仕事に疲れた、しんどいと感じたら、一度何かを変えてみる。

社会人になってずっと働いていると「仕事や会社勤めに疲れた。仕事がしんどい」と感じることもあります。

通勤時の満員電車、責任の重い仕事、長い労働時間、ミスして上司に怒られるなど、仕事は疲れることやしんどいことばかりです。

会社を辞めたいと思いながらも、思っているだけでなかなか辞めることができずにただしんどい毎日を過ごし、疲れがたまるばかり。

もちろんほうっておけば疲れの原因が解消されることもありますし、その疲れに慣れて平気になることもあります。

ただ疲れた、しんどいと感じることが慢性的になっている場合、一度自分の働き方について、じっくり考える必要があります。

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ

関連:ホワイトカラー、ブルーカラーとは?それぞれの仕事や給料の違い

仕事には、疲れた、しんどいと感じる原因がたくさんある

もっと気楽に、もっとのんびり、もっと穏やかに、もっと楽しく仕事をしたい。

誰しもがそう思っているはずです。

しかし現実はそう甘いものではなく、疲れた、しんどいと感じさせるようなことばかりがあります。

いくつか例を紹介しましょう。

人間関係

会社勤めをしている人にとって人間関係は最も疲れた、しんどいと考えている原因となっています。

もちろん上手くこなせる人、誰とでも仲良くやれる人はいます。

ただ、そうではない人も多いでしょう。

職場では声が大きい人、仕事ができる人、気が強い人がどうしても中心となってしまいます。

そこから外れた人は、居心地の悪さを感じたり、ひどければ嫌がらせをうけたりということさえあります。

そういったことは、仕事に対して、疲れた、しんどいと感じさせる大きな要因となっています。

理不尽な上司

良い上司もいれば、嫌な上司もいます。なかにはあまりに理不尽な上司もいます。

上司の指示通りにやったらなぜか怒られた。自分だけ大変な仕事ばかりを押し付けられる。

理不尽な上司は本当に理不尽なことをします。

部下の成功は自分のおかげ、部下の失敗は部下のせい。そんな上司もたくさんいます。

仕事がうまくやれない

仕事が上手くやれていれば、仕事自体も楽しいと感じて結果的にあまり疲れた、しんどいといった感情は少なくなります。

しかし仕事をうまくやれていないと、焦りやプレッシャー等により自分を追い込んでしまったり、上司に怒られることも多くなってくる為、疲れやしんどさを感じることが多くなってきます。

正しいことができない

組織として動いている限り、上位の指示に抵抗するというのは中々難しいことです。

たとえ絶対に間違っている、正しくないと感じて声をあげても届かないことがほとんど。

結局我慢して仕事するしかないという状況に陥ってしまいます。

仕事がつまらない

仕事がつまらないと感じることは、疲れやしんどさを感じる原因につながります。

楽しいと感じることができれば無我夢中にちょっとくらい大変なことでも気にせず続けることができますが、つまらない仕事はそうも行きません。

また最初は楽しいと思っていた仕事でも、毎日続けることで飽きてきてしまったり、その他様々な要因によって、最終的につまらないと感じるようになってしまうこともあります。

責任が重すぎる

よく新入社員の希望として「責任のある仕事をしたい」というものがあります。

確かにある程度の責任のある仕事はやりがいもあって、楽しいと感じることも多いでしょう。

まったく責任の重くない仕事は、つまらないと感じてしまいます。

ただ、その責任も重くなりすぎると、大きなストレスとなり、疲れやしんどさを感じる大きな原因となります。

本来はチームとしてその責任を負ったり、上司がフォローできる状態であればいいのですが、一個人の社員に全てを負わせてしまっている場合もよくあります。

関連:仕事のプレッシャーに耐えられない。どう克服すればいい?

休みが少ない

休みが少ないことは、ストレスを解消できるタイミングもなく、疲れは溜まる一方です。

週二回の休みと、週一回の休みでは全然違います。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

仕事量が多すぎる

仕事量が多すぎることは日々の勤務時間を増やし長時間勤務に繋がったり、休日出勤につながり休みが少なくなってしまう為、上記で述べているようにストレスを解消するタイミングがなくなってしまいます。

それだけではなく、仕事量が多すぎて仕事を終わらせることができずに、そのことで精神的プレッシャーを感じ、よりいっそう疲れやしんどさを増幅させます。

関連:仕事量が多すぎる。その原因は?

競争社会

会社というのは多かれ少なかれ競争社会です。

誰が出世するのか、誰が出世できないのか。自分は出世できるのか、できないのか。

そのことを考えるだけでも疲れます。

競争社会からさっさと脱落すれば楽かもしれませんが、そうすると会社での立場的に弱くなってしまう為、それはそれで疲れを感じる原因にもなってしまいます。

見切りをつけた方がいい会社はすぐに転職を検討しよう

上記のように仕事における「疲れ」を引き起こす要因はいくつもあります。

何か一つが大きな原因となるケースもあれば、複数の要因が重なって耐えきれなくなってしまうケースなど、人によって疲れの原因は様々です。

ただ、客観的にみて見切りをつけた方がいい会社というのは存在するので、そのような会社の特徴をチェックしてみて、いま自分が在籍している会社と照らし合わせてみましょう。

  • ハラスメントが多い
  • 給与が平均的な水準よりもかなり低い
  • サービス残業が常態化している
  • 離職率が高い

これらの項目に当てはまる会社は見切りをつけて転職をすることで条件や環境が良くなる可能性が高いです。

特に給与面で平均的な年収と比べてもかなり低く、生活を続けるだけで精一杯という状況であれば、転職をするのが一番でしょう。

年功序列で段々と年収が上がっていく会社もありますが、そもそも年収が低すぎる会社では増加する給与の幅も期待できないですし、そもそも全く年収を上げないという会社もあります。

転職をすれば年収が数十万~百万単位で上がることも珍しくないので、年収面で苦労をしている方は早めの転職を検討するのはおすすめです。

疲れには大きく分けると主に2つの原因がある

①身体的な疲れ(睡眠不足・拘束時間が長い)

仕事の疲れは、身体的な疲れによるものが多く睡眠不足や仕事の拘束時間が長いことが原因の場合があります。

睡眠不足は長期に渡って睡眠時間が短いことで気が付かないうちに睡眠不足になっているケースもあり注意しましょう。

拘束時間が長いことによる疲れやしんどさは、その日の内に疲れを感じることでわかりますが、拘束時間が長い日が続くようであれば体調管理に問題が起きる可能性が高くなります。

他の社員が拘束時間が長くても何も言わずに仕事をしいる職場でも、自分の疲れがピークになる前に早めに帰宅することも必要です。

②精神的な疲れ(不向きな仕事・飽きる・人間関係)

仕事場で不向きな仕事をやらされたり、仕事に飽きる、人間関係などが原因で精神的な疲れを感じることがあります。

不向きな仕事をやらされることで普段よりも何倍もストレスを感じて疲れることもありますが、任された仕事をなかなか断れない場合もあります。

また、仕事自体に飽きることで精神的な疲れとなるケースもあり、何年も飽きる仕事をしていれば何のために仕事をしているのかわからなくなることもあります。

精神的な疲れの原因として多いのが、人間関係によるものもありますが、同僚、上司、部下などのそれぞれの人間関係に問題を抱えることは一般的なことで、会社で仕事をする以上はある意味では避けられない問題でしょう。

疲れた、もうしんどいと感じたらどうする?

身体的疲労への対処法

ざっと挙げただけでもこれだけの疲れ、しんどさを感じる原因があります。

これほどのストレス社会ですから、上手くやらなければ体は持ちません。

もし、慢性的に疲れ、しんどさを感じているのであれば、それは心や体が悲鳴をあげているので、ただ我慢するのではなく、なんらかのことはしなくてはなりません。

疲れ、しんどさを感じた時に、どのように解消できるのかというのには以下の方法があげられます。

  • モチベーションをあげる
  • 疲れを感じていることを周囲に知らせる
  • しっかり休む

モチベーションをあげる

仕事に対するモチベーションをあげることによって、仕事による精神的疲労は軽減されます。

ただ仕事に対して疲れたと感じている時ほど、モチベーションをあげるのは難しいと感じるのではないでしょうか。

日々の仕事に対して、つまらない、嫌だと感じながら仕事していては、いつまでたってもモチベーションはあがりません。

あえてモチベーションをあげることを意識してみるだけでも全然違ってきます。

日々の仕事のやり方を変えてみたり、目標を設定してみたり、自分の欠点を知り、補う為の方法を考えたり。

そういったことにより徐々に仕事に対するモチベーションも上がり、同時に周囲による煩わしさも減っていきます。

疲れを感じていることを周囲に知らせる

疲れた、しんどいと感じている人は、責任感が強く、なんとかしようと自分の中に抱えてしまうことが多いです。

また、そういった人は周囲にも悟られないように、表情や振る舞いにはでないようにしがちです。

その結果さらに仕事量が増えたり、余計大変な状態に陥ってしまうことも多いです。

しかしその状態が続くといつか限界がきてしまいます。

まずは疲れている、しんどいということを周囲に知らせてみてください。

しっかり休む

休みたいと思いながら、日々の仕事に追われてしっかり休むことをおろそかにしてはいけません。

長時間働くこと、休日も働くことが美化されがちですが、実際に労働時間が長ければ長いほど、成果をだせるわけではありません。

休む時には、仕事のことを考えずにしっかり休むことが大切です。

休日はしっかり休む。時には有給休暇を使ってしっかり休む。

どこかで仕事をし続けることを断ち切り、休む習慣をつけなければ、疲労は溜まり続けてしまいます。

また休み方も大切です。ただだらだら寝ているだけでは実は疲れはとれません。

自分なりに疲れがとれる休み方を身につける必要があります。

「しっかり休む」ということは実は難しいことです。

休む際に必要なることとして、自分の疲れレベルを把握することが挙げられますが、文部科学省が出しているチェックリストを利用すると身体的、精神的な疲れを判定して参考にすることができます。

チェックリストの項目は、代表的なものとして下記の様なものがあります。

チェック項目を見てみると該当する項目が多い方もいるでしょう。

実際の判定では、それぞれのチェック項目に対してどの程度該当するか点数を記入して、点数の合計から総合評価、身体的評価、精神的評価を判定する様になっています。

仕事で疲れを感じたら、試しにこのチェックリストで自分の疲れの度合いを判定してみることで、その後の仕事の仕方を工夫する参考データとなるでしょう。

  • 微熱がある
  • 思考力が低下している
  • 疲れた感じ・だるい感じがある
  • よく眠れない
  • ちょっとした運動や作業でもすごく疲れる
  • 筋肉痛がある
  • 自分の体調に不安がある

大阪府立大学医学部付属病院疲労クリニカルセンターに掲載の、文部科学省の「疲労及び疲労感の分子・神経メカニズムとその防御に関する研究」のセルフチェックシート

精神的疲労への対処法

精神的疲労は時間が解決することもあるので、長期休暇を取ってリフレッシュするのもおすすめです。

長期休暇では、仕事のことは忘れて自分の好きなことをして過ごすことや、外出して気分転換すると効果的でしょう。

仕事で忙しい日々を送っていると、仕事をする目的などの基本的なことが見えなくなることがあるので、休暇を有効に利用して自分の基本的な仕事に対する考え方を整理するのも良いでしょう。

週5で働くのが辛いときは?

正社員となると週5勤務で働くのが一般的となっていますが、週5の勤務が厳しい、辛いと感じている場合はどうすればいいのでしょうか。

選択肢としては派遣社員やアルバイトとして働くという選択肢がありますが収入や安定性という部分では不安があります。

そのため、同じ正社員であってもリモートワークで働くことができる会社を選んだり、同じ週5の勤務であっても負担が少ない仕事へ転職するということを検討してみましょう。

生活をしていくうえで仕事を続けていくことは大切なことです。

身体的・精神的な負担を現時点で感じているならば、多少収入が落ちたとしても無理なく長く働ける環境を選ぶことを優先して次の仕事を探しましょう。

自分に合う対処法をするのがベスト

慢性疲労になっていて状況が改善されない場合や、これらの対処法では対応できない程疲労を感じているなら、転職して思い切って環境を変えることも大切です。

次の会社でも同じ様な疲労を抱えるのではと心配する方もいますが、疲労がたまらないような会社を選択するなど工夫することで自分に合った会社を見つけることも可能です。

疲労に対する対処法は、自分に合ったやり方で改善するのが1番なので、疲労が蓄積している時は視野を広くもって対応すると良いでしょう。

限界が来る前に何かを変えなければいけない

疲れた、しんどいという状態はいつかどこかで、リフレッシュさせなければいけません。

しかしそのリフレッシュすることすらできない状況の人はたくさんいます。

「いつかは変わるかもしれない、今を乗り切ればなんとかなる」と思っていては結局いつまでたっても変わらないままであることがほとんどです。

まずは自分の意識を変えること、そして時には環境を変えることも必要です。

我慢し続けるのではなく、変えることを行ってみましょう。

環境を変える1つの方法として転職があり、同じ会社で状況が改善しないケースは多いので思い切って転職するのもおすすめです。

実際に転職者の8割の方が転職に満足していることからも、前向きに転職を検討すると良いでしょう。

転職を始めてする方などは転職サービスを利用するのと効率的に転職活動を行えます。

転職エージェントなどは、転職に必要な情報や求人を紹介してくれるので忙しい方にも強い味方となるはずです。