仕事に対して前向きになれない。どうすれば仕事に行きたいと思えるのか

できることならもっと仕事を前向きに考えて、モチベーションを高く保ちながら仕事をしたい。

そう考えているにも関わらず、毎日考えるのは後ろ向きなことばかりになってしまっているなんてこともありますよね。

なぜ人は仕事に対して前向きになれないのでしょうか。

関連:仕事の能力不足が辛くて辞めたいと思っているけど中々転職に踏み切れない人に

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

仕事に対して後ろ向きなことばかり考えてしまう

仕事に対して、ついいつも後ろ向きなことばかりを考えてしまっている。そんなことありませんか?

仕事がつまらない、仕事を辞めたい、会社に行きたくない、仕事に飽きた、どうせ失敗する、また怒られる。

いつも考えているのはそんなことばかりになってしまっていて、仕事が楽しいだとかやってみたいだとか、挑戦してみようだとか、前向きなことをを一切考えることがなくなっているという人はそこそこ多いと思います。

そうなってしまうと、毎日が辛いものとなってしまい、苦痛で仕方がなくなっていきます。

確かに仕事は自分の好きなことばかりをやれるわけではないし、思い通りに行くことも少ないかもしれません。

それでもやらなきゃいけないのが仕事であり、どうしても我慢することが生まれて後ろ向きになってしまいがちです。

とは言え、みんながみんなそんな風に後ろ向きに感じているわけではなく、もっと前向きに仕事をしている人も実はたくさんいて、決して仕事=辛いものだというわけではないはずです。

なぜ前向きに捉えられる人、後ろ向きに捉えてしまう人がいるのでしょうか。

もちろん個人の性格による部分もあるかと思います。

しかしふとしたきっかけからそれまで後ろ向きに仕事をしていた人が、前向きになれたという例もあるわけですから、性格ばかりではなく、他の要因もあるはずです。

なぜ前向きになれないのか

ではなぜ前向きになれないのか、その理由について考えてみましょう。

仕事にやりがいを見いだせない

なぜこの仕事をしているんだろうか、この仕事にはどんな意味があるんだろうかなど、仕事の意味がわからないまま続けていて、やりがいを見出すことができなくなってくると、仕事に対して前向きになるというのは難しいですよね。

自分の仕事はこんな風に役にたっているんだ、この仕事にはこういう意味があるんだと感じれればやりがいを感じることができ、仕事を前向きに捉えることができるようになるかもしれません。

結果がついてこない

最初は頑張って仕事をしていても、結果がついてこなければ仕事に関して後ろ向きになってしまいがち。

また失敗するかもしれない、失敗が怖い、自分は頑張ってもだめだ、自分は能力が低い。

そんな風に考えてしまうようになってしまいますよね。

人は成功体験をしなければモチベーションは維持できません。頑張ったら頑張った分だけ報われなければ、周囲に対しても自分に対しても不満を持つようになってしまいます。

ただ仕事というのは頑張ったら頑張った分だけ結果がでるというものではありません。

予期できない思わぬことが起こってしまうこともあるでしょうし、思った通り評価してもらえないこともあります。

嫌なことが多すぎる

実務以外でも、会社自体に嫌なことが多すぎることも、つい後ろ向きに考えてしまう理由になります。

上司や同僚との人間関係が上手くいかないだとか、残業が多すぎるだとか、社風が合わないといったことがあると、会社で過ごすこと自体が嫌になってきてしまい、仕事を楽しむどころではなくなってしまいますよね。

やりたいことではない

元々やりたいと思っていた仕事に就くことができず、やむを得ず今の仕事をしているという状況では、今の仕事に前向きに取り組むことができないという人も多いようです。

本当はあの仕事がやりたいという気持ちをいつまでも引きずってしまい、最初から今の仕事は楽しいものではないと決めつけてしまっているのです。

就けなかった仕事がやりたいと思えば思うほど、どんどん今の仕事をしていることに対して後ろ向きになっていってしまいます。

人によっては、最初はやりたいと思っていた仕事ではなくても楽しさを見いだし前向きになれている人もいますが、いつまでも過去をひきずって現状を受け入れることができなければ中々そうはなれません。

会社、上司が失敗に対する寛容がない

実は一番多い理由は、会社や上司が失敗することに対して寛容がないことかもしれません。

仕事で失敗した時に、その失敗を強く責めたり、評価を下げたりする上司は非常に多いですよね。

もちろん手を抜いたり、やるべきことをやっていかないことで失敗したのであれば仕方がないです。

ただ、できるかどうかわからないことにチャレンジして上手く行かなかったり、それまでやったことない仕事を一人で任されてやってみたことに対しても、失敗と位置づけて責めてくる場合も非常に多くあります。

会社としてチャレンジすることが大事なんて言っている割に、実際はチャレンジする環境なんてできていない。そうなっていることが本当に多いですよね。

失敗に対して寛容さがなければないほど、失敗することに対して過剰に怯えてしまったり、チャレンジするなんてことができなくなってしまいます。

そうなると、仕事を前向きに捉えることができなくなるのも仕方ないですよね。

考え方、環境を変えてみる

どうすればもっと前向きになれるだろうと考えた時、なかなかこれという答えをだすのは難しいかもしれません。

ただ、今のまま働き続けていたとしても変わることはほとんどありませんから、何かは変えていく必要があるでしょう。

それは自分の考え方かもしれないし、環境かもしれません。時には転職することも考える必要はあるかもしれません。

常に後ろ向きな状態で働いていては、決して幸せを感じることはできないしょう。だからこそ、自分から変えていく意識を持ってください。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

関連:特に理由がないけど仕事を辞めたい。そんな時あなたならどうする?