もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

仕事にはストレスを感じるものがたくさんあります。

人間関係、仕事のプレッシャー、出世競争、つまらない仕事。

全くストレスを感じていない方はいないでしょう。

ただ、中にはあまりにも大きなストレスにより、仕事が耐えられない、もう限界と感じてしまっている方も多いのではないでしょうか。

それでも多くの方はただ我慢を続けるだけです。

その結果、限界を超えメンタル不全などに陥ってしまう方も少なくありません。

もし、今仕事のストレスに耐えられない、もう限界と感じたら一度どこかで我慢することを辞め、仕事への取り組み方を変える必要があります。

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

マイナビエージェント

ミイダス
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職サイト
求人数※1

200,244件以上

33,338件

50,000件以上
対象年代20代~30代20代~30代30代~40代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウト企業・ヘッドハンターからスカウト
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
適正年収診断
オファーの可能性診断
書類選考免除
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円300万円~700万円
 

※1 2020年9月

関連:仕事でイライラする原因や、対処法。感情をだすのはNG。

関連:精神的に楽な仕事はどんな仕事?きつい仕事から解放される為には

限界はどこ? それは自分にしかわからない

仕事が耐えれない、もう限界、そう感じても多くの方は我慢し続けてしまいます。

本当に限界であっても、それしか選択肢を持っていない為です。

ただ、限界であることは自分でしか気づくことができません。

いつか誰かが気づいてくれるかもしれないと思っていても、そんなことはなかなか起きないのです。

どこに限界があるのかはその方の性格や環境によって大きく異なります。

そして、どこに大きなストレスを感じるかということも個々により異なります。

仕事が忙しいのは平気でも、人間関係が上手くいかないことに大きなストレスを感じる方もいれば、人間関係を全く気にしなくても、責任の重さに大きなストレスを感じる方もいます。

どういったことに耐えれないと感じ、どういったことで限界値が低いかということは、他人にはわかりません

また、人は他の人の限界値をだいぶ高く設定する傾向があります。

人は過去の経験を美徳化し、自分はもっと大変でも乗り切った、まだまだ序の口だと勘違いしてしまうことがよくあるのです。

さらに、もし誰かが限界だと気づいてくれたとしても、何かしらの行動を起こすまでいくことは非常ハードルが高いことになっています。

誰かを助けるということは自分の負担を増やすことに繋がる為です。

気づいていながら、自分もいっぱいいっぱいだから何もできない。そして何もしないということはよくあることです。

こういった理由から、いつかが誰かが助けてくれる、この耐えれない状況から救ってくれるはずだと思い、我慢しても、何も変わらないのです。

仕事のストレスで精神的に限界がきてしまう要因

職場の人間関係が悪い

職場の人間関係によって、仕事のストレスが限界になることがあります。

普段意識していないでストレスのたまる人間関係の中で仕事をしていると、徐々に過度なストレスの状態になっていき気が付いた時には限界にまできていることがあります。

人間関係によるストレスは人によって、ストレスの度合いが異なるので自分がどの程度ストレスを受けているか客観的に判断できることが体調管理の上で大切でしょう。

給料が少ない

仕事のストレスが限界になる原因として、給料が少ないことが挙げられます。

給料が少ないと仕事をしていてもモチベーションが下がり、ストレスに発展することがあります。

家族がいて生活費などを考えるとある程度の給料が必要となりますが、同じ会社にいる以上は簡単には給料が上がらないため長期にわたり給料が足りないことに対するストレスを抱えることとなります。

残業時間が多い、休日が少ない

残業時間が多いことは、疲れが蓄積する大きな要因となりストレスとなります。

特にサービス残業などでお金が支払われないのをわかっていて残業をするケースでは、より一層のストレスを受けることになります。

また、休日が少ない場合は身体を休める時間が少なくなり、十分な休暇をとれない状態で仕事をすることで、ストレスがたまり仕事に対するやる気が低下することもあるでしょう。

パワハラなどを受けている

職場でパワハラなどを受けている場合も大きなストレスの原因となり、毎日仕事に行くことが難しくなることもあります。

パワハラの場合、悪質なケースもあるので同じ職場で仕事を続けることができなくなることもあり、転職なども視野に入れて考える必要が出てきます。

自分のやりたい仕事と、している仕事とのギャップが激しい

他のストレスの原因として、自分のしている仕事がやりたい仕事でないことがあります。

やりたい仕事とのギャップがあまりにも大きい場合は、仕事をしていても集中力が続かず悪循環の毎日を送ることにもなります。

長期的に考えてみても、やりがいのない仕事を続けることは、ストレスの大きな要因となりなぜ仕事をしているのか自分でもわからない状態になることもあるでしょう。

仕事のストレスで限界がきている時の症状や予兆

普段できていた仕事がうまくいかなくなる

仕事で多くのストレス受けることで、普段できていた業務ができなくなるケースがあります。

いつもと同じ様に仕事をしようと取組むと、明らかに以前とは違う感覚で上手に仕事を進めることができない状態があり、この様な時は1度冷静になって自分の中で何が変化したのか考える時間が必要でしょう。

仕事がうまくできなくなる原因は様々ありますが、仕事のストレスが原因である場合は、すぐに解決することが困難なこともあります。

感情の制御が以前よりできない

過度の仕事のストレスで感情の制御が以前よりできない状態もありますが、どんなに落ち着くように自分で意識しても他の方に強くあたってしまうことがあります。

感情のコントロールは内面的なものなので、時には長時間掛けても修復できないケースもあります。

感情の起伏が激しくなった時は、休憩を取って冷静になることが大切でしょう。

出社するのが辛い、会社にいるだけで辛い

仕事のストレスで限界がきている兆候として、出社するのが辛いや、会社にいるだけで辛いことが挙げられます。

出社するのが辛いことについては、ほとんどの社会人の方が経験したことがあることですが、会社にいるだけ辛い状態が続くと心身ともに不健康な状態になっていきます。

会社から帰宅しても、明日また出社して職場の同じ環境にいるのが辛いと考える方は、家でも考え込むことが多くなるでしょう。

四六時中辞めたいと考えるようになっている

四六時中会社を辞めたいと考えるようになっていることは、ストレスで限界がきている兆候と言えます。

この状況で継続して勤務し続ければ、より身体の負担になることになり仕事に集中できなくなるケースもあります。

会社にいない時間でも会社を辞めたいと考えていると、会社に行くことが日に日に辛くなるでしょう。

辛いと感じるだけの仕事はデメリットしかない

辛いとしか感じない仕事は、健康面で負担をかなりかけるため、長期的に考えるとマイナスになることが多いです。

辛い仕事を我慢していると、いつのまにか健康を害していることもあるので注意が必要です。

仕事内容も自分のやりたい業務の方が上手く仕事を回せるようになるのでキャリアアップもしやすくなるでしょう。

キャリアアップを視野に入れてやりたい仕事をやることは、ある意味でストレスから開放されることにもつながります。

また、仕事は適材適所なので自分の働きやすい職場を求めて転職するには決して逃げではありません。

前向きな考えで転職をすれば、社会人として毎日目標をもって適度なストレスの中で仕事をすることも可能でしょう。

もう限界と感じたら何をすべきか

仕事が耐えれない、もう限界と感じているならば、我慢するのではなく自分で何かを変えていかなければなりません。

我慢し続けていては、いつかメンタル不調に陥ってしまいます。

では、もし限界と感じている時、何をすべきでしょうか。その方法として、以下のものがあげられます。

  • 仕事を重く感じない
  • 人の目を気にしない
  • 限界であることを上司に伝える
  • 仕事を変える

仕事を重く感じない

限界と感じている人の多くは、仕事が人生そのものだと非常に重く感じている人がいます。

確かに起きている時間の大半は仕事をしている為、そう思うのも仕方がないかもしれません。

けれど、仕事はそんなに重く考える必要のあるものではありません。

働く理由を考えてみましょう。

多くの人は生活の為と答えると思います。

では、生活する為に今の仕事をし続けなくてはいけない理由があるでしょうか

そんなことありません。

今の仕事に固執する必要は無く、仕事を重く感じる必要なんてないのです。

人の目を気にしない

自分が限界になるまで我慢し続ける理由の一つに、人の目を気にしすぎているという場合もあります。

上司に怒られたくない、出世したい、人に迷惑をかけたくない、できない人間とみられたくない。

人の目を気にするあまり、こういったことを考え、それがプレッシャーとなってしまい、大きなストレスに繋がってしまいます

また、耐えられないような状況、もう限界という状況に陥った時に、我慢し続けるということを選んでしまいます。

しかし、人の目はそんなに気にする必要のあるものでしょうか。

限界であることを上司に伝える

仕事を重く感じず、人の目も気にしなくなることができたならば、自分が限界であることを上司に伝えるのも気にならないはずです。

最初にも述べているように、黙っていても限界であることは誰も気づいてくれません。

自分から言って初めて気づいてもらえるのです。

上司に伝えることができれば、仕事を変えてもらえたり、負荷を下げてもらうことに繋がります。

転職することも時には必要

無理だと判断したら転職することも必要です。転職という選択は常に持つようにしてください。

転職は逃げではありません。

仕事に限界を感じているような状態で働き続けることに何の意味があるのでしょうか。

人気転職サービス4社の対象属性比較
 
リクルートエージェント

マイナビエージェント

ミイダス

マイナビジョブ20s
向いている年代20代~30代20代~30代20代~40代20代
中卒の方向け

求人少・サポート△

求人少・サポート△

求人少・サポート△
求人並・サポート〇
高卒の方向け

求人多・サポート◎

求人並・サポート〇

求人並・サポート〇

求人多・サポート◎
専門・短大卒の方向け求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人並・サポート〇
大卒・大学院卒の方向け求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人多・サポート◎
第二新卒の方向け求人多・サポート◎求人多・サポート◎

求人少・サポート△
求人多・サポート◎
既卒の方向け求人並・サポート〇求人並・サポート〇

求人少・サポート△
求人多・サポート◎
フリーターの方向け求人並・サポート〇求人並・サポート〇

求人少・サポート△
求人並・サポート〇
社会人経験なし求人並・サポート〇求人並・サポート〇

求人少・サポート△
求人並・サポート〇
ハイクラス向け求人多・サポート◎求人並・サポート〇求人多・サポート◎求人を紹介できない
 

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

仕事は自分で選ぶ

仕事は自分で選ぶものです。一度会社に入ってしまうと、そのことを忘れがちです。

まずは色々な会社を調べることから始めてみましょう。

選択肢を持たず、一つの仕事に固執することが非常に危険であるということを覚えておいてください。

関連:仕事したくない!そう思ってしまったら