ブラック企業に転職してしまった!その時どうすればいい?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

ブラック企業に転職してしまった!その時どうすればいい?

誰だって、ブラック企業でなんか働きたくないもの。

しかしながら、せっかく転職したのに、その会社がブラック企業だったなんてこともあります。

ただ、入社してしまったのは仕方ありません。

そんな時、どうすればいいのでしょうか?

関連:ブラック企業の見分け方、企業選びの時に絶対確認!

関連:ブラック上司の実態、会社がホワイトでも上司がブラックだと意味なし

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

ブラック企業に転職してしまう原因

まずは、なぜわざわざ転職活動したのに、ブラック企業に入社してしまうようなことが起こってしまうのか、その原因を考えてみましょう。

転職活動時の調査不足

ブラック企業に転職してしまう主な原因が転職活動時の調査不足の為です。

求人広告だけでは、その会社がブラック企業なのか優良企業なのかは見抜くことができません。

インターネットを使って色々調べたり、実際に会社に足を運んでみたりと、できだけその会社について調べなければいけません。

いくら調べてもわからない場合もありますが、それは少数であり、かなりの確率で入社前に気づくことができるはずです。

焦って転職先を決めてしまった

ブラック企業に転職してしまったという人の話を聞くと、早く転職したくて、転職活動を焦って行っていたという人が多いです。

早く今の会社を辞めたいから、会社を辞めてしまって貯金が少なくなってきたらかなどの理由から、とにかく早く転職先を見つけたいという人は少なくないでしょう。

そして、焦って転職活動を進めた結果、会社についてよく調べもせずにとにかくたくさんの企業に応募し、とりあえず希望の業界から内定を貰えたから、希望の職種で内定を貰えたからと転職する会社を決めてしまう。

これでは、転職先の会社がブラック企業であっても仕方ありません。

給料に騙された

求人広告を見ていると、月収○○円以上!なんていう風に魅力的に感じる金額が書いていることも多々ありますよね。

ブラック企業では、当然貰えることはできませんが。

ブラック企業は、離職率も高く、とにかく人が欲しいので、求人広告では魅力的な条件をだします。

それが嘘だとしても、元々嘘をつくことに対して抵抗感もない為、平然と嘘を書いて人を採用しようとします。

そういう求人広告の嘘にだまされてしまい、ブラック企業に入社してしまったという人も少なくありません。

仕事内容にばかり目がいってしまった

今の仕事はやりがいがない。もっと自分がやりたいと思える仕事に就きたい。

このように、仕事内容を重視して転職する場合は注意が必要です。

仕事内容ばかりに目がいってしまい、そもそもその会社がまともに働くことができる会社なのかということに盲目的になりがちです。

雇用条件を書面で確認していない

ブラック企業でよくあるのが、面接で聞いていた条件が、実際に入社してみると違ったという問題です。

会社にも問題はありますが、労働者側として内定時にしっかり書面で確認しておくというのも必要です。

会社によっては、書面でだすのを渋る場合もあります。

ただ、書面でだすのを渋る時点でそんな会社は怪しいことに気づくことができます。

ブラック企業に転職してしまったら?

原因がなんであれ、転職してしまったものは仕方ありません。

問題はこれからどうするかですよね。

すぐ辞めても大丈夫なのか、働き続けることはできるのだろうかと、大きな不安を抱えている人も少なくないでしょう。

本当にブラック企業?

ブラック企業に入社してしまったという時に、まず冷静に確認したいのた本当にブラック企業であるかという点です。

以前の会社が優良企業だと、何かがちょっと悪化しただけでブラック企業だと思い込んでしまう場合があります。

毎日何時間もサービス残業があったり、条件が入社前に聞いていたものと違うといった場合であれば、ブラック企業だと考えていいですが、

上司が多少厳しかったり、仕事量が多いといっただけでブラック企業だと決めつけてしまうのは早いです。

すぐ会社を辞めることの問題点

転職の場合、入社した会社をすぐ辞めてしまうというのはそれなりのリスクを背負うことになります。

短期間ですぐに辞めたという経歴は、次の転職活動においてマイナス要素と働いてしまいます。

入社して見たらブラック企業だったというのは、転職時には言い訳になりません。

そういう会社に入社してしまった自分の責任だと見られてしまいます。

新卒で入社した会社であれば、まだ社会人として働いた経験がない中で会社選びを行っているということで、企業も大めに見てくれますが、転職時はそうはいきません。

できることなら1年以上、少なくとも半年から1年程度の期間は働いておきたいというのがあります。

できることなら会社に行きながら転職活動を

転職して間もないうちに転職するのは、転職活動においてマイナスポイントになってしまいます。

だからといって、全然転職できないというわけでは決してありませんから、無理に1年間働く必要があるかというとそういうわけではありません。

ブラック企業に入社した時点で、すぐに転職活動は始めましょう。

働きながらであれば、リスクなく転職活動を進めることができます。

限界までは頑張りすぎない

できることなら、会社に行きながら転職活動を進めるか、ある程度の期間は働いてから転職活動をするほうが良いです。

しかし、もしブラック企業で働き続けることで、体を壊してしまうのであれば、限界まで頑張りすぎるのはいけません。

もし、精神的、肉体的に無理だなと感じたら、たとえ転職活動で不利になるとしても、できるだけ早く辞めましょう。

中には、ブラック企業で頑張りすぎた結果、うつ病になってしまう人もたくさんいるのです。

そこまで自分を追い込んで働き続けてはいけません。

できれば働きながら転職活動、無理なら辞める

話をまとめると、もし転職先がブラック企業だった場合、短期離職のリスクを抑える為にできれば働きながら転職活動を行うことを考え、もし働き続けることが不可能と判断した場合にはすぐ辞めて転職活動を進めるようにしましょう。

ブラック企業を避けるには?

ブラック企業への転職を避ける為に、まず行うことが転職サイトや転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

無料で掲載できるハローワークはブラック企業が掲載している可能性が高いと言われており、一方転職サイトや転職エージェントは有料の為、ブラック企業が少ないと言われています。

ブラック企業は次から次へと人が辞めるので、優良の転職サイトに掲載してしまうと、採用にお金ばかりかかってしまう為です。

転職サイトでは、簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいです。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職にまつわる失敗談。これから転職しようと思っている人は要チェック!

関連:パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?

関連:ブラック企業の定義や特徴、あなたの会社は大丈夫?



このページの先頭へ