出世する為にはどうする?出世する人の特徴、出世できない人の特徴

会社員として働いていると、出世という言葉がつきまとう。

当然出世したいと願う人も多いはず。

本来ならば、媚びなどは売らなくても、黙々と仕事をしていくことで認められ、出世していくことが理想的。

しかし、そうは上手くいかないことが多いのが会社員。

仕事がたいしてできなくたって出世する人は出世するし、いくら仕事ができても出世できない人もいる。

ではどうすれば出世できるのだろうか。

出世する人の特徴、出世できない人の特徴はどのようなところにあるのだろうか。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

出世するには上の人に認められなければならない

出世するにはどうしたらいいか。出世できないのはなぜなのか。

出世する人はどんな特徴の人で、出世できない人はどんな特徴の人なのか。

はっきり言って、これだ!という答えはない。

ただ、出世する人の特徴として共通していることは、上の人に認められる必要があるということである。

逆に出世できない人の特徴は単純に上に認められていないということである。

出世する為にはまず誰に認められるかを認識する

上の人といってもこれは会社によって、いや、それどころか同じ会社にいたってその時々で異なる。

直属の上司なのか、

さらに上の上司なのか、

大きい会社であれば、同じ学校のOBなんてこともある。

自分が知る限りでも本当に様々。

もし、直属の上司がそれなりに強い力を持っていたり、将来的にさらに上にあがっていきそうな人であれば、まずその上司に認められる必要がある。

しかし、直属の上司に力がなく、それ以上は上がっていかない存在であれば、いくらその人に認められたところで、意味はないことも多々ある。

他にも直属の上司が、部下のアピールを積極的にしてくれる人か、全くしてくれない人か。などといったことでも変わってくる。

そういったことを踏まえ、出世をする為には誰に認められる必要があるのか。まずそこをしっかり認識しなければならない。

出世する為に認められるにはどうするか

認められるべき人に認められるには、どうすればいいか。

もし、営業成績などはっきり目に見えるものがあれば、わかりやすいが、

そうではない場合には、やり方を考えなければならない

認められるべき人が直属の上司であれば、その上司が好む仕事のやり方で、日々の仕事を進めて行く必要があるし、

もっと上の上司に認められる必要があるなら、積極的に自分の業績をアピールをしていく必要がある。

仕事ができるということが条件であるが、仕事ができるだけで認められるほど、会社は素晴らしくできてはいない。

同じくらい仕事できる人でも、出世する人と出世できない人の特徴がある。

評価は相対的であり、出世できる人と出世できない人は必ずいる

認められるということを考えた時、そして認められる為に認識しておかなくてはならないことがある。

それは評価というのは、相対的であるということ。

10人いて、全員仕事ができるからと言って、全員が出世できるわけがない。

必ず優劣をつける。

すなわち、周囲の人に勝たなければならないということである。

出世できる人と出世できない人はかならず生まれるわけだ。

出世する人の特徴、出世できない人の特徴

上記を踏まえ、出世する人の特徴と、出世できない人の特徴を具体的に確認して行こう。

出世する人の特徴

  • しかるべき人に認められている。
  • 周囲に比べて、相対的に仕事ができる
  • 認められる為のアピールをしている。

出世できない人の特徴

  • しかるべき人に認められていない。
  • 相対的に仕事ができない
  • アピールとかをせず、自分の業績を認知してもらえていない。

出世には運もある

もちろん、たまたまいい上司の下につき、認められ出世街道にのることができたなんてこともたくさんあるだろう。

ただ、そこには運がつきまとう。

運が悪ければ、いくら仕事ができたって出世できないことはたくさんある。そうやって出世できなかった人をたくさん知っている。

でも、たった一度の人生をそんな運次第にはしたくない。

ならば、自分からアクションをとっていく必要があるのだ。

とはいえ、すでに出世の道が途絶えている人もたくさんいるでしょう。そういった人は転職でステップアップを目指しましょう。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。