入社3年目の悩み。仕事ができない、ついていけない、責任が重いなど辛いと感じる人はとても多い。

学校を卒業して就職し、気が付くともう3年目。

本当なら職場に馴染み仕事にも慣れて、大変でもそれなりに楽しく仕事をしているはずだった。

ただ実際は思っていたようには上手くいかず、色々と悩みを抱え、仕事を辞めて転職することすら考えている人もいるのではないでしょうか。

新入社員の頃から抱えていた悩みがさらに大きくなった人、3年目になったからこそ悩み始めた人など色々といると思います。

関連記事

 

若手におすすめの転職サービス

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
第二新卒は将来性に満ち溢れているため企業からの期待が大きく
、転職市場での需要も非常に高いです。
まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、自分の希望に沿ったベストな会社に出会えるでしょう。

 
理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・専門コンサルタントによるフルサポート
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビジョブ20's
・20代の転職を専門サポート
・20代対象求人2,000件以上
転職定着率93.6%

公式

JAIC(ジェイック)
第二新卒の就活支援に特化
支援実績23,000名以上
・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

入社3年目が一番辛いと感じる人も多い

社会人として長い経験をしてきた人が、過去を振り返ってみて一番辛かったと感じている時期でもっとも多いのは入社1年目、新入社員の時です。

学生から社会人になり環境も生活も一変。仕事ではわからないことばかりで怒られることも多い。職場でも知らない人ばかりでどう過ごせばいいかもわからない。

辛いと感じるのは当然ですよね。

ただ、そんな辛い思いも時間が経つにつれて徐々に少なくなって行くことが普通なはず。

仕事を覚え上手く進める、周りの上司、先輩とも馴染むことができ、職場での居心地も良くなって多少なりとも楽になってくるはずです。

でも、そう上手くいっていない人も少なくありません。

実際、一番辛かったという時期で3年目を挙げている人は多数。1年目に次いで2位に位置しています。

時間が経てば解決するはずだったものが全く解決されず、それどころかひどくなる一方であったり、3年目になったからこそ感じることがあったりと、1年目の頃よりもより重く悩んでしまっている人も多いのです。

転職は「とりあえず3年」働いてから? 入社3年以内の転職は不利? アンケートで分かった意外な事実とは|転職実用事典「キャリペディア」

入社3年目の悩み

では入社3年目の悩みにはどういったものがあるでしょうか。

3年目になっても仕事ができない、周りについていけない

3年目になると仕事はできるようになって当たり前。一人でばりばり仕事を進めていくようにならなければならない。

周りからはそう思われます。

そんな中で中々仕事ができるようにならず、周りについていくことができないと、本当に辛いですよね。

上司からは怒られることも増えるし、周りからもバカにされたり冷たい目で見られる

仕事ができる人と仕事ができない人の扱いの差は本当に大きく、職場によっては本当にひどい扱いをされます。

また思ったように仕事ができないことに対し、理想の姿との差から自分を責めてしまう人も少なくないと思います。

自分の成長を実感できない

3年経ってもミスが多く怒られることが多かったり、仕事のスピードが変わらなかったりして「自分は成長してない」と思っている方もいます。

3年経つと後輩も増えてくるので、自分の相対的な立ち位置が明確になってしまうため悩みやすいです。

また、同期のなかでも仕事内容や評価で徐々にばらつきが出始める時期でもあるため、優秀な同期と比較をしてしまうことで劣等感を抱いてしまう人も珍しくないです。

責任が重くなる

3年目になって、仕事自体の責任が増え、そのプレッシャーがかなりの重荷になってしまう人もいます。

仕事の範囲は増え、色々なことを任せられるようになり、同時にミスを許されなくなる。

新人の頃は責任が軽すぎることに不満を抱き早く責任のある仕事がしたいと思っていた人でも、いざ責任が重くなるとやっぱり違いますよね。

もちろんその責任を楽しむことができる人もいます。

ただ過剰な責任、フォロー体制のなさ、ミスした時の影響等から楽しむことができない場合もあり、予想以上の精神的負担の大きさに仕事が辛くなってしまうこともよくあることです。

後輩に対する指導

後輩の指導をしなくてはならなくなったのが悩みにつながっている人もいるでしょう。

どうすれば上手く教えていいかもわからないし、中々思い通りに動いてくれない。そして上手く行かないと自分が怒られる。

時間をとられて自分の仕事すら上手く回らなくなってしまう悪い影響を引き起こしてしまうこともありますよね。

仕事量の増加

仕事をこなせるようになった分、任せられる仕事の量が増加してそれが苦になってしまっている原因の人も多いかもしれません。

仕事が増え、それに伴い残業時間も増える。仕事が終わらないことに対するストレスも大きいでしょう。終わらないことで上司から怒られる場合も多々ありますからね。

残業は多くなればなるほどにストレス。疲れもとれなくなってきて、どんどん辛くなってきてしまいます。

給料が上がらない

1年目、2年目ではそこまで変わらない給料も、3年目になると昇給があるかないか、どれだけの金額昇給するかが会社によって異なる為、他の会社に勤めている友人と差が開いてくるタイミングでもあります。

そして全然給料が上がらない人にとっては、それが大きな悩みになっている場合があるでしょう。

さらに昇給がないと2年目より手取りがもっと少なくなってしまいますし。

会社の仕組みを知ってしまう

3年目にもなると1年目や2年目ではまだ知らなかった会社の仕組みについて色々なことに気づいてしまいます。

何年目で給料がどれくらいになるか。出世できる可能性。出世する人の特徴。派閥の有無。異動の可能性。

それが自分にとって良いことであれば悩むこともないのですが、そのことで失望してしまう人も多いのではないでしょうか。

給料が全然上がらないことに気づいてしまう。出世のハードルが高すぎることに気づいてしまう。出世する可能性がほぼない場合だってあるでしょう。

また配属先が希望していない職場に行った人だと、異動の可能性が低いことにショックを受けている人もいるのではないでしょうか。

入社3年目の悩み、どうやって解決する?

入社3年目の人はそれぞれに深く悩んでいることがあり、3年目の壁を超えられないでいる方もいます。

ですが、いずれは超えなければならない壁なら解決方法を考えてみるのも良い方法です。

入社3年目の悩みを解決する方法を考えてみたのでぜひ参考にしてみてください。

①TO DO リストを作ってみる

ミスが発生している理由は、「業務に見落としがあること」がほとんど。そのためTO DO リストを作成して業務の見落としを減らすことがおすすめです。

ToDoリストは、簡単に言うとやることリストです。

今日の仕事のすべてを一覧にして書きだしたり、優先順位を付けたりして、やることの抜けや漏れを防ぐリストになります。

メモやノートに書く方法と、スマホやパソコンなどのデジタル機器を使う方法があるので、自分で使いやすいものを使ってみましょう。

上司とコミュニケーションをとってみる・相談してみる

上司も過去には「新卒3年目を経験している」はずです。今は貫禄ある上司でも、当時辛かったのは一緒かもしれません。

上司とコミュニケーションを取るように心がけて、少しずつでも良いので抱えている悩みを相談してみましょう。

また、思い切って上司の新卒3年目のときはどうだったのか、話を聞いてみることで良い対処法やヒントを得られる可能性も期待できます。

悩みを乗り越えると楽しくなるのも3年目

新卒3年目は、業務の幅が増えたり責任が増えたりして悩みに直結することが多いですが、それを乗り越えてしまうと一気に会社での立ち回りや仕事の回し方が楽になります。

新卒3年目までの間で覚えておきたいのは、仕事は現実を受け入れることと仕事に対する考え方です。

悩みに悩んでいる今は、仕事が思い描いていたイメージと違ったり、がんばりが実らないこともあるでしょう。

ですが、学生時代の勉強と違って努力がすべて結果につながるとは限らず、要領よく仕事を進めることや、上司や同僚に頼ることが必要なのが仕事です。

機転を利かせたりある程度の判断を求められたりもします。

別の角度から見ると、新卒3年目くらいまでの「新人」のうちは仕事ができないのが一般的であり、思い描いていた仕事とギャップがあっても不思議ではないのです。

仕事ができるようになりたい、多くの人がそう思っています。

悩み苦しむ今は、仕事ができなくても当たり前という謙虚な気持ちを持ち、一つひとつ取り組んで身に付けていくことが大切です。

悩んでいる時は「この会社辞めたい」という思いが頭をよぎりますが、悩みを乗り越えて時間が経つと「この会社に残ってよかった」と思う方もいます。

その悩みを解決する為に転職するのはありか

3年目で抱える悩み。その悩みに対してどう向き合っていけば良いでしょうか。

その一つの手段に転職があります。

3年目での転職はマイナスなことを言う人も確かにいますが、決してなしではないでしょう。

今は第二新卒としての転職需要が増加。転職がかなりしやすくなっていますし、職種を変えるなら3年以内で転職してしまった方が有利。

新しい職場でやっていくにしても若い方が楽ですからね。

また仕事を変えることによって色々と気づくことができるでしょう。

給料が悪い、上司との折り合いが悪い、会社のノルマがあまりにもきついといった理由の場合は辞めて転職する方が良いですが、「仕事ができない」等の自分に原因がある場合は、職場が変わっても解決できない可能性が高いです。

仕事は自分で学び覚えて進めるものなので、仕事ができないからといって辞めてしまっては次の職場でも同じことの繰り返しになるでしょう。

新卒3年目の悩みの理由が自分自身にあるときは、辞めずに乗り越えることをおすすめします。

もちろん乗り越えない悩みというのがあるのは事実。安易に決めてはいけないことですが、考えに考え抜いた末に判断したなら決して間違いではありません。

もし今抱えている悩みにどうしようもなく苦しんでいるなら、一つの選択肢として検討してみるのが良いでしょう。

おすすめの2サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
20代の就活支援に特化
・支援実績23,000名以上
利用者の転職成功率81.1%

公式

転職をするなら早いうちがおすすめ

新卒3年目の悩みは原因に向き合うことが解決への一歩になります。どのような悩みだったとしても少しずつ改善や成長が見られるように一つひとつ取り組んでみましょう。

もしも、何をやっても無理! なときは、早めの転職をおすすめします。

dodaの取ったアンケートによると、転職25歳~29歳の年齢層が最も成功しやすく、次いで30歳~34歳が成功ししていることがわかります。

20代前半から40代以上の中では若い方が転職しやすいということであり、もちろん悩める新卒3年目も対象です。

転職をするにあたり、これまでの悩みを相談したい、1人での転職活動に不安がある、プロのサポートを受けて転職したいという方は、転職エージェントの利用をおすすめします。

現状の仕事が忙しくてなかなか時間を割けない方にも、手厚いサポートが受けられるほか非公開求人なども閲覧できる魅力が満載です。

転職エージェントは無料で利用できるので、いくつか利用してみると良いでしょう。

【転職成功者の年齢調査】平均年齢やコロナの影響、年代別のポイントは? |転職ならdoda(デューダ)

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

若手におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

業界トップクラスの求人件数を保有しており、転職支援実績はダントツNo.1。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、まずは仕事の悩みや不安を相談してみることをおすすめします。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイックは、第二新卒の転職支援に特化したサービスです。

第二新卒の方ならではの転職希望理由を把握しており、1人1人にベストな転職先を提案することを可能としています

未経験職種への転職サポートにも強いので、現在とは異なる職種に転職したい方などにも非常におすすめです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに第二新卒に特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、より自身に向いている転職先を見つける事ができます

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)