転職するなら若いうちが有利であるという意味の正しさと間違い

転職するなら若いうちにすべきだ、若い方が有利だ。

そんなことを聞いたことがある人は多いと思います。

ただ、これに関しては正しい部分がある一方で、実はそうではない部分もあるので勘違いしてはいけません。

そこで今回は、若いうちに転職することの有利なこととそうではないこと、そして絶対に間違ってはいけない考え方を紹介します。

転職は若い方が有利になることがある

転職を考える際に、ネガティブな理由以外にも、「キャリアアップしたい」というポジティブな理由で転職を志す人も多くいて、キャリアアップの転職をするなら、若いうちに行うことがおすすめです。

なぜなら、キャリアアップの転職は年齢が高い人ほどスキルを求められず、相対的に有利になるためです。

年次が高い場合はマネジメント経験やそれなりの役職も要求されるため、若手と比べて相対的に厳しくなります。

ただし、若手の場合でも最終学歴の高さや保有している資格、前職での経験が求められることが多いためその点は注意が必要です。

若手のうちから転職するのは珍しくない

タイトルにもあるように、新卒で三年以内に転職する人は珍しくありません。

厚生労働省の新規学卒就職者の離職状況によると、高卒では39.5%、大卒では32.8%もの人が三年以内に離職しており、事業主の規模別に離職率を見ると以下のようになります。

新規学卒就職者の離職状況

このことから、25歳までの間で非常に多くの人が、離職を経験していることがわかります。

また、転職についても現在では約4割の人が「ポジティブ」ととらえているようです。

転職サービス「doda」、転職に関する意識調査 20・30代の6割以上が転職を「ポジティブ」と認識

転職について、ポジティブにとらえる人が多くなれば多くなるほど、労働市場の流動性が高くなり、転職しやすくなります。

中途採用はすでに以前より活発化している傾向があるため転職すること自体は珍しくありません。

今後はより、中途採用市場が拡大していくことになるでしょう。

若いうちに転職するメリット

転職において年齢は間違いなく大きな影響を及ぼすものです。

経験、実績、スキルなど中途採用では重要だとされているものが色々とありますが、それよりもずっと重要になる場合だって多々あります。

若いうちに転職するケースとしてどのようなメリットがあるのでしょうか。

求人数が多く、転職がしやすい

若いうちに転職する一つ目の有利な点は、求人数が多く転職がしやすい点にあります。

未経験者採用だと30歳前後で年齢層を絞っている場合が多く、経験者採用であってもターゲット層は若いことが多いです。

スキルが高くて年齢が高い人材と、スキルが低くて年齢が低い人材ではそもそも同じ場で採用枠を争うなんてことはあまりありません。

大抵の場合、どういった人材をあらかじめ採用するかは決めていて、スキルが低くて年齢が低い人材を取りたがる傾向があります。

そのため、若い人材は転職市場で圧倒的に需要が高くなっています。

失敗してもやり直しがきく

若いうちに転職する有利な点のもう一つが、万が一転職に失敗してもやり直しがきくチャンスがあるということです。

転職後すぐに退職してしまった場合、その職歴が転職活動では不利になってしまう要因になりますが、数年勤めれば再度の転職も十分可能となります。

転職はそれなりに成功率が高いものとは言え、失敗するリスクをゼロにはできないものです。

だからこそ、失敗してもやり直しがきくというのは大きなメリットであると言えるでしょう。

様々な環境で適応能力がつく

様々な慣習を持った職場を経験することにより、のちの適応能力を上げることが出来ることも若いうちに転職するメリットの一つです。

様々な環境で適応することによって、年次が高くなった後にどんな環境でもやっていけるようになります。

転職後の苦労が少ない

若いうちに転職すれば苦労が少なくなります。

新しい仕事を覚えるのだって、新しい人間関係を築くのだって、やっぱり若いうちの方がスムーズです。

また周りも若い人にほど優しく、年齢が高くなるにつれて厳しくなるものですね。

若いうちに転職するデメリット

若いうちに転職することはいいことだけでなくもちろん悪いことも多くあります。

ここでは若いうちに転職する場合に、どのようなデメリットがあるのかという点について紹介していきます。

高スキルを求められる仕事には転職できない

デメリットの一つ目は高スキルを求められる仕事に、転職することができないという点です。

いくら優秀でもスキル面、実績面では劣ってしまう為、そういった層をターゲットとしている転職はできません。

高いスキルを持っている人は、ヘッドハンティングされて転職する場合もありますが、ヘッドハンティングされる年齢としても多いのは40代から50代、30代だと少なくなり20代だとかなり少ないです。

こういった転職は年収が大幅アップする場合も多く、年収が500万円以上アップするような人もいますが、若いうちだと上がってもせいぜい100万円程度にとどまってしまいます。

スキルアップが出来ない

別の業界に転職した場合、スキルも全く変わってきます。

そのため、若いうちに転職するとスキルがあまりつかないまま30代に到達してしまう可能性があります。

スキルアップを志す場合、何かしら連続性がある業種に転職することがおすすめです。

安易な転職に走りやすい

若いうちは非現実的な夢を抱いてしまったり、転職がしやすいので安易な転職に走りやすいという点が良くない点の一つとして挙げられます。

もちろん全員がというわけではありません。しっかり考えた末に転職を決断している人もたくさんいます。

ただ傾向として若いということによって勘違いしてしまうことも多いので注意しなくてはなりません。

若いうちに転職する意義ってなに?

転職は若いうちに何かをチャレンジしたくなったときはもちろんですが、ネガティブな理由での転職でも若いうちに転職する意義はあります。

性格が合わない上司とずっと仕事をしていたり、仕事が単調で何も得れるものがないときは、自分のためになりません。

自分にストレスをかけずに仕事をすることは、とても大事なこと。

ただし、転職する際に安易な転職をして失敗しないようにして、衝動的な退職はなるべく避けましょう。

30代になると採用基準が変わる

若いうちは転職がしやすいというのは確かなこと。

ただ若いからという理由で勘違いしてはいけないことがいくつかあります。

転職を繰り返してしまうのは大きなデメリットになる

若いうちには何でも経験するべきだ、失敗してもやり直せるからと転職を繰り返してしまうことは避けなくてはいけないことです。

いくら若いと言えども短期間で転職を繰り返していると、その職歴が今後あなたにとって悪影響を及ぼすことになります。

20代ならば転職は2回まで、30代なら転職は3回までを一つの目安として、転職するならこの会社で長く働くのだという覚悟を持って行わなくてはなりません。

とりあえずこの会社でいいだろう、この仕事でいいだろうという安易な考え方は決して持たないようにしてください。

会社に勤める以上は貢献しなくてはならない

若いうちならば仕事をできないのも仕方がない、できなくても周りが助けてくれるなんて考え方は持ってはいけないし、仕事に理想を抱きすぎることも避けた方が良いです。

会社に勤めて給料を貰う以上はそれなりに貢献しなくてはいけません。若いからと言ってできなくても仕方がないなんてことはないのです。

そしてそれなりに貢献しようと思えば苦労することだってあるし、嫌なことをしなくてはいけないことだってあります。

未経験だから仕方がないと思うのではなく、未経験者なりに最大限できることをしながら極力早く仕事を覚えるように努力をする。そうしなければ何度転職しても良い転職にはならないでしょう。

自分の価値を勘違いしてはいけない

自分は価値を勘違いして、必要以上に高く考えてしまうのは避けましょう。

若いことは転職では武器になりますが、決して価値が高いというわけではなく、これから先自分の価値を高めていくような努力をしなければ若い時の行動に後悔することになってしまうでしょう。

20代の方が転職はしやすい

20代のように若手と言われるような年齢の時はポテンシャル採用をするところも多く、未経験でも転職はしやすいです。

ただ、30代となると経験やスキルレベルが一段上がるので未経験転職はややハードルが上が高くなり、難しくなります。

そういった観点からも若いうちに転職することがおすすめです。

若いうちに転職するなら

若いうちの転職は確かに有利な部分が多く、特に職種を変える場合なら若いうちに転職しておくべきです。

しかし転職する際にはしっかり考えて行い、決して間違った判断をしないよう慎重に進めていきましょう。

そうすればきっと将来、若いうちに転職しておいて良かったと思えることができるはずです。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

doda

対象の年代25歳~34歳
どんな人に向いている?

・特に技術職、営業職を希望の方
・転職エージェントから履歴書の書き方から年収交渉まで、サポートをしっかりと受けたい方
・転職エージェントを利用せずに転職活動を進めたい方
・現在の年収が300万円を超えている方

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。