激務であるならば、それなりに給料は貰いたいし、給料が低いのであれば、仕事はのんびりしたい。

しかし、激務であり、薄給である。

実際、このように悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

もちろん、それがやりたい仕事であり、自分の納得いくものであれば良いかもしれません。しかしそうでない場合、肉体的にも精神的にも本当に辛いものです。

解消するにあたり、しっかり考えなくてはなりません。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

関連:仕事が忙しい。忙しすぎる。どう乗り越えていくか。

関連:異動したいけど異動願いは通るの?部署異動ができる可能性

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

激務薄給を抜け出す

毎日終電まで働いているにも関わらず、手取りは20万円以下。

将来的には給料が上がることがわかっていれば、それでも良いかもしれませんが、そうでない場合には、そこで働き続けることは避けた方が良いでしょう。

激務を余儀なくされる会社が、いきなり人を増やしてくれた、給料が安い会社だったが、いきなり給料が増えたということはなかなか無いでしょう。

会社に期待できない時点で、転職するという方法が一番手っ取り早いかもしれません。

どうせ転職先が見つからないと思っている人がいますが、実際転職活動をやってみたり、求人を見るだけでも「転職できるかも!?」と前向きな気持ちになれることもあります。

方法次第で時間をかけずに始めることもできます。最悪、会社を辞めてしまってから転職活動をしてもいいでしょう。

激務をとるか、薄給をとるか

さて、激務薄給から抜け出そうと考えた時、だいたいの方向性としてどちらをとるか決めた方が良いでしょう。

「仕事は自分のペースで、そして高給」という会社は、夢物語とまでは言いませんが稀、もしくは自分自身が相当市場価値がある存在でないと難しいからです。

あなたにとって、どちらが大事なのか考える必要があります。

激務高給であることを選ぶ

激務だが、給料は高い。

確かにお金は大事です。お金による不安は、精神的にも相当のストレスがかかることです。

しかし、それ以上に健康は大切です。

せっかく転職できても激務で体を壊すようなことになっては元も子もありません。耐えうる激務なのかしっかり考えましょう。

むしろ激務のほうが仕事にやりがいを感じられるという人も、できるだけ短期間で稼いで、起業などの足掛かりにしたいという人もいるでしょう。

しかし長い会社生活をずっと激務で続けることができるでしょうか。

単に給料は高いほうがいいと思うのではなく、その分問題が無いかをじっくり考えてください。

マイペースに薄給であることを選ぶ

給料は安くていいから、仕事をマイペースにやりたい。

特に、激務を経験したことがある人はその辛さをわかっている分、こちらを選びたくなるのかもしれません。

しかしいくら自分のペースで仕事をして、定時に帰ることができても、お金がないせいで好きなこと、やりたいことができないという状況も困ります。

また、現状結婚している、今後結婚するということを考えた場合には、自分一人分の生活費があればいいとも限りません。

薄給といえど、最低いくらは必要なのかを将来的な面も含めて考える必要があります。

お金が無く、将来に不安がある状態も、精神的には辛いことです。

激務の辛さはすぐにわかる為、重視しがちです。

お金が無いことの辛さは徐々にわかってくるものである為、一瞬軽視しがちです。

冷静に、将来まで考えた上で判断する必要があります。

この場合マイペースに働くことができる分、空いた時間は副業をして稼ぐという選択肢もでてきます。

次のチャレンジに向けて準備をすることもできるでしょう。

自分なりの許容範囲をもって転職活動を

激務と言っても度合があり、薄給と言っても度合があります。

自分がどこまで許せるか考えてみてください。

その際に、自分の市場価値を転職サイトのスカウト機能などを使って知っておくことも大切です。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。

関連:ホワイトカラー、ブルーカラーとは?それぞれの仕事や給料の違い

関連:過労死ラインの基準は?過労死の原因、前兆を知って対策

関連:キャパオーバーで仕事が終わらない。原因は自分?それとも会社?