完璧主義を治す

なんでも完璧にこなしたい。

いつも完璧でいたい。

こういう考え方をするいわゆる完璧主義者の方は少なくありません。

もちろん何事も完璧にこなすことは理想です。

しかし、完璧を求めすぎてしまうことはいいことではありません。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:ネガティブな人は嫌われる。プラス思考とマイナス思考はバランスが大事

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

完璧主義とは

定められた時間、限られた時間の内にて完璧な状態を目指す考え方や、精神状態のことである。このような思想を持ったものや、そのような心理状態の者を完全主義者、もしくは完璧主義者(英: perfectionist)と呼ぶ。その程度(時間に対する気配りや周囲への迷惑を顧みない状態等)によっては、精神医学では精神疾患のひとつともされることも多い。

引用元:Wikipedia

完璧主義というのはそののとおり、完璧を求める主義の人。

では、完璧とはなんでしょうか。

その基準は人によって様々。

ただ共通するのは、自分の理想である形のことです。

理想の形というのは、自分の考えであったり、外部から求められる形であったりと人によって変わります。

完璧主義者は、自分の理想として決めたものに対し、その理想が完全に達成できることをとことん追い続けてしまいます。

妥協することがなかなかできません。

完璧主義がもたらす不都合

完璧を求めることは決して悪いことではありません。

むしろ最初はそうあるべきです。

しかし度が過ぎる完璧主義は様々な不都合をもたらしてしまいます。

自分の力だけでなんとかしようとしてしまう

完璧を求めすぎるあまりに物事に対し、自分ひとりの力で期限ぎりぎりまでやり続けます。

しかし、自分の力だけではできないこと、自分の視点だけでは見抜けないことというものがあるのです。

ついつい自分の力だけでやろうとするあまり、その欠点に気づくことができません。

いざ、他人の目に触れた時にはすでに期限ぎりぎりで手遅れ。

これでは、求められていること、時間を達成することができないということになってしまいます。

また、一つのことを完璧にしようと集中しすぎるあまり、他のこととの優先順位づけが上手くできないことがあります。

なかなか始められない

完璧を求めるあまり、完璧にやれる自信がないとなかなか始めることができません。

結局、始められないまま終わってしまうか、始めるまでに知識ばかりを増やすあまり行動に移れない。

なにも考えずに始めるのはよくありませんが、やってみないとわからないことはたくさんあるのです。

周囲にも完璧を押し付けてしまう

完璧主義者は、周囲にも完璧であることを求める傾向があります。

しかし、そもそも完璧というのは人それぞれ異なりますし、相手が自分の理想通りに物事をやってくれるなんてことはそうそうありません。

周囲が完璧にできないことに対し、いらだつあまり、あたってしまったり、

無理な理想を押し付けてしまう結果、周囲の人はあなたから離れていってしまいます。

また、思い通りにならないことで自分へのストレスにもなってしまいます。

途中で諦めやすい

完璧主義者は完璧を求めるあまり、いざ完璧にできないことがわかると途中でやめてしまうことがよくあります。

しかし、なかなか完璧にとはできません。

すなわち、あらゆることに対し、諦めやすい傾向があります。

うつ病になりやすい

完璧を求めすぎるあまり、達成できないことへ強いいらだちを感じてしまいます。

自分を責め、自分が完璧でないことに悩み続けます。

また、完璧であることを求めるあまり、周囲にも相談することができない人が多いです。

アメリカ心理学会誌「Review of General Psychology」によれば、自殺者の半数以上は完璧主義であったと述べられています。

完璧主義を治すには

完璧主義でいることは、なかなか辛いことが多いのです。

できれば治したいですよね。

もっと気楽に生きる方が、生きやすいです。

では、完璧主義を治すにはどうしたらいいでしょうか。

いくつか紹介していきます。

妥協点を探ってみる

物事を始める時に、理想の形を想像することでしょう。

想像をそこで終えるのではなく、どこかに妥協点がないかを探ってみてください。

はじめる時はもちろん、途中で考えることも必要です。

妥協ということに嫌悪感を求めずに、必要なものであると認識しましょう。

失敗することに慣れる

完璧主義の人は、失敗に慣れていません。

そして、完璧主義の人は失敗することを恥だと思っています。

失敗は恥ではなく、成長と認識し、失敗することに恐れないようになることが大事です。

時間で区切る

完璧を求めて物事を始めると、時間をあまり気にせずにやり続けてしまいます。

そうではなく、その物事に対し、やる時間を決めましょう。

その結果妥協せざるをえなくなり、妥協することに慣れていきます。

最後に

完璧さを求めることは悪いことではありません。

長所となることもおおいにあるでしょう。

しかし、妥協するということも必要です。

もしあなたが少しでも完璧主義で損をしていると思ったら、自分を変えるように努力してみましょう。

関連:嫌われる人の特徴や性格。当てはまっていませんか?

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)