異動したいけど異動願いは通るの?部署異動ができる可能性

部署異動したい、そう思っている会社員の人は多いのではないでしょうか。

新入社員で配属された部署が自分の希望の部署ではなかった。

仕事をしていくうちに違う仕事がしたくなった。

キャリアアップの為に、違う部署も経験したくなった。

部署異動を希望する理由は様々です。

ただ制度としては部署異動することが可能であっても、本当に部署異動できるのでしょうか。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人数※1

315,431件以上

140,000件以上

2,300件以上
対象年代20代~30代20代~40代20代~30代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウトスカウト機能なし
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円200万円~500万円
 

※1 2020年1月

異動願いをだすことと、そのリスク

異動を実現しようと思えば異動願いを出す必要があります。

しかしながら異動願いをだすことにはリスクがあることも知っておかなければなりません。

まずは異動願い出し、異動したい意思を伝える

異動したいと思った時、多くの会社では異動願いをだすことから始まります

異動願いといっても正式な書面を出さなくてはいけないこともあれば、上司との面談時に直接言うだけで良かったり、システム上で申請をだすなんて会社もあるでしょう。

ただやり方は会社によってかなり違いますが、とにかく上司、会社に異動したいという意思を伝えることが必要です。

それがないと希望の部署に異動する可能性は相当運がよくなければありません。

異動願いをだすことにはリスクもある

会社や上司次第ですが、異動願いをだすことがマイナスになってしまうこともありえます。

異動願いをだすことによって仕事に対して不満がある、イヤイヤやっていると思われてしまい、そのことによって上司に嫌われ、仕事で成果をあげていても評価を下げられてしまうということがあるのです

またもし異動が叶ったとしても異動先での仕事は何もわからない為に成果をあげることができずに、評価を下げられるということもあります。

異動希望を出すということはこういうリスクがあることを覚悟した上でだす必要があります。

部署異動の希望は通る?

上記のようなリスクは会社によっては全くないので、自分の会社がどういった会社なのか、上司がどういう性格かを見極めておく必要があります。

もしリスクがない場合や、リスクがあろうとも部署異動したいという場合であれば、異動希望を出しても問題はないでしょう。

ただし異動希望を出しても、それが通るとは限りません。

異動希望が叶うことは難しい

残念ながら異動希望を出した所で、その希望が通ることは難しいことがほとんどです。

なぜなら会社にとってデメリットが大きい為です。

異動するということはこれまで経験して成果を出せるようにになった仕事を離れ、別の仕事をするということ。

別の仕事に就けばすぐに成果をあげる人材とはならず、ある程度の時間がかかってしまいます。

せっかく仕事で成果をあげることができるようになった人間を、わざわざ異動させて成果をあげることができない人間に変えることはしたくありません。

もちろん異動が全くないわけではありません。

異動によって、様々な仕事を経験することで広い知識を持った人材を育成できるというメリットもあります。

ただそういった場合は個人の希望ではなく、会社が指示した通りの部署に行くことになるだけである場合が多いのが現実です。

新入社員の頃、希望の部署に配属されたなかった人に対して人事が「どうしても異動したくなったらいずれチャンスはある、まずは今の仕事を頑張ってみて」なんて言葉を聞いた人は多いかもしれません。

しかしこれは新入社員が辞めないようについている嘘であることが多いです。

会社によっては多少異動の可能性もある

もちろん中には希望の通りやすい会社もあります。

それは個人のモチベーションを大切にしている場合です。

希望している仕事ができない為にモチベーションが低下し生産性が落ちるくらいなら、たとえ一時は成果をだせなくなっても将来を見据えて異動をさせるという場合があります。

しかしその場合でも全員がとはいきません

人気のある部署は偏りますし、さすがに全く関係ない部署への異動はさせません。

希望した人全員を異動させていると、会社全体の成果に影響がでてしまう為です。

自分が異動できるか異動できないかを知る

もし異動したいと考えているのであれば、まずはその可能性があるのかを知らなくてはいけません。

可能性が無いにも関わらず異動希望をだして下手に人間関係を悪化させるのは無駄なことですし、いつかは異動したいと思い会社に残っていても将来後悔することになります。

異動できるか異動できないかを知るには、過去の部署異動実績から知りましょう。

今いる部署から希望の部署に行った人はいるのか。異動希望はどの程度の人が通っているのか。

も実績がないなら可能性は非常に少ないでしょう。

たとえ実績があるとしても自分も同じようにできるとは限りませんから、異動できない覚悟も必要です。

今の仕事を楽しむか、転職するか

異動したいとしてもなかなか異動願いは通りませんから、できなかった時の為に2つの選択肢を選ぶ必要があります

その2つが、

  • 今の仕事を楽しむ
  • 転職する

今の仕事を楽しむ

異動願いをだしたとしても、その希望が通らなかった場合には、今の仕事を楽しむ必要があります。

やりたい仕事ではなかったとしてもやりがいを見つけ仕事を楽しむことができるのであれば、たとえ異動できなかったとしても会社生活は満足の行くものになります。

それができずに今の仕事は絶対に嫌だ、なんとしても希望の仕事がしたいと考えているのであれば、転職したほうが良いです。

転職する

もしなんとしてもやりたい仕事があるのであれば、異動に期待するよりも転職するほうが良いと言えます。

異動できるかわからない状態で、いつかはできるかもしれないと淡い期待を抱いて長く働いてしまうと、転職も不利になっていきます。

特に未経験職種は若いほうがずっと有利で年を取るにつれて、かなり不利になっていきますから早めに決断が必要です。

 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
非公開求人の件数※1

153,494件
60,000件以上

2,300件以上
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
非公開
 

※1 2020年1月

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. ハタラクティブ
  4. ミイダス

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

doda

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、正社員の方の転職はもちろん、既卒・第二新卒などの20代の方が利用しやすい転職エージェントです。

最も注目するべき点は、利用者の8割以上が内定を獲得できている点です。そのうち約半分の方は上場企業から内定を獲得しており、ハタラクティブは中小企業だけでなく大企業とのパイプも太い転職エージェントです。

求人数は約2,300件と多くはないですが、すべての求人が学歴や経験の有無を問わず、その人の人柄やポテンシャルを重視し採用を行っています。

最適な書類の書き方や面接の受け方はアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心ですね。

ミイダス

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

やりたい仕事があるなら様々な会社を見てみるといい

まずは色々な会社を調べてみましょう。

場合によってはやりたい仕事ができる好条件の会社が見つかるかもしれません。

自分が働いている会社以外の会社も知ることで色々見えてくるものもあります。

関連:将来が不安。今の仕事は将来の仕事でいいのか。

関連:会社に不満、解決するには?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!