞めたいと思う理由は何か

会社に行きたくないということはほとんどのサラリーマンが感じていることでしょう。

何もあなただけではありません。そう考えることはいたって普通のことです。

会社に行きたくないと思ったり、仕事を辞めたいと思う理由はほぼ以下で述べる事にあてはまるでしょう。

①仕事がおもしろくない

自分がやりたかった仕事と違う。

やりがいがない。

他におもしろいことがある。

こういった理由のように、今の仕事の内容自体に不満が多い為、会社に行きたくない、仕事を辞めたいと思ってしまいます。

②仕事、会社で嫌なことがある

人間関係が上手く行かない、面倒くさい。

給料が低い。

ミスをしてしまった。

プレッシャーが強すぎる。

評価されていない。

こういった理由のより会社に行きたくないと思う人がが一番多いと思います。

③体調が悪い

体が重い。

風邪をひいている。

これでは会社に行きたくないと思うのも無理はありません。

前日に夜中までゲームをしていて眠たいなんてこともあるでしょう。

④特に理由はない

特に理由はないけれども、無性に会社に行きたくないだとか仕事を辞めたいと思っている。

たまにこういうことがあるかもしれません。

ただ、長期間この状態が続くのは危険かもしれません。

⑤他にやりたいことがある。

違う仕事がしたいだとかということもありますし、

ゲームをしたいだとか、何かしらの趣味にあてたいなんてこともあります。

ちなみに私が会社に行きたくないと思う理由は、ほとんどがこの理由です。

どの程度強く思っているかを自分で認識してみよう。

会社に行きたくない、仕事を辞めたいと考えた場合、その程度は大小があります。

あなたはどれにあてはまりますか?

①会社に行きたくないとは思うが、辞めるつもりはない

毎日もしくはたまに会社に行きたくないなーとは思うけど、

生活のこともあるし、転職等の実際に行動を移すことが面倒くさくて、結局仕事を辞める気にはならない

もしくは転職したところで、同様に会社に行きたくないと思うことがわかっているので、特に動くことがないなんてこともあるでしょう。

②いつかは辞めれたらいいなと思っている

実施に行動にうちしているわけではないが、近々行動するつもりでいる。

1年以内には今の会社を辞めたい。

③すぐ辞めたいから、転職などを考えている

今の会社に耐えることができず、転職活動を実際に勧めている。

決まり次第、すぐに辞める

④すぐ辞めたいが、辞めるという考えはない

辞めたい気持ちが非常に強いものの、実際に辞めるという考えはない。

スポンサーリンク

会社に行きたくない理由や程度別の対処法

どうすれば会社に行きたくないと感じている状態から抜け出せるのだろうかと、悩んでいる人も多くいるでしょう。

それぞれの対処法を紹介していきます。

会社に行きたくない、仕事を辞めたい理由別の対処法

対処法はそれぞれの理由によって異なります。

それぞれ確認して行きましょう。

①仕事がおもしろくない場合の対処法

仕事がおもしろくないから会社に行きたくない、仕事を辞めたいと考える場合、仕事や会社に対して高すぎる理想を持ちすぎている場合があります。

仕事というのは、対価としてお金をもらいます。

いくら仕事が好きだからといってお金なんていらないなんて人はいないと思います。

お金をもらう以上、どんな仕事にも面倒くさい仕事はあります。

私なんて仕事の8割は面倒臭い仕事。

どうしてもやりたい仕事がある場合であれば、会社を辞めて新たな仕事をする意味はありますが、

今の会社がおもしろくないからという場合は、万が一転職しても、結果同じことを感じてしまうでしょう。

まずは、日々の仕事をいかにおもしろくするかを考えてみましょう。

ではどうすれば日々の仕事をおもしろいと感じることができるのでしょうか。

多くの場合、おもしろくないという思い込みによって、仕事として行うこと全てに面白くないと感じてしまうことがあります。

確かに、ほとんどのことは面白くはないですが、まずは思い込みを捨て、ほんの少しでいいから、やっててよかったと思えるものを見つけてみてください。

②仕事、会社で嫌なことがある場合の対処法

人間関係や、仕事のプレッシャーなど仕事では嫌なことはあるもの。

多少の我慢というものは大事です。

また、多少時間はかかってしまうかもしれませんが、自分の能力をあげていけば自然に仕事の嫌な部分は減ってきます。

例えば、仕事を上手く進めることができずに上司に怒られてしまうなんてことは、仕事に慣れたり、自分の能力をあげることで少なくすることができます。

ただ、解決できない問題もあるのは事実。

パワハラ上司がいたり、どう考えても理不尽な仕事量を与えられたり、労働基準法に違反しているような会社であったり。

その中で頑張り続けては心や身体を壊してしまいます。ひどいとうつ病などにかかってしまう可能性がありますので、要注意です。

参照:嫌いな上司、嫌いな先輩と上手く付き合う方法

③体調が悪い時の対処法

体調の悪さの原因が、すでに病院等に行き明確になっている場合は、そのまま治療を続けて行くしかありませんが、

問題は、原因がわかっていない場合。

忙しくてなかなか病院に行けない人も多いかもしれませんが、できるだけ早めに病院に行きましょう。

うつ病でも、疲労感や倦怠感といった身体的な不調につながることを忘れてはいけません。

自分では気づかないうちにうつ病になっていることもあるのです。

④理由がない場合の対処法

理由もなく辞めたいと思う。

実はそれは最もうつ病に近いかもしれません。

うつ病になってしまうと、はっきり理由がわからなくなってしまったり、

辞めたいとは思っているが辞めれないなどの状況に陥るそうです。

ただ、もちろんうつ病といった病気ではない場合もあります。

その場合、自分についてよく考えてみるといいでしょう。

自分のやりたいことと違っていた、やりがいがない。

そういった感情が自分の中に眠っているかもしれません。

どの程度、仕事を辞めたいかによる対処法

程度差によるそれぞれの対処法を紹介しましょう。

①会社に行きたくないとは思うが、辞めるつもりはない

この感情って相当な仕事好き以外は、ほとんどの人が感じているのではないでしょうか。

こう思っていても悩むことは全然ありません。普通のことです。

ただ、あまりこの感情が強くなってしまうとモチベーションの低下につながります。

モチベーションの低下は効率を下げます。

目標を定めるなどで、モチベーションアップを考えてみてはいかがでしょうか。

②会社には行きたくないし、いつかは辞めたい

いつかでは、仕事を辞めたいと思っていてもなかなか会社を辞めることができません。まずは動いてみましょう

行動をおこす時点で辞める辞めないをはっきり決める必要はありません。

転職活動の結果から辞めるかどうか判断すればいいだけです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

③すぐ辞めたいから、転職などを考えている

実際に行動をとられていることは素晴らしいことです。

ただ、辞めたいという考えが先行するあまりに、転職先のハードルを下げてしまう場合が多々あります。

その場合、結局転職した先での仕事も面白くなかったり、条件もよくなかったりと、後悔してしまうことになってしまいます。

転職活動はそれなりに時間がかかる場合もある為、ついつい陥りがちですが気をつけましょう。

④すぐにでも辞めたいが、辞めることができない

上記で述べていますが、辞めたいと思っているが、辞めることができない。そもそも辞めるという選択肢がない。

これはうつ病時に陥りやすい症状。

他にも思い当たることがあるならば、一度病院に行ってみる必要があります。

スポンサーリンク

最後に:仕事を辞めたい、会社に行きたくないと思ったら。

まず、仕事を辞めたいだとか、会社に行きたくないと考えることはすごく当然のこと。

だいたいの人が思っています。

あまり深くは悩まずに、まずは理由を明確にするところから始めてみましょう。

具体的な対策は、それだけでわかったりするものです。

もちろん、最終的に辞めるという決断に至っても全然問題ないと思います。

転職も昔に比べると非常にしやすくなっています。

考えた末に、転職の道を選ぶのも決して間違いではないことです。

関連:仕事辞めたい病の克服の仕方や受け入れ方

関連:仕事がだるい時の対処法。慢性的になっていたら要注意

関連:仕事が辛い、死にたいと感じたら見直すべき仕事への考え方

関連:休み明けに憂鬱すぎて会社に行きたくない。解消する方法は?