商社の仕事が激務過ぎて辞めたい。商社からの転職で気を付けるべき点とは

新卒で就職した会社、職種が必ずしも自分に会うものだとは限りません。

就職活動時点でいくら自己分析、業界研究、企業研究をしても、そもそも一度も社会人として働いたことがないのですから、実際に働いてみて感じることとギャップは感じるものです。

それはいくら優良企業である会社に入社することができた人でも一緒のことであり、就職での難易度が高い人気企業を辞めてしまう人も一定数います。

今回は就職市場においても非常に人気の高い商社からの転職について紹介していきます。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

人気のある商社業界でも辞める人はいる

商社と言えば就職活動において非常に人気のある業界であり、特に大手総合商社はほぼ難関大学からしか行けない、超難関企業です。

総合商社であれば30台前半で年収1000万円を超えるし、業界全体としても他の業界に比べれば高い傾向にあります。さらにやりがいも強く感じることができる仕事であるというのも実際に働いている人からよく聞きます。

ただ、商社にはそんな魅力がある一方で非常に激務というデメリットがあります。

長時間勤務は当然で付き合いの飲み会も多い、大きいお金を扱う分責任も重く精神的プレッシャーが大きい。出張等も多く家に帰れないことも多いなど、決して仕事が楽だとは言えません。総合商社に至っては激務度ランキングで1位になっているくらいです。

そんな商社であっても、仕事のきつさに見合うだけの給料をもらえるから頑張れる、やりがいを非常に感じるから多少激務でも仕事は楽しくできているなんて人は商社に向いているので問題ないでしょう。

ただ、そんな働き方に向いていない人も確実にいます。そして実際に多くの人が商社業界を辞め、他業種に転職しています。

自分に合わないなら辞めたいと思うのも仕方ない

商社の働き方は自分に合わない、商社の仕事は自分に向いていないというのは甘えではなく、個人の性格や希望によるものです。

確かに就職活動をしていた時点で自分のことをよくわかってなかったというのは反省すべき点ではありますが、もう済んだことは仕方がありません。

とは言っても最初は給料が高ければ高いほうがいいと思っていたが、実際に働いてみると給料はそこそこでいいからもっと仕事以外のこと充実させたいと考えるようになんていう話はよくあることです。

自分に合わないと感じていながら働き続けるのはかなりきついことであり、辞めたいと思うのは仕方のないことです。

そこに世間的に人気があるだとか、給料が抜群に高いだとかは関係ありません。

本当は残業は少ないほうが良い、もっと家族と過ごす時間を大事にしたい、できれば海外転勤はしたくない、そんな風に感じているならば、いつまでも苦痛を感じたまま働くのではなく転職すべきです。

商社からの転職なら選択肢は多い

商社で働いていた経験は転職市場において割と重宝される為、転職はしやすい傾向にあります。

元々就職するハードルが高いことから優秀な人が多い、きつい仕事をしてきた実績があるという点が評価されます。

また、自分がこれまで扱ってきたことに近い業界であれば、その業界で通用する知識が十分に身についていることが多いので、より転職はしやすくなります。

職種としては営業に転職する人が最も多いですが、20代であれば未経験の職種に転職することも十分可能となります。

商社で働いてきたことに誇りをもち、仕事で残した実績でガンガン自分をアピールしていけば、転職はきっと成功するでしょう。

商社から転職する際に注意すべき点

商社からであれば他業界であっても転職はしやすいのですが、だからと言って成功するかというと違います。

仕事が決まるのが簡単でも自分の選択を間違ってしまえば、転職は失敗に終わります。

そこで、商社から転職する際の注意点を紹介します。

年収ダウンの覚悟と、最低限の年収の確認

総合商社はもちろん、専門商社であっても他業界に比べると年収が高い場合があり、転職することで年収が下がる可能性が高いです。

最初は年収が下がっても仕事が楽になれば良いなんていう風に考えていても、いざ年収が下がってしまうと、これまで通りにお金を使うことができなくなって不満を感じるようになる人もいます。

ですから、あらかじめ年収が下がった場合の生活のイメージをしておき、かつどこまで年収が下がっても大丈夫なのかははっきりさせておきましょう。

総合商社からの転職は周囲の言葉を無視する

総合商社から転職した場合、周囲からはもったいないだとか、まあ色々と言われます。

転職したからにはそれ相応の覚悟は持っているでしょうが、最初は言われてもあまり気にしないかもしれませんが、あまりに言われすぎていい加減嫌になってくるものです。

とは言っても、やっぱり言ってくる人が多いのはどうしようもないので、何度も言われることは覚悟しておきましょう。

転職して仕事がつまらないと感じる人も多い

辞めた当初は、忙しいのが嫌だ、もっと早く帰りたい、責任の重い仕事が嫌だと考えていたのに、実際に残業もあまりなく、楽な仕事についてみると徐々に仕事がつまらなくなって前に戻りたいなんていう風に思ってしまう人もいます。

どうしても隣の芝生は青く見えるものなんですが、まずは自分がどう働くのがベストなのかをしっかり考えておく必要があります。

自分の希望を明確にしておいてぶれないようにする

いざ年収が下がることを目の前にすると、最初は働き方を変えたいと思っていたのにその希望がだんだん薄れていき、結局年収を重視した転職をしてしまうという人も少なくありません。

なぜ仕事を辞めたのか、なぜ転職するのかという理由は大切にし、希望条件を明確にした上で転職活動をしないと、結局なんの為に転職したのだかわからないことになるので注意してください。

転職に向けて

商社からであれば、それなりの大企業にも転職できる可能性がありますが、転職活動にもテクニックがあるので上手くおこなっていく必要があります。

転職活動を始めようとした時に、とりあえず転職サイトで検索してみて良さそうな企業があったら受けるなんてやり方はあまりよろしくありません。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)