違法ではないのに解雇?在籍中の転職活動がバレない対策

転職活動を行おうと思って、さあ動き出そうという時に一番心配なのは転職活動が会社にばれること。

会社にばれると、冷たい目で見られるのは間違いありませんよね。

では転職活動しているとばれたらどうなるのでしょうか

周囲に知られず転職活動を進めるポイントについても解説します。

関連記事

 

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

転職活動がばれたらクビ?法的根拠は 

転職活動がばれたらクビ?法的根拠は 

まずは、転職活動がばれた場合クビになるケースがあるのか解説します。

法律の観点から見て転職活動を理由に解雇される可能性はない

仮に在籍中に転職活動をして、それが会社にばれたとしても、法律の観点から見た場合は解雇される心配はありません。

そもそも日本では、職種選択の自由を憲法で定めています。

○ 日本国憲法(昭和21年憲法)第22条第1項においては、「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。」と規定されており、これは、職業選択の自由を保障しているものである。

○ この「職業選択の自由」は、自己の従事する職業を決定する自由を意味しており、これには、自己の選択した職業を遂行する自由、すなわち「営業の自由」も含まれるものと考えられている。

引用:厚生労働省「憲法22条に規定する職業選択の自由について」

つまり、あなたがどのタイミングで転職を考えて行動しても問題ないというわけです。

また、在籍中に内定を貰ったからといって二重雇用契約にはなりません。

当然、二重雇用契約ではないので、在籍中の企業側も違法性を唱えられません。

転職活動を理由に解雇される場合

転職活動を理由に解雇される場合

法律において、労働者の転職活動は守られていると前の見出しで分かりました。

しかし、実際は在籍中の転職活動によって解雇になるケースはあります。

では、どのような場合だと解雇されてしまうのでしょうか。

その理由について見ていきましょう。

就業規則に違反している場合

就業規則に違反して転職活動を行っていると、解雇の対象となる恐れがあります。

具体的には次の行為が挙げられます。

  • 就業時間内に転職活動(サイトを覗くなど)
  • 勤務態度の低下
  • 服務規律違反での懲戒

今の仕事に支障をきたすような転職活動をしていると、解雇される恐れがあるので注意してください。

法律には認められていないが会社都合で解雇

また、法律的には認められていないものの、会社都合で解雇されるケースもあります。

会社都合による解雇とは、退職勧奨や倒産、事業整理といった会社側の都合による雇用契約終了を意味します。

この場合、労働者側に過失はないため転職には問題ありません。

ちなみに、不当なリストラの場合は労基(労働基準監督署)に相談する手段があります。

会社が労働基準法違反や最低賃金法違反の行為などをしていると、企業に対して指導勧告を行ったり立ち入り調査を行ったりしてくれます。

ただ、手続きなどが大変なうえに時間もかかるので、精神や体力的なストレスを考慮すれば大人しく自主退職した方が良いでしょう。

世渡り上手な転職方法

世渡り上手な転職方法

法律では在籍中の転職活動は守られていても、場合によってはばれると解雇される恐れがあるため、やはりばれずに行う方が良いでしょう。

会社では転職サイトを見ないのはもちろん、転職活動中であると周囲に漏らさないのもトラブルを避けるには大切です。

そこで続いては、トラブルに発展しないための転職方法について解説します。

転職活動が察されない在職先での過ごし方

どんなに転職活動で忙しくても、職場では普段通りの働きを見せるようにしてください。

間違っても、職場で転職サイトを閲覧してはいけません。

電話やメールの対応も、職場を離れてから行うようにしてください。

また、職場近くのレストランやカフェを利用する際も、周囲に同僚がいる可能性があるので、転職に関する電話や話題は避けた方が良いでしょう。

このように、どこで誰が見聞きしているか分からないので、在職先では一切の転職活動をしないよう徹底してください。

転職先が決まったら

そして転職先が決まった場合、ギリギリに退職を告げると引き継ぎなどができず会社に迷惑をかける恐れがあります。

トラブルに発展する恐れがあるので、最低でも一か月前までには退職を告げるようにしてください。

その際は、家庭の事情など会社側が立ち入りづらい理由を作ると良いでしょう。

ただし、理由によっては予想外の展開に発展する可能性もあるので、苦しくならない程度の理由を考えてください。

転職先には在籍中であることを隠さない

転職先にまで嘘をつくと、今後働くうえで支障をきたす恐れがあります。

信頼関係を築くためにも、転職先には在籍中であると正直に伝えてください。

また、一部では在職証明書の提出が求められる場合があるので、提出を求められたら必ず対応しましょう。

自分で書類を用意するのが面倒なら、転職エージェントを利用すれば手間が省けるのでおすすめです。

在籍中の転職活動での精神的負担を減らすには

在籍中の転職活動での精神的負担を減らすには

在籍中に転職活動を行っていると、ばれないか不安になり普通以上に精神的に気を遣います。

最悪の場合、満足のいく転職活動ができない可能性があるので、精神的な負担を減らす対策を講じる必要があります。

ここでは、精神的な負担を減らす方法について解説します。

転職サイトへの登録でばれる心配はない

転職活動を始める時に、まず行うのが転職サイトへの登録です。

名前など個人情報をいれるわけですから、ちょっと心配になりますよね。

しかし、転職サイトに登録してもばれる心配はありません。

まず、転職サイトでは個人情報を徹底的に管理しています。

また、スカウト機能という企業からオファーを待つものではあなたの職務経験書を企業に公開が、企業側には個人名などはわかりません。

とは言うものの、職務経験書を見られるとばれる可能性はありますよね。

しかし、特定の会社に対してあなたの情報をブロックできるので、自分の会社や関連会社をブロックしておけば問題ありません。

登録する段階ではばれる心配がいりませんし、スカウト機能に登録する際には少し気を付ければ転職サイトの利用は心配ないわけです。

今の状況を打破したいなら一度転職エージェントに相談を

転職エージェントとは、転職活動に関わるあらゆる面からサポートしてくれるサービスです。

求人の紹介はもちろん、円滑な転職活動の進め方や円満退社するためのポイントなど、様々な相談に乗ってアドバイスしてくれます。

履歴書の書き方や添削、面接対策なども行ってくれて利用料金は完全無料です。

退職までの過ごし方もアドバイスしてくれるので、転職活動がばれないか心配な方は、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

ちなみに、転職エージェントに登録しても、その事実が今の職場にばれる心配はないので安心してください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)