転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

転職は年齢が高くなれば高くなるほどしにくくなると言われています。

では何歳までなら転職に成功できるのでしょうか。

何歳までが限界なのでしょうか。

スポンサーリンク

年齢が高いとなぜ転職しにくくなる?

転職市場では若いほうが有利、中高年は転職が難しいと言われています。

そもそもそれはなぜでしょうか。

それは以下の理由があります。

  • 固定観念が無い
  • 長期的な視点で育成できる
  • 体力がある
  • 覚えが早い
  • 上司と部下の年齢が逆転しない

もちろん、年齢が高いほうが有利なこともあります。若い人に比べ、経験値は高く、即戦力になりうるといったことです。

しかし、未経験の職種であるとその経験はむしろ邪魔になることもあったり、同じ職種であったとしても会社が違えば覚えることも多い為、やはり年齢が高い層は敬遠されてしまうことが多いです。

よくある転職する年齢の限界

上記のような理由から、年齢が高いほうが不利とされますが、仕事を選ばなければ転職することは何歳でも可能でしょう。

年収がきつく仕事がきついなんて仕事だと、転職市場で人気のある若手層は集まらない為、中高年でも積極的に採用を行っていますから。

そういった意味では何歳まで転職可能かというと、何歳まででも可能というのが答えです。

ただその転職が成功かと言うと少し違いますよね。

ほとんどの人は年収アップや労働環境の改善といった理由で転職することを考えますが、そういった希望を叶えることができた転職が成功した転職となるわけです。

ではこのように希望を叶えることができる成功した転職は何歳まで可能なのでしょうか。

転職する限界の年齢に関しては、色々な限界説を聞いたことがあると思います。

30歳が限界、35歳が限界、40歳が限界。しかしこれらの限界説は、あまり気にする必要はありません。

転職サイトdodaが調べた年齢別の転職成功者によると、転職を成功した人の各年齢の割合は以下の通りになっています。

  • 24歳以下・・・9.3%
  • 25~29歳・・・37.9%
  • 30~34歳・・・23.5%
  • 35~39歳・・・13.7%
  • 40歳以上・・・15.7%

一番良く言われている限界説は転職35歳限界説ですが、実際は転職成功者のうち29%以上、4人に1人以上は35歳以上、さらには40歳以上の人が1.5割以上を占めているわけです。

確かに年齢が高くなれば不利にはなりますが、何歳であろうと実際に転職に成功した人はたくさんいるというのが事実です。

転職は何歳が限界だという話を聞いて、仕事や会社に不満を持ちながらもやる前から諦めてしまうことは非常にもったいないことです。

スポンサーリンク

転職平均年齢も年々上昇

また転職成功者の年齢に関しては、年々上昇傾向にあり、年齢が高くても転職がしやすい状況になっています。

転職サイトdoda調査結果によれば、転職成功者の平均年齢は10年前が29歳であったのに対して32歳まで上昇。

企業全体に人材不足の傾向がある、年功序列制度や終身雇用制度が崩壊して即戦力となりうる中高年層のニーズが高くなっていることが背景にあり、たとえ年齢が高くても転職して現状を変えることができやすい環境になってきているのです。

年齢に応じた転職活動を

それでもやっぱり年齢で不利になることはあるし、年齢によって足きりをしていて絶対に受からない会社もあります。

R25の「転職限界年齢の平均は43.4歳」という記事によれば、40歳、50歳でも採用可能と答える企業がある一方で、35歳と答える企業もあります。

もし40歳の人が35歳で足きりという会社ばかりを受けていたら、転職は成功できないでしょう。

雇用対策法により、企業は年齢に関わりなく均等に機会を与えなければならないこととされ、例外はあるものの労働者募集時の年齢制限の禁止が義務化されています。

参考:厚生労働省

スキル等の応募条件を課さずに未経験者を正社員として長期勤続する場合(第二新卒者や30代未満の未経験者採用)などではまだ可能ですが、そうではない場合に表向き上は年齢制限していません。

しかし実際には年齢制限があり、受けても採用されないだけです。

転職したい、転職を成功したいと考えているのであれば、そんな企業を受けていてもだめ。年齢に応じた企業選びをしっかり行う必要があります。

何歳まではない、まずは挑戦すること

これまで述べたように転職を成功させる年齢に、何歳までということはありません。

ですから、もし転職したいのであればまずはやってみることです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点

関連:ベンチャー企業に転職することのメリット、デメリット。あなたはベンチャー企業に向いている?

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

スポンサーリンク



このページの先頭へ