「勢い任せに仕事を辞めてはいけない、絶対に後悔する。」

そう頭では分かっていても、嫌なことや辛いこと、思い通りにいかないことが積み重なって、「とにかく今の環境から抜け出したい!」の一心で退職に踏み切ってしまう人は少なくありません。

中には、勢いで退職したことを後悔している方もいるでしょうが、退職する前のことを後悔しても仕方ないですよね。

今回は、勢いで会社を退職して後悔している方が、少しでも今の状況や感情を改善するためにすべきことを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

関連:転職で後悔した人の事例とそれに対する原因と対策。後悔しない為に大切なのは準備と心構え

関連:前の会社に戻りたい?出戻りできる可能性や、出戻り後の現実

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

その理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者が企業に内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

退職は勢いでするべきではないが、してしまったものは仕方がない

「会社で嫌なことがあって勢いで退職したものの、失敗だったかも…。これからどうしたらいいんだろう。」

そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

いざ辞めてみたら、自分が高望みしすぎていたことを自覚したり、他社よりも良い環境だったことに気がついたりして、辞めなきゃよかったと後悔する…なんていうのはよくある話です。

しかし、辞めてしまったあとで後悔してもあとの祭り。もう戻ることなんてできないませんからね。

まずすべきなのは、すでに退職してしまった事実を受け止めること。そして今すべきことを一つ一つきちんとこなしていくことです。

それができれば大丈夫ですので、勢いで辞めてしまった自分を責めすぎないでください。

勢いで退職した自分を責める必要はない

そもそもその退職を決意したのは、よほど納得できないことや解決できない悩みがあったからではないでしょうか。

そうであれば、あなたの行動は正解です。

きっとこれまでに、同じような状況に何度も耐えてきたはず。これは明らかに、改善できなかった会社の責任ですので、自分を責めすぎなくて良いのです。

嫌な職場に居続けるメリットはない

世の中に会社なんて星の数ほどあります。ですので、我慢してまで現状維持を選択する必要はないのです。

むしろ、同じ職場で働き続ける方がデメリットは多いかもしれません。

辛い環境で頑張り続けて、心や身体を壊したらどうしようもありませんからね。 「嫌なことも耐えるのが社会人」と言う人もいますが、これは単に辞める度胸がないだけだと思います。

転職を決めるなら、絶対に早い方が良いです。そのため、今回スパッと決断できたことはプラスに捉えましょう。

ブランクがあってもそこまで問題なし

世間では「ブランクがあるなら、きちんと理由を説明できるようにしておけ!」といった風潮があります。

もちろん理由を説明できるに越したことはないでしょうが、ブランクの理由なんて用意するほうが難しいですよね。そこで嘘をついて、その嘘がバレてしまっても本末転倒です。

そもそも、大抵の企業は長い人生の中のたった数ヶ月のブランクをそこまで気にしません。

仮に、あなたが採用担当だったとしましょう。

目の前に 「やる気は十分 でコミュニケーション能力が高い 。第一印象も良い 。」という人材がいます。

さて、ブランクが数ヶ月あっただけで不採用にするでしょうか?

一般の中小企業は基本的に人手不足です。面接の印象が良さそうな人材であれば、ブランク期間はほとんど関係ありませんので安心してください。

勢いで退職をして出戻りすることは可能なのか

とはいえ、中には「一度退職してしまったけれど、もう一度元の会社に戻りたい。」という方もいるでしょう。これといった理由もなく退職してしまった場合に、よくある話です。

結論からいうと、勢いで退職した会社に出戻りすることも不可能ではありません。

出戻り転職は比較的よくあることだが、退職理由次第の部分が大きい

エン・ジャパンが実施したアンケートによると、一度退職をして戻ってきた社員がいると答えたのは全体の72%です。このデータから、比較的多いことがわかりますね。

ちなみに、日本全体としてもこのような「退職者再雇用制度」を導入している企業は多いです。

とはいえ、育児や介護、配偶者の転勤など止むを得ない事情や、転職・留学などのキャリアアップ目的で一旦会社を辞職した社員から再度入社を求められた際に受け入れる制度ですので、退職理由次第といったところではあります。

出戻り転職が受け入れられるおもな理由

エン・ジャパンのアンケートによると、企業が出戻り社員を受け入れた理由は、多いものから順に以下のようになっています。

・即戦力を求めていたから(72%)
・人となりが分かっているため安心だから(68%)
・本人に強い復帰の意思があったから(39%)
・中途採用が難しいから(23%)
・採用・教育コストを抑えたかったから(18%)

上記のデータから、出戻り転職を成功させるためには、「在籍中に人間関係を良好に保てていたか」「一定の実績を残していたか」、そして何より「円満退職だったか」が求められると考えられます。

少しでも心配な要素がある方は、他の会社への転職をきちんと検討することをおすすめします。

20代と30代では勢いで退職した時の厳しさが違うのは事実

少し耳の痛い話かもしれませんが、20代と30代では勢いで退職した時の厳しさが違うのは事実です。

転職するならば早めの方がいい、とよく言われていますが、20代前半と20代後半、30代ではこのような違いがあります。

20代の転職事情

20代、特に「第二新卒」と呼ばれる大学卒業後3年以内の人材に対しては、採用する企業側も即戦力であることをそこまで重視していません。

この世代には柔軟性があり、さまざまなことに適応して育っていくことが期待されているので、俗にいう「ポテンシャル採用」が行われています。

ですので、20代半ばまでの転職活動においては、新しい仕事への熱意や意欲、誠実さをアピールすることが大切なのです。

ただし新卒ではないので、社会人としての一般常識やビジネスマナーがきちんと身に付いていることは必須になっています。

一方で、20代後半になると、期待されることが少し変わってきます。

企業側は、この世代に対して「新卒で入社した企業で仕事に対する基礎を身に着け、なおかつさらなる成長を期待できる」と考えていますので、即戦力として働いてくれるかを見定めている節があります。

そのため、転職活動の際は、これまでの職務経験を通じて身につけたスキルや、それを転職先でどのように生かしたいかといった自分なりのビジョンを伝えることが必要となってくるでしょう。

30代の転職事情

 30代以降の人が転職する場合は、20代とは異なり「即戦力」となる人材が求められます。

これまでに培ってきた職務経験やスキルを生かし、いかに企業に貢献できる人材であるかどうかが注目されるのです。そのため、20代よりも採用のハードルがどうしても高くなってしまいます。

基本的に、30代前半にはプレイヤーとしての活躍を期待されることが多いですが、20代の若手層が多い企業では、周りを引っ張っていけるようなベテランプレイヤーとしての活躍が期待される場合もあります。

そこでポイントとなるのが、コミュニケーション能力やプレゼン能力といったビジネススキルです。

これまでに培ってきた専門的なスキルに加え、マネージャーとしての資質や熱意なども伝えられるようなアピールができると良いでしょう。

30代後半になると、管理職候補の募集であることが増えてきます。

そのため、プレイヤー時代に培った専門的なスキルやビジネススキルに加え、マネジメントの経験や実績が求められることがほとんどです。

もしプロジェクトリーダーやマネージャーなどの役職に就いた経験がない場合は、チームのリーダー的な役割を担った経験や後輩の指導経験などを基に、マネジメントに対する意欲とともにアピールしてみましょう。

後悔する気持ちを少しでも減らすために

「転職なんてするんじゃなかった…」と後悔している方もいるかもしれませんが、過ぎたことは仕方ありません。前向きにいきましょう。

…とはいえ、そう簡単に気持ちを切り替えられる人は少ないですよね。

そんな時、無理に後悔している気持ちをなくそうとする必要はありません。

「今の状況を客観的に捉え、今後のことについて考える。」それが1番大切なのです。

まずは、以下の4つを実践してみてください。

何に後悔しているのかはっきりさせる

まず、何に後悔しているのかはっきりさせましょう。

漠然と後悔の念を抱くのではなく、何を失ってしまい後悔しているのか、退職しなければ何が良かったのかということを一つ一つ考えてみてください。

待遇は良かったのにそれを失ってしまったのが辛い、人間関係が良好だったのにまた一から築きあげなくてはならなくなったのが辛いなど、自分は何に対して後悔しているのかをハッキリさせることで、次の転職先に求めるものが見えてきます。

良かった部分も改めて振り返る

後悔している気持ちが整理できたのなら、次にするべきは退職して良かった部分を考えることです。

残業が多い環境から解放された、嫌な上司と顔を合わせる必要がなくなったなど、退職によって得たものもきっとあるはずです。

今振り返ればたいした理由ではないと思ってしまいがちですが、その当時、そのことで自分がどれだけストレスを感じていたのか、どれだけしんどいという気持ちの中で働いていたのかを振り返ってみましょう。

長い目でみる

退職した直後というのは、その瞬間だけで物事を考えてしまいがちです。

そのため、長い目でみたら悪い決断ではないのに、その瞬間だけを捉えて後悔している場合が多いのです。

例えば、既に出来上がった人間関係とこれからまた一から築き上げていく人間関係であれば前者の方が良いと感じるのは当たり前です。

待遇だって一時的に落ちたとしても、今回の退職によってキャリアアップして10年後には退職前の会社にいるより収入は増える場合だって多くあります。

もちろんそうなるためには自分の努力も必要です。しかし、努力は自分でコントロールできる部分ですので、もう取返しがつかないものを失ったと考えるのは少し早すぎると思います。

目的を持って転職活動をする

何に後悔したのかとはっきりさせ、退職して良かったことを大切にし、長い目で今後について考えた上で、目的を持って転職活動をする。

最終的にはこれしかありません。

何もかもを今すぐ手に入れようとせず、徐々に取り返していきながら数年後に「退職して良かった」と思えるような環境をつく。

そのためにも、目的をもって転職活動を進めていってください。

後悔したことは必ず次に生きるし、取り返すチャンスはある

できることなら後悔の念なんて感じずに、心から退職して良かった、転職して良かったと思えるのがベストでしょう。

しかし、後悔の気持ちは決して無駄にはなりません。

勢いで転職してしまった後悔から目の前のことしか考えずに転職するのではなく、自分なりに今後どうしていくのかということをしっかり考えた上で進路を決められれば、きっと数年後には「あの時退職して良かった」と思えるはずです。

特に今は売り手市場で転職がしやすい時期です。

選択肢も多く、きっと良い転職先を見つけることができると思いますので、今から先を見据えて動き出しましょう。

その理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者が企業に内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)