転職が意外に簡単に決まった人は多い。中々できない人と何が違う?

転職って難しそう、大変そう。そんなイメージを持っている人は多いと思います。

ただ実際に転職した人の中には意外にも簡単に転職活動を終わらせることができたという人も実は少なくありません。

そこで今回は転職が簡単に決まった人は中々決まらない人とどういった点に違いがあるのか、その傾向を紹介したいと思います。

 

おすすめの転職サービス

なかでもリクルートエージェント全年齢層向け・求人の種類も豊富なので、まずはここから登録を始めてみましょう。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

転職がすぐに決まる人もいる

転職活動を開始して内定を貰うまでの基本的な流れは以下の通り。

  1. 求人を探す
  2. 履歴書・職歴書を書く
  3. 応募する
  4. 面接(1回から3回程度)

これを何社も同時並行で進め、希望の会社から内定をでるまで繰り返すことになります。

何社受けることになるか、この流れを何回繰り返るか、どれくらいの期間かかることになるかは人次第ですが、平均すると18社応募して1社内定、転職活動期間は3ヶ月程度だと言われており、やっぱりそれなりに大変だということが伺えますね。

ただ中にはたった1社だけ受けて内定を貰える人、転職活動を開始してからたったの1ヶ月で終わらせてしまう人というのもそれなりにいます。

そのため、転職の平均応募社数は以下のようになっています。

引用先:【転職活動、何社応募した?】平均応募社数や、選考通過・内定の確率はどれくらい? / 転職ノウハウ / マイナビ転職

若ければ若いほど転職活動が早く終わり、エントリー数も40歳までの場合は10社以下で済んでいることがわかります。

転職ですぐ決まる人の特徴

では転職が簡単に決まった人と中々決まらない人は何が違うのでしょうか。

レファラル採用の利用

レファラル採用を利用していた場合転職で決まるスピードは非常に速いです。

レファラル採用とは転職先の人に紹介されることで受ける選考で、外資系企業などで行われている選考方法です。

採用の性質上表立って行われることもなく、転職活動も一般選考で受ける場合よりも早く終わります。

応募した求人とのマッチングが合っていた

内定を貰う為には、企業が希望している人材に自分がマッチしていることが必要となります。

年齢、職歴、経験、スキル、人間性など求人票に書いていなくても、あらかじめターゲットとしている人材はいるのです。

ですから、最初からマッチングした求人に応募することができていれば、すぐに転職が決まる可能性は高いし、マッチしていない企業ばかりに応募していればいつまでたっても決まりません。

ただ、簡単に決まった人がみんな最初からこのマッチングを意識しているかというとそういうわけではありません。

たまたま運よくマッチングしている求人に応募した人もいれば、転職エージェントから紹介して貰った人が多いですね。

自分の転職における市場価値を理解している

転職するからには年収アップ、労働条件改善などを目指す人が多いと思いますが、無謀なところにばかり挑戦してしまうと転職活動での難易度は高くなります。

一方、自分の市場価値を客観的に見た上で、内定を貰える可能性があると判断した会社に応募した方が難易度は低くなります。

条件面を妥協すれば妥協するほど、転職はあっと言う間に決まる確率が高くなるでしょう。

もちろん、それをすると転職した後に不満が出やすくなるのでベストとは言えませんが、「まず早く転職先を見つけたい」という場合は多少の妥協は仕方ありません。

アピールが上手かった

転職活動は書類選考と数回の面接のみで採用可否を判断されます。

そして、それだけの間でいかに自分をアピールし採用したいと思わせることができるのかによって、結果は大きく異なります。

スキルや経験、熱意などはもちろんですし、態度、話し方、立ち振る舞い等も重要です。

最初は中々上手くできない人もいますが、中には最初からほぼ完ぺきにできる人もいて、そういった人は簡単に転職が決まる可能性が高いです。

簡単さを求めすぎないように要注意

どうせ転職するなら、さっさと簡単に済ませることができる方が良いという人がほとんどでしょう。

ただ、あまり簡単さを求めてしまうのは転職での失敗を招くので注意が必要です。

妥協すれば簡単に決まるけど後悔する

転職の難易度は応募する企業がどんな会社かによって大きく変わります。

はっきり言って転職を簡単に終わらせようと思えば、条件を妥協してしまえば良いだけです。

ただあまり妥協するとその転職に後悔する可能性大。

転職しなければ良かった、もっと好条件の会社に転職すれば良かったなど転職に対する手間を惜しんだことに対してきっと後悔することになるでしょう。

楽して良いことと楽して悪いことをしっかり判断する

転職するにあたり一番大切なのは、転職を簡単に済ませることではありませんよね。

自分はなぜ転職するのか、まずはその点をはっきりさせなくてはいけないし、転職活動でもそれをぶれないようにしなくてはなりません。

もちろん無駄なことはせず、楽するところは楽していくことは大切です。

転職エージェントを使って自分でやる必要のないことは任せたり、受かる可能性のない企業は最初から省くことで転職にかける労力は極力下げていった方が良いと思います。

ただあくまで転職後の仕事を今より良いものにする為に転職活動があるということは忘れないようにしましょう。

なかなか転職先の内定が決まらない人の特徴

では転職先の内定が決まらない人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

面接の準備・練習不足

最大の原因は、面接の練習不足かもしれません。

面接中は常に、話に矛盾が生じていないかと意識しながら話すようにしてしっかりと面接中に自分の思いを伝えられるようにしましょう。

また応募するにあたり、会社の中期経営計画やビジネスモデルを読むことは必須です。

転職活動をする際には、基本的な準備を怠らないようにしましょう。

条件を高望みしすぎている

市場価値を理解せずに福利厚生や給料を求めすぎている場合はなかなか転職することはできないでしょう。

例えば、EXCELのスキルでマクロ等まで求められているにも関わらず、スキルが皆無などといった場合にはなかなか希望条件での転職はできません。

このような場合、少しでも希望の条件に近づけるためには自宅での学習や資格の取得が必須になりますので、資格を取得してから転職活動を行うようにしましょう。

年齢が高い

年齢が高い場合なかなか転職することはできません。

なぜなら、年齢が高い場合募集内容がマネジメントレベルで限定されることが多く、企業は前職で密度の高い経験を求めています。

このことから、年齢が高くて役職にありつけなかった人の場合などは転職先の内定がなかなか決まりません。

多くの場合では業種をまたいでの転職は年齢が高くなればなるほど難しくなりますが、一部の業種では年齢が高い低い関係なく実務的な業務の募集を行っている傾向があります。

そのため、なかなか転職が決まらない場合は、そのような業種へ転職することもおすすめです。

転職を楽にしたいなら転職エージェントを利用する

転職を簡単に終わらせようと思っているなら転職エージェントの利用は必須。

転職エージェントと話すことによって、採用試験でのアピールに関しても最初からかなり高いレベルで行うことができるようになるし、その他のわずらわしいことも代わりに行ってくれるのでメリットが高いです。

転職活動を始めたばかりの頃はどうしても的を得ないことをしてしまうことが多い為、最初からプロの力を頼った方が転職をより効率的に行うことが出来るようになります。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【若手も安心】マイナビエージェント


転職サイト|転職エージェント

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。