公務員に転職して失敗した人は意外に多い。後悔しない為にもよく考えておこう。

転職先の選択肢として、民間の企業ではなく公務員への転職を考える人も少なくありません。

公務員試験を受けることができる20代に限らず、30代以降の人でも経験者枠として転職することができる為、人気のある職業となっています。

公務員試験に受かる為にはそれなりに勉強しなくてはならず、努力する必要がありますが、その努力が実って公務員への転職が実現した人の中には、また民間企業に戻ってしまう人がいるのも事実です。

関連:第二新卒で公務員への転職する方法や公務員のメリットやデメリット

公務員への転職が失敗と感じてしまう人は意外に多い

公務員への転職が失敗と感じてしまう人は意外に多い

公務員というと安定しているし、中小企業に比べればボーナスも多いし年収も高い。福利厚生面も充実しています。

普通に考えれば非常に魅力的な仕事であると言えるでしょう。

しかしながら、そんな公務員であっても、想像と違ったり、仕事自体がつまらなかったり、思ったほど給料が高くなかったりと、様々なことが原因で公務員に転職したことを後悔してしまう人もいます。

もちろん公務員は人によってはいい仕事かもしれません。メリットが多数あるのは事実です。

しかし、民間企業のほうが全然良いという人も一定数います。

その為、公務員への転職はよく考えて行う必要があります。

公務員への転職が失敗に終わってしまう人の特徴

公務員への転職が失敗に終わってしまう人の特徴

では、公務員への転職が失敗に終わってしまうという人はどういう人でしょうか。

公務員に対して勝手なイメージをつくりあげてしまっている

あなたは公務員と聞いてどういったイメージを抱きますか?

雇用が安定していて給料は高く、仕事が楽といったイメージを持っていませんか?

しかし、実際にあってるのは雇用の安定ぐらいで、他はあまりあっていません。

公務員の職種によっては、給料が魅力的に感じるほど高いものではなく、むしろ低いくらいです。

仕事も楽とは言えず、民間企業と同様に人間関係で苦労することが多々あります。

勝手に良いイメージばかりを膨らませて公務員に転職した人にとって、そのギャップはかなり大きいものです。

安定性や給料しか見ていない

まあそれでも安定はしているし、中小企業に比べれば若干給料は良いほうかもしれません。

それでも、仕事がつまらないと後悔する人は多いです。

やはり、民間企業とは仕事内容が違います。もちろん、公務員の仕事が楽しいと思える人であればいいのですが、民間企業のやり方があっている人では、仕事が合わないと感じる人も多いようです。

単に安定性や給料だけではなく、しっかり仕事内容が自分にあっているかを考えなくてはいけません。

名前の良さで選んでしまっている

大企業を辞めて公務員に転職する人の中には、公務員という名前の良さから転職を決める人も実は多いです。

せっかく入社できた大企業を捨てて中小企業に行くことがプライド的に許せず、公務員を選んでしまうのです。

ただ、実際に仕事をする時に名前の良さなんて意味があるものではなく、周囲に少しちやほやされるくらいです。

ですから、そんなどうでもいいことよりも、もっと大切なことを見て転職を決めなくてはなりません。

残業が少ないと思っている

公務員と聞くと、ほぼ毎日定時で帰宅できて残業や土日出勤も少ないイメージがあるでしょう。

しかし、公務員と言っても職種次第ではサービス残業が当たり前で、深夜まで仕事が続くときがあります。

教師だと、土日でも部活動で学校に行かなければならないなど、意外にサービス残業が多いのが公務員なのです。

その事実を知らずに転職すると、「残業が多くて辛い」などと感じて辞めたくなってしまいます。

公務員に転職するリスク

公務員に転職するリスク

続いては、公務員に転職するリスクをご紹介します。

職種によっては非常に激務となる

1つ目にご紹介する公務員に転職するリスクは、職種によっては非常に激務となることです。

例えば、教員の場合なら土日も部活動に時間を費やすため、プライベートな時間が確保しにくいでしょう。

また、消防士や警察官は上下関係が非常に厳しく、精神的なストレスが大きいケースが多いのです。

公務員と聞くと定時で帰宅できて、面倒な人間関係もなさそうですが、実際はそうでもありません。

モチベーションの維持が難しい

2つ目にご紹介する公務員に転職するリスクは、モチベーションの維持が難しいことです。

公務員はルーティンワークをこなすのがメインのため、日々同じ作業の繰り返しになります。

もちろん、同じ作業が苦にならない方なら問題ないでしょう。

しかし、ルーティンワークに対して「退屈」「刺激が少ない」と感じる方にとっては辛い環境です。

民間企業であれば、売り上げ目標などを掲げながら仕事に取り組むので、やりがいを感じながら日々働けます。

再び民間企業に転職する際に評価されにくい

3つ目にご紹介する公務員に転職するリスクは、再び民間企業に転職する際に評価されにくいことです。

公務員と民間企業では業務レベルが異なると考えている人が一定数います。

そのような考えを持っている方が面接官にいると、公務員での経験値を低く評価されて、なかなか転職が上手くいかない可能性があります。

まずは民間企業で実現できないか考えてみる

まずは民間企業で実現できないか考えてみる

もし、あなたが何かに悩んで転職を考えているなら、公務員ではなく民間企業に転職して悩みが解決できないか考えてみるべきです。

なぜなら、公務員に転職すると再び民間企業に転職する難易度が上がるからです。

民間企業への転職を難しく考えすぎている人も多いですが、民間企業から民間企業への転職の方が容易なのは間違いありません。

実際、転職エージェントなどを使えば成功は難しくありませんし、希望通りの会社に入社して不満を解消できた人のほうが圧倒的に多いのも事実です。

また、転職エージェントを利用すれば、求人を探すだけではなく以下のような使い方ができます。

  • 自分の強みや市場価値の診断ができる
  • スカウトサービスで好条件の非公開求人からオファーを貰える
  • 企業によっては書類選考や1次面接が免除になる

転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助や面接の練習といったものを実施してくれたりします。

何より、自分に合った仕事や自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能なので、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)