転職は会社への裏切り行為ではない。自分の幸せを優先しよう。

誰だって、自分がやりたいと思う仕事をしたいし、よりよい条件の会社で働きたいものです。

ですから、何かをきっかけに転職するということは当然のことです。

しかしながら、転職をは裏切り行為であるという認識を持ち、転職を良しとしない人もいます。

そういった人によって、転職する際に不快な思いをしてしまった人も少なくはないでしょう。

中には転職したいと思っている人の中にも、転職を裏切り行為だと思ってしまい、引け目を感じ、転職を辞めてしまう人もいます。

ただ、転職するということは本当に裏切り行為なのでしょうか。

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ

 

おすすめの転職サービス

なかでもリクルートエージェント全年齢層向け・求人の種類も豊富なので、まずはここから登録を始めてみましょう。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

転職が裏切り行為とされるのはなぜ?

そもそも、なぜ転職は裏切り行為とされるのでしょうか。

その理由は以下の為でしょう。

会社が一人前に育てた

新入社員の頃は、社会人としてのマナーも、仕事の仕方もわからない状態。

もちろん仕事で貢献することもできませんが、それでも給料は貰っています。

新入社員なんて安い給料だなんて思う人もいるかもしれませんが、実際は1人雇うことで、給料以上の多大なお金がかかるのです。

その時点では会社としてはマイナスであることは間違いありません。

それでも、将来に向けて、成果をだせるようになるまで、投資して育てるのです。

その為、転職することは育ててくれた会社を裏切る行為であると思ってしまう人がいるのです。

会社に損害を与える

会社を辞めるということは、たいてい会社に損害を与えます。

人が足りなくなる、仕事に遅れが生じてしまったり、人員の埋め合わせの為に採用活動を行うことになりお金もかかることになります。

そして損害を与えるということを、会社への裏切り行為であると思ってしまう人もいます。

会社に隠れて転職活動

転職したいと思っている人の中には、会社に隠れて転職活動を行うことを裏切り行為だと思ってしまう人もいます。

その結果、転職活動を終え、上司に伝える時に転職先を決まっていることを言い出せないなんてこともあります。

普段は何事もないように振る舞っていたけれど、裏ではこっそり転職活動を進めていたということに、裏切りだと感じてしまうのです。

同業他社への転職をした

自分の培ったスキルや経験も活かして転職をしようと思うと、自然と同業他社への転職も候補に入ります。

元々ライバル企業だった会社に入社したら一見裏切りとも見えるかもしれません。

実際に元同僚や上司から「あいつは裏切った」と思われる可能性は0ではありません。

でもそれって本当に裏切り?

上記のような理由で、転職について裏切り行為であると感じる人はいます。

しかし、転職は本当に裏切り行為なのでしょうか。

どれだけお金をかけて育ててくれようが、それはあくまで会社自体が利益を出す為に行うことです。

会社は会社の利益を考えます。

であれば、労働者は労働者自身の利益を考えていいでしょう。

そもそも転職すること自体は認められていることであり、どの会社でも中途採用を行っています。

新卒採用しか行っていないなんて会社はないでしょう。

もし、転職が裏切り行為であれば、会社は裏切り行為に加担してしまっていることになってしまいます。

転職は決して裏切り行為ではないのです。

「裏切り行為だ」と言う方の心理

転職をしようとする社員に対して「裏切り行為である」と言う方は、多くが自分を守るための保身的な考え方によるものでしょう。

離職者が出ると自分が上司や人事に怒られる可能性があると考えて、離職して転職をしようとする方に対して裏切り行為であると発言することがあります。

別の裏切り行為だと言う理由としては、人でが減ることで自分の仕事量が増えることも考えられます。

裏切り行為だと離職希望者に言う方は、普段から仕事に対して余裕がなく自分を守ために離職しようとする方に対して裏切り行為だと言う傾向がありますが、それほど気にする必要はないでしょう。

転職は単純に会社とのミスマッチが生まれている証拠

転職活動をしたいと考えることは、会社とのミスマッチが生じていることの証しでもあります。

オフィス環境や人間関係などの環境面が原因で転職したいケースでは、むしろ会社側の問題であると考えられます。

特に人間関係においては、多くの職場で問題になることがあり、人間関係が理由で転職活動をする方は多いでしょう。

会社に一定期間在籍していると転職活動をすることは裏切り行為であると言った考え方が当たり前になる職場もありますが、その様な時は客観的に職場の環境などを考えて転職をすることは裏切りではないと判断して、転職活動をすると良いでしょう。

転職するだけで裏切り行為と捉えられることはない

会社はある程度人材が流動的に動くことを想定して運営しているため、転職することだけで裏切り行為だと考えられてしまうことはないです。

転職することについてはあまり考え過ぎないことがポイントで、他の社員の言葉は気にすることはないです。

転職することに対して裏切り行為であると言う方は、意外と身近にいる社員であったりしますが、会社の考え方としては転職して社員が入れ替わることは仕方のないことだと判断するので、もしも転職活動自体が裏切り行為だと言われても考え込む必要はないです。

大切なのは、他の社員の個人的な意見ではなくて、会社が転職に対してどう考えているかです。

転職を裏切りだと言われたら

転職を裏切り行為だと責められた場合の対処法

もしも転職を裏切り行為だと他の社員に責められても、取り合う必要はないです。

会社との関係は、雇用契約を結んだだけなので転職活動をして何か言われても気にすることはないでしょう。

雇用契約をする際に転職活動を禁止することは基本的にないので、法的にも転職をすることは合法です。

逆に転職を妨げる様な言動をしている社員や会社に問題があると考えるのが一般的です。

同じ会社の他の社員による自分の転職に対する発言が気になる場合は、転職活動をしてみて視野を広げてみると多くの方が転職活動をしていることを知り、裏切り行為だと言われても気にならなくなるでしょう。

退職するのに会社側の承認は不要

転職について何か言われても、退職については従業員側が会社に対して一方的に意思表示しても問題ないです。

何年も同じ会社にいると退職を会社に伝えることに抵抗を感じる方もいますが、細かなことは気にしないで思い切って退職を会社側に伝えることもポイントです。

退職をする際は、会社側の承認は不要なので自分の退職に対して会社側がなかなか承認してくれなくても退職できます。

民法627条には、雇用契約は解約の申し出の後、2週間で雇用契約が終わると規定してあることも事前に把握しておくと、余計なことを気にせずに退職できます。

また退職する際の注意点として有給の利用がありますが、退職時でも有給を消化できることは労働基準法第39条に規定されているので、退職前に上手に有給を消化することも大切でしょう。

転職することに引け目を感じる必要はない

確かに、転職を裏切り行為だと思う人はいるでしょう。

あなた自身も転職することに引け目を感じる必要はありません。

ただ、そんなことにを気にする必要は全くないのです。

もし、裏切りだと言われても、気にしない強さを持ちましょう。

転職には多少の覚悟や勇気は必要です。

それを持つ為にも、自分自身についてよく考えることが大切です。

転職に罪悪感や裏切りを感じてしまう方は?

罪悪感を感じてしまう方の特徴

  1. 会社にお世話になった方がいる
  2. 会社に隠れて転職活動をしている場合

転職に対して罪悪感を感じるタイプの方は、会社にお世話になった方がいる場合に特に自分の行動が裏切り行為だと考えるケースがあります。

お世話になった方には、仕事上や仕事以外でも良くしてもらったことから、転職活動をすることがその方に対して裏切り行為になると感じる場合は、客観的に考えて転職は何よりも重要なことだと判断することで転職活動に集中できるでしょう。

会社に隠れて転職活動をしている場合は、他の社員に転職活動が見つかってしまうのではないかと不安になり、罪悪感になる場合があります。

転職活動をすること自体は本来自由なので、隠れて転職活動をしているといった認識を変えることも重要です。

転職活動に裏切りや罪悪感を感じてしまう方の対処法

  1. 個人的なつながりは持ち続ける
  2. 転職に対する意識を変える
  3. 転職活動を始める

転職活動に裏切りを感じてしまう方は、良くしてもらった同じ会社の社員と個人的なつながりを持ち続けることで、罪悪感を軽くすることも可能です。

裏切りや罪悪感がどうしても取れないケースでは、転職に対する意識を前向きに変えることも必要でしょう。

転職は自分の人生を変えることでもあるので、今まで勤務していた会社のことは考えず転職に前向きに取り組むことも大切です。

実際に転職活動を始めてみると他にも転職活動をしている方などを面接などで見掛けることもあり自分の考え方が罪悪感から良い方へ変わる可能性があるので、転職活動をする行動力も必要です。

自分の利益を最優先に

転職活動をすることに対して、他の社員に裏切り行為だと言われることは、冷静に考えてみるとその会社の社風や社員の考え方に問題があります。

転職に対して罪悪感を感じたり裏切りであると言われた場合は、転職活動をすることは個人の自由であり他の社員や会社に言われることが理不尽であると考えることで解決できることも多いです。

それぞれがそれぞれの幸せを求め、自分の利益を最優先にすることは当然のことです。

現在では終身雇用制度も崩れ、転職する人も非常にたくさんいます。

転職では、不満を解消できた方が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではないです。

もしも転職することに躊躇しているなら、まずは転職活動を始めてみましょう。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)

関連:仕事から逃げることは悪いことではない、時には必要なこと