出世する為にはどうする?出世する人の特徴、出世できない人の特徴

会社員として働いていると、出世という言葉がつきまとう。

当然出世したいと願う人も多いはず。

本来ならば、媚びなどは売らなくても、黙々と仕事をしていくことで認められ、出世していくことが理想的。

しかし、そうは上手くいかないことが多いのが会社員。

仕事がたいしてできなくたって出世する人は出世するし、いくら仕事ができても出世できない人もいる。

ではどうすれば出世できるのだろうか。

出世する人の特徴、出世できない人の特徴はどのようなところにあるのだろうか。

関連:左遷とは?その異動は栄転なのか、それとも転職した方がいいのか

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

出世するには上の人に認められなければならない

出世するにはどうしたらいいか。出世できないのはなぜなのか。

出世する人はどんな特徴の人で、出世できない人はどんな特徴の人なのか。

はっきり言って、これだ!という答えはない。

ただ、出世する人の特徴として共通していることは、上の人に認められる必要があるということである。

逆に出世できない人の特徴は単純に上に認められていないということである。

出世する為にはまず誰に認められるかを認識する

上の人といってもこれは会社によって、いや、それどころか同じ会社にいたってその時々で異なる。

直属の上司なのか、

さらに上の上司なのか、

大きい会社であれば、同じ学校のOBなんてこともある。

自分が知る限りでも本当に様々。

もし、直属の上司がそれなりに強い力を持っていたり、将来的にさらに上にあがっていきそうな人であれば、まずその上司に認められる必要がある。

しかし、直属の上司に力がなく、それ以上は上がっていかない存在であれば、いくらその人に認められたところで、意味はないことも多々ある。

他にも直属の上司が、部下のアピールを積極的にしてくれる人か、全くしてくれない人か。などといったことでも変わってくる。

そういったことを踏まえ、出世をする為には誰に認められる必要があるのか。まずそこをしっかり認識しなければならない。

出世する為に認められるにはどうするか

認められるべき人に認められるには、どうすればいいか。

もし、営業成績などはっきり目に見えるものがあれば、わかりやすいが、

そうではない場合には、やり方を考えなければならない

認められるべき人が直属の上司であれば、その上司が好む仕事のやり方で、日々の仕事を進めて行く必要があるし、

もっと上の上司に認められる必要があるなら、積極的に自分の業績をアピールをしていく必要がある。

仕事ができるということが条件であるが、仕事ができるだけで認められるほど、会社は素晴らしくできてはいない。

同じくらい仕事できる人でも、出世する人と出世できない人の特徴がある。

関連記事:こんなに違う!仕事ができる人と仕事ができない人の明確な25の違い

評価は相対的であり、出世できる人と出世できない人は必ずいる

認められるということを考えた時、そして認められる為に認識しておかなくてはならないことがある。

それは評価というのは、相対的であるということ。

10人いて、全員仕事ができるからと言って、全員が出世できるわけがない。

必ず優劣をつける。

すなわち、周囲の人に勝たなければならないということである。

出世できる人と出世できない人はかならず生まれるわけだ。

出世する人の特徴、出世できない人の特徴

上記を踏まえ、出世する人の特徴と、出世できない人の特徴を具体的に確認して行こう。

出世する人の特徴

  • しかるべき人に認められている。
  • 周囲に比べて、相対的に仕事ができる
  • 認められる為のアピールをしている。

出世できない人の特徴

  • しかるべき人に認められていない。
  • 相対的に仕事ができない
  • アピールとかをせず、自分の業績を認知してもらえていない。

出世には運もある

もちろん、たまたまいい上司の下につき、認められ出世街道にのることができたなんてこともたくさんあるだろう。

ただ、そこには運がつきまとう。

運が悪ければ、いくら仕事ができたって出世できないことはたくさんある。そうやって出世できなかった人をたくさん知っている。

でも、たった一度の人生をそんな運次第にはしたくない。

ならば、自分からアクションをとっていく必要があるのだ。

とはいえ、すでに出世の道が途絶えている人もたくさんいるでしょう。そういった人は転職でステップアップを目指しましょう。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

 

関連:頭が悪い人の特徴や話し方。当てはまっているならすぐ直そう。

関連:ネガティブな人は嫌われる。プラス思考とマイナス思考はバランスが大事

関連:出世したくない若者が増加中!その理由や影響は?

関連:仕事を覚えられない原因や対処法。早く覚える為のコツとは?