2回目の転職が不利になる場合は?20代だとまずい?

転職回数が多くなるにつれて、転職の難易度は増してくるというイメージを持っている人は多いでしょう。

まあこれに関してはまぎれもない事実。

転職回数の多さは、企業側に「すぐに辞める可能性が高い」「一つの仕事を続けていないのでスキルが不足している」といった懸念を抱かれてしまう要因となり、書類選考すら通らなくなってしまう可能性もあります。

とは言えやっぱり2回目の転職に踏み切りたいという時もありますよね。

特に、勤めている会社がブラック企業であった場合はそのまま続けることなんてできません

そこで今回紹介するのは2回目の転職について。どういった場合に不利になる可能性があるのか紹介していきます。

関連記事

 

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

2回目の転職は必ずしも不利になるとは限らない

2回目の転職は必ずしも不利になるとは限らない

「2回も転職するなんてどうなんだろう」「転職先は見つかるんだろうか」そんな不安を抱いてしまっている人は多いと思います。

新卒で入社した会社を辞め、転職した会社をまた辞めたとなれば、企業側に与える心象は悪くなってしまいそうですからね。

ただ、実際のところは2回くらいならそこまで不利にはならない場合が多いようです。

1度も転職したことがない人に比べればすぐ辞めるかもしれないなどの懸念は高くなるものの、転職内容によっては幅広い経験をしてきたという面が評価される場合もあり、むしろ有利に働くなんてこともあるくらいです

2回目の転職が不利になってしまう場合

2回目の転職が不利になってしまう場合

しかしながら、人によっては2回目の転職が不利になってしまう場合があります。

転職回数が多い人を企業が避ける理由としては、

  • すぐ辞めてしまう、仕事が続かない
  • ストレス耐性が低い
  • コミュニケーションに問題がある
  • 年齢相応のスキルが身についていない

といったリスクがあるためです。

2回目の転職でもそれを色濃く匂わせてしまった場合、不利にはたらく原因となる可能性が高いです。

直前の会社の在籍期間が短い

まず不利になってしまう一つ目の要因として挙げられるのは、直前の会社の在籍期間が短いという点です。

会社が採用した際に最も避けたいのが、転職後すぐに辞められてしまうことです。

企業が人を一人採用するのにもかなりのお金がかかります。

新たに雇った人材にある程度の期間働いてもらわなければ、会社にとってその採用は赤字でしかなくなってしまいます。

直近で1年以内に退職してしまった場合はそのリスクが高まる為、企業も採用することに対して後ろ向きになってしまう可能性が高いと考えてください。

キャリアに一貫性がない、職歴がバラバラ

キャリアに一貫性がない場合も転職時に不利になる傾向が高くなります。

過去の仕事に全くつながりがないと、スキルが身についていない、気変わりする可能性が高いからすぐ辞めるかもしれないと思われてしまう為です

新卒で入社した会社から1回目の転職で職種も業種も全く違う会社に転職し、さらに今回全く違う会社に転職するとなれば、面接官に与える印象は悪くなってしまうでしょう。

ただ、職種未経験だとしても同業種内の仕事で近い仕事をしてきた経験があったり、他業種でも同じ職種の仕事でキャリアを積んでいこうという意図があると思われれば高評価に繋がります

20代前半、第二新卒として転職の場合

20代前半で第二新卒として転職する場合は特に注意が必要です。

社会人になってから間もないのに短期間で2回も転職するということは、3回目となる今回もそうなってしまうのではないだろうかと当然思われてしまいます。

1回目ならばたまたまブラック企業にはいってしまったとかもありますが、2回連続ともなれば本人に何かしらの問題があると思われても仕方ありません

退職理由をしっかり話すことができない

もし直前の会社で3年以上働いていて、それまでの職歴も一貫性が見てとれる場合はあまり心配する必要はありません。

ただその場合でも、退職理由に関してしっかり話すことができなければだめ。

2回目の転職である以上、すぐ辞めるかもしれないというリスクはこれまで一度も辞めた経験がない人に比べれば高いわけですから、相手の納得できる退職理由を話せる準備をしておかなくてはなりません

20代前半、在籍期間が短い状態で転職を成功させるには?

20代前半、在籍期間が短い状態で転職を成功させるには?

このように、2回目の転職はそこまで心配する必要はないものの、人によっては不利になってしまう場合もあります

では20代前半であったり、在職期間が短いような場合はどうすればいいのでしょう。転職は諦めたほうがいいのでしょうか。

いいえそんなことはありません。

もちろん人によってはもう少しその会社で続けたほうが良いという場合がありますが、不利になることがあっても2回目の転職にさっさと踏み切ったほうが良い状況も沢山もあります。

不利になる原因は先ほど述べた通りですが、転職活動時のやり方次第では企業側にリスクがある人材だとは思わせないことも十分可能です。

これまでのキャリアに対して自分なりの一貫性を持ちキャリアプランについてもしっかり考えていることをアピールすることで簡単に転職を決めているわけではないということを納得させることが重要になります。

相手の心配事を解消するアピールができれば、決して不利な要素を持っていたとしても採用につながる可能性は十分にあるでしょう。

どうアピールしていけばいいのかわからない人は、転職エージェントからのアドバイスも貰いながらしっかり考えることをおすすめします。

転職エージェントを利用して客観的なアドバイスとサポートを受けよう

転職エージェントを利用して客観的なアドバイスとサポートを受けよう

転職回数が多かったり会社の在籍期間が短いと不安に感じることもあるでしょう。

そのような時は、転職エージェントを利用して第三者からの客観的なアドバイスやサポートを受けることをおすすめします。

転職エージェントでは提出書類の添削や面接の練習などもしてくれるため、自分のアピールポイントをどのように伝えたら良いのか分析がしやすく、面接の通過率を上げることができます

さらには、給与の交渉も行ってくれるので自身の希望する条件の下働ける可能性も高まります

これだけのサポートがありながら、登録&利用に料金はかからないのでぜひ利用してみることをおすすめします。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)