転職活動のことはどこまで秘密にしておくべきか、少なくとも会社関係には絶対に言ってはダメ

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職活動のことはどこまで秘密にしておくべきか、少なくとも会社関係には絶対に言ってはダメ

転職活動は孤独な戦い。進めていると一人であれこれ考えることが辛くなってつい誰か身近な人に相談したくなるものです。

ただ不用意に誰かに相談してしまうと、その話は自分が想定したよりずっと広がってしまい、大変な目にあってしまうことがあるので本当に注意が必要です。

ではどこまでに秘密にする必要があるのでしょうか。

今回は転職活動のことを秘密にすべき範囲と、実際にばれてしまった時の体験談を紹介します。

関連;転職活動がばれるのだけは避けたい。何に気をつければいい?

関連;転職から退職までのやり方、進め方。面倒だと思っても一つずつ

転職活動していること、どこまで秘密にすべき?

あなたにとってどれだけ信頼している人物だとしても、噂話というのは様々な経路で広がってしまうもの。

だからこそ転職活動していることを誰かに話したり、相談したりする際には細心の注意を払わなくてはなりません。

上司

まず上司には絶対に秘密にしておかなくてはなりません。まあ当然ですね。

どれだけ上司のことを信頼し、上司とプライベートで付き合いがあるような場合でもです。

もしかしたらいざ転職先が決まって転職することを伝えたら、「何で言ってくれなかったんだ」「嘘ついていたのか」なんてことを言われるかもしれません。ただそれでも転職活動中に言ってしまうよりはまだましです。

上司に話してしまった時に起こりうることとしては以下のことが挙げられます。

  • 転職活動自体を辞めるように説得される
  • 裏切りだと言われ非難される
  • 退職するまでひどい扱いを受ける
  • ボーナス等の査定が悪くなる

部下が転職することに対して快く思うことはほぼありません。ですから転職活動していることを話しても何も良いことはないと考えておきましょう。

同僚

同僚も絶対に秘密にしておかなくてはならない人のうちの一人。仲の良い同期であっても絶対に避けた方が良いです。

こちらがいくら信頼して、固く周囲に言わないように口止めしていてもお酒が入ってボロッと言ってしまうこともあります。

結果的にまわりまわって上司の耳に入ってしまう場合も大いにあり得ますし、同僚の態度が冷たくなってしまう可能性も否定できません。

学生時代の友人

今の会社とまったく違う会社で働いている学生時代の友人であれば、秘密にしなくてもそこまでリスクは高くありません。

会社の人と接点がないので話が伝わる可能性がかなり少ないですからね。

ただゼロではないということに要注意。

例えば同じ会社にも学生時代の友人がいて、友人同士がつながっている場合は話が伝わる可能性があるでしょうし、SNS上で転職に関する話をやり取りしてしまってそれを同僚に見られてしまうなんてこともあるかもしれません。

昔からの友人だからこそ親身に相談に乗ってくれるでしょうし、そこから良いヒントを得ることができるかもしれません。ただリスクはゼロではなく気を付けなくてはいけないことも忘れずに覚えておきましょう。

家族

もし結婚しているなら転職活動していることを家族に内緒にしたまま最後まで決めてしまうと、いざ転職先が決まったという時に信頼関係が崩れるなどトラブルを招く可能性があります。

遅くても書類選考通過時点では転職をする意思があって、転職活動も多少してみているということを伝えたほうが良いでしょう。

転職することに関しては家族に反対される人も多いようですが、そこは秘密にしたまま進めるのではなくしっかり話し合って納得してもらわなくては、遅くなればなるほどに面倒なことになってしまいます。

転職活動は家族に協力してもらった方が精神的にも体力的にも楽。しっかり説明して理解してもらうようにしましょう。

ただ一点注意して貰いたいのが、家族にも周りにあまり言わないように口止めをしておくということ。

例えば主婦同士でつながっていて、そこから会社の同僚にばれて上司にばれるなんてこともあるみたいですから、その話は家族内でとどめておくようにしっかり言い聞かせておきましょう。

ばれた時の被害は甚大、実際にばれた体験談

では実際に秘密にできずにばれてしまった時にはどんな大変な目にあうのでしょう。

今回紹介するのは実際にばれてしまった人の体験談。こうならない為にも慎重に動きましょう。

同僚経由で上司にばれた

転職活動を始めて1ヶ月、書類選考にもいくつか通過して転職もできそうな気配があったので、入社時から一緒でプライベートでも良く遊んでいた同期に転職するつもりで転職活動をしているということをつい話してしまいました。

その同僚には他の人には言わないようにと口止めしていたものの、その話をした1週間後には自分の直属の上司にばれてしまうという事態に。

確認してみると、話をした同期から違う同期に、その同期が先輩にと話がどんどん広まっていってしまったみたいです。

結果的に上司に個室に呼び出されて事実確認。その場では以前の話で今はやっていないなんてごまかしましたが上司の態度はその日を境に明らかにおかしくなりましたし、実際転職が決まって伝えた時も嘘つきなんて言う言葉を投げかけられてしまいました。

また同期とも関係は悪化。転職しても仲良くしていきたいと思ったもののそれを機に仲が悪くなりもう連絡をとることすらなくなってしまいました。

SNSを見られて

私が転職活動していることをばれてしまったのはSNS経由。Facebookで転職活動していることを書いてしまったのがきっかけです。

会社の人とは友人になっていなかったし、公開は友人の友人までとしていたので特別心配はしていなかったんですが、たまたま同僚と共通の友人がいて書いていることを見られてしまったんです。

結果的にそれは会社内に広がってしまって上司の耳にも入ってしまうことに。

辞めるならさっさと辞めろと言われ、今までの仕事も別担当をつけられたりと、実際に転職するまではかなりの苦難を味わうことになってしまいました。面接の為に有給休暇を取る為に上司の承認を貰う際も、舌打ちや愚痴を浴びせられましたしね。

本当はじっくり転職活動をしようと思っていましたが、あまりに会社に居づらくなってしまった為に転職活動自体も焦ってしまったのもかなりのデメリットです。

転職活動は極力秘密主義で

転職活動は大変です。誰かに相談したくなる気持ちもわかります。

ただその結果、さらに自分を苦しめてしまう可能性がありますからとにかく秘密主義で進めることをおすすめします。

一人で転職活動を進めることができないならば、だれかに相談に乗ってもらいたいならば、転職エージェントを利用しましょう。

転職に関する悩みなど、色々なことに相談にのってくれますから、心強い味方になってくれるはずです。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ