モデル年収の実際の年収の差。求人広告の年収例とはかなり差があるので要注意

ハローワークや転職サイトなどで見ることができる求人票には必ず年収や月給が書かれているもの。

転職希望者によってどれくらいの給料を貰うことができるのかというのは、その求人に応募するかどうかを決める上で非常に重要な項目ですから当然です。

ただこの年収ですが、あくまで例として書かれていて実際にどれくらい貰えるのかがわからないことが多いですよね。

そこで今回は求人広告で書かれているモデル年収と、実際に貰える年収の差について紹介していくことにします。

 

おすすめの転職サービス

なかでもリクルートエージェント全年齢層向け・求人の種類も豊富なので、まずはここから登録を始めてみましょう。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け
第二新卒の方におすすめ
・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

求人票のモデル年収例

求人票ではこう書かなくては行けないというものが決まっていません。

それ故に各社様々な書き方をします。

書き方として一般的なのは以下のパターンです。

幅のある例

まず一つ目が300万円から700万円、500万円から1000万円というように幅のある書き方。

年収は年齢、スキルによって大きく変わってくるものであり、求人を出す時点でまだどういう人を採用するかわかっていないのでこういった書き方をする場合が多いです。

年齢別に書かれている例

最近多いのが以下のように年齢別に書かれているパターン。

  • 25歳、3年目、年収400万円
  • 30歳、8年目、年収600万円
  • 35歳、13年目、年収800万円

その場の年収ではなく、どれほど昇給するかがわかる書き方になっています。

歩合給の例

営業等で歩合制を取り入れている会社の場合であれば、以下の書き方をしている場合も多いです。

  • 25歳、3年目、年収600万円(固定給300万円+歩合給300万円)
  • 30歳、8年目、年収800万円(固定給400万円+歩合給400万円)
  • 35歳、13年目、年収1,000万円(固定給500万円+歩合給500万円)

求人によっては歩合給の部分が非常に高く、年収が1,000万円以上となっている求人もたくさんあります。

書かれている年収に含まれているもの

給料には基本給以外にも残業手当、休日出勤手当、役職手当、さらには通勤手当や住宅手当といったものもあります。

求人広告に書かれている年収は、基本的にこれら支給されるもの全てを含んだ額と考えてください。

年収がかなり高くても、実は残業がたくさんあり残業代が多いだけという場合もあるので注意が必要です。

残業時の時給が2,000円だとした場合、月30時間増えれば年間で72万円も年収が増えるわけですから、かなり大きな割合を占めます。

モデル年収と実際の年収の差

ではここからモデル年収と実際の年収の差について紹介していきましょう。

書かれているものより少ない場合が多い

基本的にはモデル年収として書かれている例通りの年収は貰えず、少ない場合がほとんどであると思ってください。

特別なスキルを持っていてどうしても採用したいと思われればそれ以上の金額を提示される場合もありますが、それはごく稀です。

転職希望者にとって年収は会社を選ぶ際に非常に重要なポイントとなり、できるだけ高い年収の会社を選びます。

それ故に求人広告を出す会社は、できるだけ多くの応募者を集める為に可能な範囲で高いと思わせるようにします。

中には嘘の年収例を書く会社が無いわけでもありません。

年収に幅がある場合に実際に貰える年収

年収例が400万円から700万円というように書かれている場合だと、400万円から500万円の低い側になる場合が多いです。

ただ年齢が高くスキルが高い場合だと600万円以上となる場合もあります。

また転職前の会社でどれくらい貰っているかというのも、年収を左右するポイントになる場合があります。

年齢別に年収例が書かれている場合

年齢別に年収が書かれている場合、自分がその年齢だからといってその年収が貰えると思ってはだめ。1~3割程度低くなることが予想されます。

書かれている場合は実際そこで新卒から働いている社員で、特にトップクラスに活躍して同年代でも高い年収を貰っている人が例として記載されている場合が多いので、その会社での実績のない中途社員がその年収を貰えることはほぼありません。

また例えば25歳で転職したら35歳でそのモデル年収通り貰えるとも思わない方が良いでしょう。書かれているのは平均ではありませんからね。

歩合給の場合は特に注意

歩合給が書かれている場合は特に注意が必要です。

記載されている例はトップの成果を上げた人で決して平均ではない場合がほとんどですから。

年収の中で歩合給の割合が高い場合、実際の年収とモデル年収に大きな差、それこそ半分となることだってあるのです。

中には入社してすぐトップクラスの成果を上げることができる人もいるかもしれませんが。

正しい年収を確認する手段

では転職時に正しい年収を確認するのはどうすれば良いでしょうか。

面接時、内定後

求人票を見て応募する場合、応募時点で確実に正しい年収を確認することはできません。

ですので面接時にしっかり確認する必要があります。

基本的には1次面接もしくは2次面接で会社側から条件の話をしてくることになると思いますが、場合によっては内定後となる場合もあります。

また最初は年収を低く提示される場合があるので、交渉することも頭にいれておいてください。

転職エージェントを利用

転職エージェントを利用して転職する場合であれば、面接前に自分だったら年収がどれくらいになるかをある程度確認することができる場合もあります。

企業とエージェントが繋がっている為、年齢、経験からある程度想定できる為です。

また直接確認して最低いくら以上という金額を教えてくれる場合もあります。

さらに転職エージェントは年収交渉も代わりに行ってくれるというメリットがあります。

中々自分ではやりにくいし、上手くもできない人も多いでしょうから一任してしまうのも手です。

最後に

転職活動を成功させる上で必要なのは、淡い期待を抱かずに正しい情報をしっかり確認し納得した上で入社を決めることです。

企業は求人票でできるだけ良く見せているということを認識した上で転職活動に臨むようにしてください。

また転職活動では転職サイト、転職エージェントを有効的に使っていくようにしてください。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに第二新卒・既卒に特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、適正を知ってから転職を進められます。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)