転職活動がばれるのだけは避けたい。何に気をつければいい?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職活動がばれるのだけは避けたい。何に気をつければいい?

転職活動を行おうと思って、さあ動き出そうという時に一番心配なのは転職活動をしていることが会社にばれること。

会社にばれると、冷たい目で見られるのは間違いありませんよね。

では転職活動をしていることがばれるのを防ぐ為にはどうすればいいでしょうか。

関連:転職活動の期間はどれくらいかかるもの?短い期間で終わらせる為には。

関連:転職が不安で中々踏み出せない。その気持ちどのように解消する?

関連:初めての転職を成功する為にやるべきことや注意点

スポンサーリンク

転職サイトに登録することでばれることはない

転職活動を始める時に、まず行うのが転職サイトへの登録。

名前など個人情報をいれるわけですから、ちょっと心配になりますよね。

少なくとも私が使っていたリクナビネクストではそんな心配無用でした。

まず、リクルートという大手がやっていることから個人情報の扱いは徹底的に管理されていますから。

また、スカウト機能という企業からオファーを待つものではあなたの職務経験書を企業に公開することになります。

もちろん、企業側には個人名などはわからないようになってはいます。

とは言うものの、職務経験書をみるとばれる可能性もありますよね。

しかし、特定の会社に対し、あなたの情報をブロックすることができるので、自分の会社や関連会社をブロックしておけばなんら問題ありません。

リクナビネクストに最初に登録する段階では、まずばれる心配もいりませんし、スカウト機能に登録する際には少し気を付ければなんらばれる心配はありません。

スポンサーリンク

転職活動がばれる可能性は何がある?

転職サイトではばれないとしても、実際にばれることがあります。

それはどういったときでしょうか。

SNSで書いてしまう

SNSは本当に危険です。

ついつい、SNSに転職活動をしていることを書いてしまうと、誰かがあなたの会社に対して、ばらしてしまう可能性があるのです。

特に、SNSで繋がっている人の中に同じ会社の人がいるのであれば絶対にやめましょう。

たとえ仲が良い同僚だとしても、いつ漏れるかわかりません。

基本的にどれだけ親しくても、転職活動を行っていることはいってはいけません。

SNSには転職活動について何も書かないようにしましょう。

会社で転職サイトを見てしまう

スマホで転職サイトを見てしまうことはあると思います。

ただ、周囲に気を配らないと、誰があなたのスマホを覗いているかもわかりません。

わかるとは思いますがスマホは最近大画面であることも多いですから、少し遠くでも何を見ているかわかってしまうものなのです。

転職活動の状況や、オファーの状況など、気になることもありますが、

基本的には転職サイトを見ない、見るときは確実に見られない場所で見るということを心がけましょう。

会社のパソコンで見るなんてもってのほか。一発でばれます。それは絶対にやめましょう。

突然有給休暇を頻繁にとるようになった

転職活動を行っていると、きってもきれないのが、平日の面接。

面接を受ける為には、会社を休まなくてはなりません。

あまり頻繁にとるようになると、勘のするどい人には「何かしてる」と感づかれてしまう可能性があります。

平日でも就業時間外に面接を行ってくれる会社もありますし、数社の面接をまとめて休む日をできるだけ少なくするといったやり方を考えましょう。

奥さん、旦那さんからばれる

さすがに転職活動を行っていることを家族には伝えますよね。

さすがに家族が大丈夫だろうと思います。

しかし意外にこれ危険です。

ママ友との会話だとか、旦那の酒の場での会話。

厳重に口止めしておかないと、ここがばれる原因となりえます。

実際にばれたら・・・

上記のことは絶対に守りましょう。

私の友人は残念ながら転職活動中に転職活動していることが上司にばれました。

理由は誰かが密告したから。わりと同期とかに話してしまっていたので。

その時は、上司が素晴らしくできた人であったため、本人を咎めることもなく、できればやめては欲しくないということとあまり人に言わないようにするということだけを本人に伝えただけで終わりました。

ただ、上司によっては明らかに冷遇することもあるし、面接に行かせないように有給休暇を許さない、終わりきらない仕事を指示してくるなんてこともあるでしょう。

まあばれても1ヶ月くらい我慢すれば会社も辞めるからとなればいいですが、もし転職活動がうまくいかず、今の会社にいることになるとそれはもう大変ですね。

転職活動はあなた自身が幸せになるためにするものですから、下手なことで逆に不幸にならないようにする為にも、気をつけて行いましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:中途採用とは?新卒、第二新卒、キャリア採用のそれぞれの定義や求められる能力

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:転職の悩み、転職活動の悩み、誰を相談相手にすればいい?

関連:リクナビNEXTのスカウト機能は絶対使うべき。オープンオファーとプライベートオファーをうまく使おう。

スポンサーリンク



このページの先頭へ