仕事がずっと忙しい。忙しすぎる。  そんな時どう乗り越えていくか。

仕事がずっと忙しい状況が続くと心身への負担が大きくなり辛くなってしまいます。

家と会社との往復だけで精一杯、睡眠時間やプライベートな時間が思うように取れないと、このまま今の仕事を続けていいのか迷う方もいることでしょう。

もし、今の忙しすぎる状況を乗り越えたいなら、じっと耐えるばかりではなく乗り越えるために行動することが必要です。

今回は、仕事が忙しすぎる状況をどう乗り越えていくかにスポットをあてて解説していきます。

関連記事

 

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント 公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

仕事がずっと忙しいことで生じる悩み

仕事がずっと忙しいことで生じる悩み

仕事が忙しすぎると、いろいろと悩みが増えていきます。

はじめに、忙しすぎる状況で生じる悩みから見ていきましょう。

プライベートの時間がとれない

仕事が忙しく残業時間が増えると帰宅するのは夜遅くになります。

平日は夜遅く帰ってきて寝るだけ、休日は日頃の疲れを取るために睡眠にあてたり、溜まっている洗濯や掃除をして終わることが考えられます。

そうなると自分の好きなことをする時間が取れず、プライベートの時間はほぼない状態です。

プライベートの時間は、心身ともにリラックスしたり趣味など好きなことに充てたりと、ストレス発散にもつながる必要な時間です。

ずっと仕事が忙しい状態が続くと、プライベートな時間が取れないためにストレスが蓄積していってしまうでしょう。

体力的にしんどい

帰ってきてすぐ寝れればいいものの、寝るまでに食事や家事など最低限のやることはあります。

その結果、睡眠時間がすくなくなってしまい睡眠不足に陥ってしまうでしょう。

睡眠不足が続くと疲れが取れず体調を崩しやすくなります。

徐々に生活習慣が乱れ、寝ても疲れが取れない、集中力の低下や胃腸の不調などさまざまな症状の発生が推測できます。

このような状態で忙しすぎる仕事をこなすのは体力的にしんどく、また作業効率も下がってしまうでしょう。

仕事のことが頭から離れなくなる

仕事が忙しいときは、仕事量が通常よりも多い状態です。

多くの仕事をこなすため一つひとつの作業スピードをあげようとすると、焦りや疲れからミスが起きることもあります。

なおかつ1日の時間には限りがあるため、スケジュール通りにこなせない仕事も出てくるでしょう。

優先順位をつけてやっていても、思う通りに進められず1日が終わってしまう日もあるのです。

こうなってくると、仕事のことが頭から離れなくなり精神的にも追い詰められていきます。

ミスを連発して評価が下がる可能性も

ずっと忙しすぎてきちんと休めない状態が続くと、集中力や記憶力が低下して仕事の効率が下がっていきます。

また、集中力の低下はミスにつながりやすく、ミスが増えることで自分の評価が下がることも考えられます。

忙しすぎる仕事に向き合っているのに、ミスを連発するような状況に陥っては元も子もありません。

では、なぜこんなに仕事が忙しすぎる状態になってしまうのでしょうか。

次は、仕事が忙しすぎるときに考えられる要因を見ていきます。

仕事が忙しすぎるときに考えられる要因

仕事が忙しすぎるときに考えられる要因

仕事が忙しいのは悪いことではありませんが、忙しすぎる状態が続くとさすがに辛くなってしまいます。

ここでは、仕事が忙しすぎる状況に陥った要因を見ていきましょう。

頼まれた仕事を断れない

職場で仕事を頼まれたときに断れない場合、いつのまにか膨大な仕事量となり忙しい状態になるケースがあります。

頼まれた仕事に対し責任感を持って取り組むことは良いことですが、自身を削ってまで周囲の期待に応える必要はありません。

周囲から「頼りにしてるぞ」「あなただからお願いしている」などのように言われたとしても、キャパオーバーなら「スケジュール的に対応できない」などのように断ることも必要です。

仕事の効率が悪い

一つひとつの仕事を時間をかけてきちんとやろうと思うがゆえに、仕事が溜まっていき忙しい状態に陥ることもあります。

仕事で高い完成度を目指すのは重要ですが、スケジュール通りに業務を終えることも重要です。

また、割り振られた順番通りに作業するために作業効率が悪い人も多いです。

仕事は効率を考えて作業することで、多少タイトなスケジュールだったとしても回していくことができます。

仕事が溜まってきたときは、スケジュールを確認し優先順位をつけて着実に取り組むことをおすすめします。

全て自分一人でこなそうとする

同期や先輩を頼らず与えられた仕事はすべて一人でこなそうとするために、忙しい状態が続いている人もいるでしょう。

周囲に迷惑をかけないよう自分でやり抜こうという意思は素晴らしいものです。

ですが、納期に間に合わない・無理だと感じたときは周囲にそれを伝えて力を借りる方が着実に進められるでしょう。

仕事は一人ひとりが責任を持ち取り組みますが、部署やチームなどで担当することがほとんどです。

結局は助け合いなので、今助けてもらったとしてもその分周囲を助ければなんの問題もありません。

そもそもの業務量が多すぎる

自分だけでなく部署全体の業務量が多い場合は、忙しい状態が続くことがあります。

繁忙期や大きな取引がある場合にこのような状況になりやすいです。状況によっては長期的になることもあるでしょう。

部署全体の業務量が多いことは、個人の力ではどうにもならない部分です。

そのため諦めている人も多いですが、この苦しみをずっと抱え続ける必要はありません。

では、忙しすぎる状況が続く場合、どのように対処したら良いのでしょうか。

仕事がずっと忙しい状況を抜け出すには

仕事がずっと忙しい状況を抜け出すには

頼まれた仕事を断れない、一人ですべての仕事をこなそうとするなどのように、自分の努力次第で忙しすぎる状況の解決が見込めるなら、解決に向けて努力してみてください。

ですが、仕事量が多いなど自分の努力ではどうにもならない場合はどうしたら良いのでしょうか。

ここでは、自分ではどうにもならない要因のために忙しすぎる状況に陥っている場合の対処法について解説していきます。

自身の仕事の効率化を図る

自分の仕事のやり方を一度、振り返ってみてください。

優先順位をつけて取り組むなどできることがあれば着手して、自身の仕事の効率化を図りましょう。

その結果、忙しすぎる状況が徐々に解消に向かい、忙しいけれどもスケジュール通りにこなせるなど作業上でも変化が出てくるかもしれません。

また、自身の仕事の効率化を図ることで、さらなる仕事が割り振られる可能性もあります。

ですが、キャパオーバーになる前に無理な仕事を断るか、スケジュールを調整してもらうなどの対応を取っていくことで忙しすぎる状況は回避できるでしょう。

こうした取り組みにより、あなたの評価や給料が上がる可能性もあります。

今の状況に堪え、忙しいことに慣れる

忙しすぎる状況を変えたい場合、少し極端なことを言えば会社を辞めない限り変えることはできません。

ですが、会社を辞めるわけにもいかないなら、今の状況に耐えて忙しさに慣れることも必要です。

今が忙しさのピークになっているだけで、先を見てみれば一時的な忙しさの場合もあります。

忙しすぎる状況を乗り越えたとき、自信ややりがいを得られる可能性もありますし、当時のがんばりが認められ昇給につながることもあります。

このように、会社に残る選択をするなら、忙しすぎる状況に慣れることも考えてみてください。

会社を辞めて転職する

忙しすぎる状況が長期的に続いている場合や、いくら仕事をしてもきりがないほどの仕事量がある場合、会社側が人件費削減のために必要な人材を雇わずに、一人ひとりの社員の負担が大きくなっているケースがあります。

明らかに人手不足で忙しすぎる場合は、会社を辞めて転職するのも一つの方法です。

忙しすぎる状態が長引くと心身の負担が大きくなり、睡眠不足や体調不良の原因になるほか、ひどいときには過労死にもつながります。

そうなる前に転職して自分のライフワークバランスを確率させることをおすすめします。

ずっと忙しい状態が続くなら、転職を前向きに検討しよう

ずっと忙しい状態が続くなら、転職を前向きに検討しよう

仕事が忙しすぎるほどあるのは悪いことではありませんし、暇でやることがほとんどない会社よりは将来性があるといえます。

ただ、ずっと忙しすぎるのもしんどいと思うので、やはりほど良い仕事量で働きたいものです。

転職したいけど忙しすぎて転職活動に割く時間が確保できないという方は、転職エージェントに一度相談してみることをおすすめします。

転職エージェントは転職のプロであり、さまざまな経験や知識をもとに、今のあなたの状況から転職すべきかを一緒に考えてくれます。

また、企業の採用条件を熟知しているので、業務量が適切かつあなたの希望に合った企業を紹介してくれます。

さらに面接日程などのスケジュール管理もしてくれるので、忙しくて転職活動の時間が確保できない人こそ利用してほしいのです。

転職エージェントの利用はすべて無料、この機会にぜひ登録して相談してみてください。

 

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。