社会人に向いていない、社会不適合者だと思っている人の仕事との向き合い方

自分は社会人に向いていない、自分は社会不適合者だ。

仕事を上手くこなすこともできず、人付き合いも苦手といった理由からそのように考えていませんか。

仕事をこなして、上司からの信頼も厚い人を見ていると妬ましく思いながら、自分はなぜこんなにだめだろうと悲観してしまい、働くこと、会社に行くことが辛くてしどうしようもなくなってきます。

ただそのように感じているほとんどの方は、実際は社会不適合者でも、社会人に向いていないのでもなく、環境がそのように感じさせてしまっていることが多いのです。

そこで、今回は社会不適合者や社会人に向いていないと感じる人の特徴や仕事への向き合い方を紹介します。

社会不適合、社会人に向いていないと考える人の特徴

自分は社会不適合者だ、社会人には向いていないという人の特徴として以下のものがあげられます。

人付き合いが苦手

社会人にとって、コミュニケーション力は非常に大切な能力です。

人間関係を上手く構築することは、仕事をうまくこなす為には必要なことです。

人付き合いが苦手な場合、上手く人間関係を構築できずに仕事がやりにくくなってしまったり、時に周囲から嫌われてしまったりということさえあります。

人付き合いが苦手な原因はとしては、単に人と会話することが苦手であり、人に合わせることができないといったものがあげられます。

自分に自信がない、悲観的

自分に自信がない人や物事を悲観的に考える人は、自分は社会人に向いていないと思ってしまいがちです。

仕事をしていれば、誰だって失敗することがあります。

その失敗に対して、開き直ることができたり反省し次につなげることができればいいのですが、自信がなかったり、悲観的に考える人は、だめな人間だと自分を追い込んでしまう傾向があります。

忍耐力がない

社会人にある程度の忍耐力は必要でしょう。

上司に怒られる、たくさんの仕事をおしつけられるといったストレスと戦わなくてはいけません。

そのストレスに対して周囲は我慢できているのに、自分は我慢できずに会社を辞めてしまった。

そういったことがあると、自分が社会不適合者だとか社会人に向いていないと感じてしまうこともあります。

指示されることが嫌い

社会人として働く場合、基本的には誰から指示を受けて作業を進めていきます。

そのため、人に指示されることが嫌いという方は、社会人に向いていないと感じる可能性があるのです。

また、上司から指示だとしても必ずしも納得のいくものばかりではありません。

万が一理不尽な指示を受けたとしても文句を言わずに仕事ができないと、なかなか社会人として働くのは難しいでしょう。

職場の人と衝突した結果、居場所がなくなって退職せざるを得ないという事態に発展する可能性もあります。

一人で仕事がしたい

一人でコツコツ作業をしたいという方は、社会人に向いていない可能性があります。

そもそも会社というのは、一人ではできない作業をみんなで協力することで達成するために設立されるものです。そのため、常に周囲には人がいて、その人たちとかかわりながら作業を進める必要があります。

あなたが一人で作業を進めるのが好きで、周囲に人がいてはパフォーマンスが発揮できなかったり、精神的に負担を感じたりするようなら社会人に向いていない可能性があるでしょう。

もちろん、仕事の中には一人で全ての工程を担当するものもあるので、そのような仕事には向いている場合があります。

無駄な時間が苦手

無駄な時間が苦手という方は社会人に向いていない可能性があります。

というのも、会社にいれば周囲に人がいてコミュニケーションをとる必要あり、場合によっては「これって仕事に必要なの?」と感じるような無駄な時間も出てくるでしょう。

また、飲み会への参加なども必要となってくるので、仕事と関係ない時間を無駄と感じて苦痛に思うようなら社会人に向いていない可能性があるのです。

本当に社会人に向いていない人とは

上記で紹介したよな場合、自分が社会不適合者だとか、社会人に向いていないと感じてしまいがちですが、実はそれらは間違った判断基準です。

上記はあくまで、人と比較した時に感じることです。

周りは上手く人付き合いができているのに自分はできない。周りは上手く仕事ができているのに自分は失敗する。周りは我慢できるのに自分は弱い。

ただ、こういった場合は、職場の環境にも左右されますし往々にして自分を低く見てしまいがちで客観的に判断することができません。

本当に社会人に向いていない、社会不適合者だという人は以下の特徴があげられます。

  • 自分の非を認めない
  • 反省することがない
  • 自信過剰

そして、こういった人は自分が社会人不適合者だとは思いません。

周囲から指摘されてもなお、それを周囲のせいにします。

もし、あなたが社会不適合者だとか、社会人に向いていないと思っているのであれば、その時点でその考え方は間違いなのです。

ただし、これらの特徴があるからといって駄目という訳ではありません。あなたに合った働き方や労働環境を見つけて、強みやスキルを生かすことが大切なのです。

社会不適合、社会人に向いていないと考える人の仕事への向き合い方

では、自分が社会不適合者だとか、社会人に向いていないと思わないようにするためにはどうすれば良いでしょうか。

まずは、あなたがどのような理由で仕事に向いていないと感じるのか、その特徴を明確にする必要があります。そして、特徴に合わせた対処法があるので解説します。

  • コミュニケーションや人付き合いが苦手⇒そのまま働いて訓練する
  • 一人で働きたい・自分に自信がない・忍耐力がない⇒仕事を変える
  • 指示されることが嫌い・明確なビジョンや夢がある⇒起業する
  • 無駄な時間が苦手・自由に働きたい⇒フリーランス

コミュニケーションや人付き合いが苦手⇒訓練して自分を変えていく

あなたがコミュニケーションや人付き合いが苦手と感じているなら、そのまま働いて訓練するという方法が良いでしょう。

そもそも、自分が社会人に向いていないだとか、社会人不適合者だと考える人は、性格の問題であると済ませ、直すことはできないと考えがちです。

しかし、ほとんどは訓練によって変えることができます。

訓練とは言っても、仰々しいものではなく、社会人として毎日仕事をしているだけで身についていきます。

人付き合いが苦手であっても、いつの間にか社会人として必要なレベルでのコミュニケーションはできるようになるし、

仕事の失敗は減るし、失敗した時の対処法もわかってきます。

いつの間にかできるようになっていくものなのです。

一人で働きたい・自分に自信がない・忍耐力がない⇒仕事を変える

あなたが一人で働きたい・自分に自信がない・忍耐力がないと感じているなら、仕事を変えた方が良いでしょう。

もちろん、性格の問題であると済ませてしまう場合、仕事を変えたところでどうしようもないと思ってしまうことも多いです。

しかし、あなたが一人で働きたい・自分に自信がない・忍耐力がないと感じているなら、仕事を変えると一変するということがよくあります。

向いていないと考えるのが、人との比較によるものである以上、職場を変えることで変わることも多いし、やはり仕事には向き不向きがありますから、向いている仕事につけるだけで一変することも多いです。

そういった人は一度思い切って仕事を変えてみてください。

指示されることが嫌い・明確なビジョンや夢がある⇒起業する

あなたが指示されることが嫌い・明確なビジョンや夢があるなら、起業するという選択も良いでしょう。

自分の会社であれば、あなたが好きなルールを作れます。

当然、誰かから指示される心配もなくなるので、最適な環境になるでしょう。

もちろん、企業するには明確なビジョンや夢が必要です。

しかし、それがあるなら起業すると指示されることがなくなるので、企業を選択肢の一つとして考えておきましょう。

無駄な時間が苦手・自由に働きたい⇒フリーランス

あなたが無駄な時間が苦手だったり自由に働きたいと感じていたりするなら、フリーランスをという選択肢があります。

もちろん、自己管理が難しくなるといったリスクはあるものの、その点がネックにならないならフリーランスという選択肢を選ぶのも良いでしょう。

フリーランスであれば、あなたが好きな時間に起床して好きな時間に仕事ができます。

転職のポイント・注意点

転職する際のポイントと注意点について解説します。

自分に何が向いていないのかなど明確にする

転職する際のポイントと注意点1つ目は、自分に何が向いていないのかなど明確にすることです。

自分に何が向いていないのか明確にすることで、次の会社はどのような環境が良いのかなどが分かるようになります。

明確な基準が分かれば、転職活動もスムーズに進むようになるでしょう。

徹底的に自己分析を行う

転職する際のポイントと注意点2つ目は徹底的に自己分析を行うことです。

そもそも、転職活動を成功に導くには、あなたの強みを積極的にアピールする必要があります。そのため、自己分析が欠かせないのです。

実際、大手人材派遣会社「パソナ」が実施した「転職に関する意識・実態調査2015」の結果を見てみると、「転職を成功させる上でもっとも大切だと思うこと」の1位は自己分析で37.8%となっています。

また、転職の満足度ごとにみると満足度が高い人の48.1%が自己分析が大切だと回答しているのです。

出典元:マイナビニュース「転職後の満足度が高い人ほど「自己分析」を大切にする傾向に」

やはり、転職を成功に導くには自己分析の徹底が必要不可欠なようです。

積極的に情報収集する

転職する際のポイントと注意点3つ目は積極的に情報収集することです。

やはり、転職活動の成功には企業研究などの情報収集が大切になります。

公式サイトのくまなくチェックするのはもちろん、企業の口コミを調べたり、TwitterやFacebookなどがある場合はそちらも確認する必要があるでしょう。

また、情報収集には転職サービスを使うと効果的になる可能性があります。

性格にせいにしないことが大切

大切なのはなんでも性格のせいにして、諦めてしまわないことです。

社会不適合者なんて、ほとんどいません。

もちろん仕事ができる人もいれば、できない人もいます。

あまりにも優れている人もいます。

ただ、そういった人と比べ、自分を悲観してしまうのではなく、どうすれば今の自分をより幸せにできるかを考えましょう。

仕事は様々な種類があります。向いているものもあれば、向いていないものもあります。

まずは色々な仕事を見てみることがいいでしょう。