転職後に活躍できる人、活躍できない人の特徴。転職後もうまく過ごす為にはどうすればいい?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職後に活躍できる人、活躍できない人の特徴。転職後もうまく過ごす為にはどうすればいい?

転職はどうなれば成功だと言えると考えていますか?

給料がアップできれば、休日数や労働時間が満足できるものであれば、やりたい仕事に就くことができれば。

そんな風に考えている人も多いかもしれません。

もちろん給料や労働条件、労働環境、仕事内容は大切。希望通りの会社に転職できるかは成功のカギを握っていると言えるでしょう。

ただもし希望通りの会社から内定を貰い転職することができればそれだけで成功だと言えるかというと、そうとは限りません。

給料も良く、休日も充実、仕事内容も希望通りの会社に入社できたにも関わらず、仕事が上手くできず、それ故に職場にも人間関係も馴染めず転職前よりもさらに余計に辛い思いをする人も決して少なくないのです。

関連:転職に失敗したが出戻りを成功させた人はどんな人?無理なら潔く諦めることも大切

関連:転職活動で焦る原因と焦らないで進める方法。焦りは失敗に繋がるので要注意

転職後に仕事がうまく行かず再転職を検討する人も少なくない

転職活動が上手くいき、念願だった会社へ入社。給料もアップしたし休みも増えた。

普通ならその転職は成功だったはず。

ただ数か月後になると、転職しなければ良かったと思う人もいれば、それどころか転職間もないにも関わらず、条件面のダウン覚悟で再転職を検討する人、そして本当に再度転職してしまう人もいます。

その原因は転職後に仕事が上手く行かなくなった為。

期待されているような活躍ができず、それが原因で職場に馴染めず、人間関係は上手くいかない。そして当然会社にいるのは辛くなり、辞めたいと思うようになってしまうのです。

転職後に活躍できるかどうかは自分次第

ではどうすれば転職後も活躍し、心から転職して良かった、転職が成功だったと言えるのでしょうか。

それは自分の行動次第。

もちろん周囲の影響がゼロというわけではありません。中途採用者に対して冷たい態度をとる人もいます。

ただそういった態度は自分の人への接し方、仕事への向き合い方によって解消することができるものであり、全ては周り次第というのは間違いです。

いかに活躍し、いかに職場に馴染んでいくか、それはほとんどの場合自分でコントロールできることなのです。

転職後に活躍できる人の特徴

では転職後に活躍できる人はどういった人でしょうか、その特徴をいくつか紹介します。

謙虚な態度で学ぼうとする意思がある

中途採用でその職種への経験があったとしても、年齢が高かったとしても謙虚な態度で周囲の人に色々教えて貰う意思を持っていることがまず一つ。

謙虚だからこそ好感を持たれ、それが良い人間関係に繋がり、仕事を教えて貰う機会が増えるしいざという時にサポートをして貰えるようになります。

スピード感がある

いくら職種での経験があっても転職直後は仕事のやり方が違っていて、これまで通りとはいきません。

ただ中途採用である以上、新卒時よりそれなりに高い年収を貰い、上司もそれなりの成果を出してくれることを期待しています。

だからこそできるだけ早く仕事で成果をだそうとするスピード感を持っていることが必要。

できるだけ早く仕事で成果を出し、期待に応え信頼関係を築くことがその先も活躍していく上で必須であると言えるでしょう。

自分を合わせようとする

会社が変わると社風はもちろん仕事上のルールは大きく変わるもの。

その中には無駄だと思うこと、やりにくいと感じることも多いでしょう。

ただ最初はそれを受け入れ、自分を合わせていかなくてはなりません。

意見を言ったり改善に取り組むのはその職場で信頼関係を築いてから。それができないうちにあれこれ意見を言うと周りに腹を立てられ嫌われる原因となってしまいます。

仕事のやり方、進め方も合わせなくてはだめ。最終的な結果は同じだとしても上司から見ると進捗がはっきり見えず信頼感を失う原因になります。

正直になり人を頼ることができる

中途採用として入社すれば仕事のやり方だけではなく様々なことで困ることは多いもの。

そんな時に変に格好をつけず、わからないものはわからない、困っていることは困っていると伝え、人を頼ることも大切。

上司、先輩、時には自分より年齢が低い人に対しても頼れるかどうかはその後の活躍に影響します。

転職後に活躍できない人の特徴

次に転職後に活躍できない人の特徴。

これらに当てはまら異様に気を付けなくてはなりません。

プライドが高い、態度が大きい

仕事の経験に自信があるから。年齢が高いから。そんな理由でプライドが高かったり態度が大きい中途採用者も少なくありませんが、そんな人はたいてい嫌われてしまいます。

それも当然。

本当に仕事ができるかもわからない人が入社してきて、いきなり大きな態度を取ったり偉そうな態度をとったりすれば、嫌な気分になるし助けてあげようなんて思うわけがありません。

しかし30代、40代と年齢が多い人にこういった人が多い傾向にあります。

最初はできなくても仕方ないと思っている

仕事の進め方もやり方も全然違うから、入社して間もないからという理由は中途採用者である以上許されません。

そんな甘い考え方を持っていてはだめ。

すぐにやる気がない、仕事ができない、使えないとすぐに信頼感を失ってしまうことになります。

最初に信頼を失ってしまうと、そこから盛り返すのはかなりの苦労。気を付けなくてはいけません。

前の方が良かったと悪い部分ばかりに目を向ける

会社が変わると良くなる部分もありますが、それに対して悪くなる部分もあります。

全てが自分の理想としている所に近づくなんてことはほとんどありません。

そんな中で悪くなった部分にばかり目を向けてしまうというのは活躍できない人にある特徴の一つ。

これは前の会社の方が良かった、あれは前の会社の方がやりやすかったなんてことばかり考えていればモチベーションも上がりませんからね。

自分を合わせようとしない

仕事のやり方や社風に自分を合わそうとせず最初から自分を貫き続け活躍することができるのはほんの一握りの人。

会社という組織で働く以上、最初は周囲に合わせて人間関係を築かなくては、本来の実力を発揮できないまま終わってしまいます。

まずは全体像を把握しながら信頼関係を築いていくこと。

最初から自分本位な意見を主張したり、人の間違いを指摘するようなことは避けるのが賢明です。

一人で抱え込んでしまう

新卒者と違って中途採用者はある程度わかっているという前提で話は進んでいきます。

あなたが何がわからないのか、何に困っているのかというのはあなたが言わなければ誰もわからず、わからないからこそ教えても助けてもくれないもの。

そんな中で一人で抱え込み仕事を続けてしまうと、大切なことがわからないまま時間がたちさらに教えて貰う機会は失ってしまいます。

もちろんなんでもかんでも人を頼ることはだめですが、時には人を頼り一人で抱え込まないことが中途採用者には大切です。

大切なのは入社直後、周りを味方につけるか敵にするかはあなた次第

中途採用者と言えども、これから同じ目的を持って同じ仕事をしていく人に対して敵とみていたり失敗を期待しているような人は基本的にいません(一部そういう人もいないわけではありませんが)。

活躍できる舞台は整っているのです。

そこからさらに周囲を味方につけ、仕事をスムーズに覚え活躍していくことができるかどうかはあなた次第。

ぜひ本当の転職の成功を掴む為に転職後のことも頭にいれながら転職活動を進めていきましょう。

転職に向けて

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ