職場で無視される。無視する人への対処法は?

仕事をする上で、人間関係はどうしても必要なもの。たとえ嫌いでも、人と付き合っていかなくてはなりません。

にも関わらず、無視をするという行為に及ぶ人もいます。

そうなってしまうと、仕事上で不都合が多いです。なにより、無視される人にとっては多大なストレスとなってしまいます。

もし、職場で無視されてしまったらどのように対処していけばいいのでしょうか。

関連:職場のモラハラにはどう対策すればいい?モラハラの問題点と対策方法

関連:社会人に向いていない、社会不適合者だと思っている人の仕事との向き合い方

関連:会社に行くのが怖い、仕事をするのが怖いと感じた時の対処法

スポンサーリンク

職場で無視されてしまった時の影響

まずは職場で無視されてしまった時の影響を考えてみましょう。

まず考えられるのは、仕事がしにくくなるという点。

誰に無視されるかにも大きく変わりますが、常に関わりのある直属の上司や先輩だとその影響は多大です。

一方でそこまで仕事上で関わりの無い人であればそこまでは影響はないかもしれません。

次に考えられる影響が、周囲への影響。

無視してくる人が割と力のある人、影響力の強い人だと、不利な立場に追い込まれていく可能性もあります。

さらに、職場の雰囲気の悪化

職場という狭い中で誰かが誰かを無視するという状態があると、雰囲気は悪くなります。周りにとっても非常にやりにくくなってしまいますからね。

 

何より大きいのは多大なストレスを感じてしまうこと。

明らかに無視されている状態は、もし害がなくてもそれだけで非常に辛いものです。

仕事に影響はない、周りにもその影響は波及しないとしても、あからさまに無視という態度をしめされるのは誰だって嫌なものですよね。

それだけで会社に行きたくなることもあるでしょう。

職場で無視されるきっかけ

では何がきっかけで職場で無視されてしまうのでしょうか。

仕事ができない、遅い

仕事ができなかったり、仕事を進めることが遅いことによって、無視につながることがあります。

確かにチームでやっている場合には仕事ができない、遅い人がいるとその分他の人に負担が来ることもあったり、ミスによって余計仕事を増やすことにつながる為、他の人がイライラする原因になります。

最初は怒られる。ただそれが続くと徐々に諦められて無視されるようになってしまいます。

仕事ができる

仕事ができない場合とは逆に、仕事ができる場合でも無視されることに繋がってしまうこともあります。

要は妬みですね。

誤解、勘違い

誤解や勘違いにより、無視が始まるなんてのもある話。

何気ない一言で勘違いさせてしまったり、自分の意図していないことを誤解されたりすることで、無視され始めます。

嫌われる行動をする

あまり人に好かれない態度っていうものがあります。

代表的なのは、上司への媚び

あまりにひどい媚びの売り方をしていると周りはよく思わないことが多いです。

そういった行動によって嫌われ、無視されるということもあります。

理由は特にない

人間関係で恐ろしいのが、理由は特にない場合もあるところ。

実際は無視する人の頭の中にはあるのでしょうが、それは知る由もありません。

勝手に頭の中で想像して、勝手に嫌なところ見つけて、勝手に腹を立てて、勝手に嫌いになって無視をする。

そんなことがあるのが人間関係というもの。

難しいものです。

スポンサーリンク

職場で無視された時の対処法

もし無視されている相手が、仕事でも関係なく、害もなさそうだったらほうっておいても構いません。

こっちも無視すればいいです。

ただ、問題は上司であったり、先輩であったりと仕事上で付き合っていかなくてはいけない人の場合。

さすがにほうっておくわけには行きませんから何かしらの対処をする必要があります。

謝る

理由がわからないかもしれませんし、自分が悪くないかもしれません。

それでもとにかく謝るという大人の行為。

自分が悪いと限らなくても、とにかく謝れば意外になんとかなるものです。

謝ってきた相手に対し、それでもなお無視する人は少ないです。

ただ、そういう人もいるので注意は必要。

徹底的に聞いてみる

あえてなぜ無視をするのかを聞いてみるというのも一つの手です。

無視をしてくる相手というのは、こちら側が悪いせいだと思っていて、自分は悪くないと思っている場合もあります。

お互いの誤解を解くためには、どうにか話をするしかありませんよね。

第三者の協力を仰ぐ

無視してくる相手と対等、もしくは上の立場の人に協力を仰ぎ、関係改善につなげるという方法。

職場内で誰かが誰かを無視するという状況は職場の雰囲気も悪くするし、仕事に影響を及ぼす可能性も大きい為、相談すれば協力してくれる人も少なくはないはず。

もしそれでどうにもならなかったとしても、あなたは関係改善に努めようとした側ですので、味方ができるというメリットもあります。

改善しようがなかったら

残念ながらこれらのことではどうにも解決ができないという場合もあります。

いやむしろその方が多いでしょう。

無視してくる人がかなりの影響力を持っていたり、職場全体で無視をしてくる場合は、手の打ちようがありません。

そんな時は絶対に無理をしないでください。辞めるのも一つの手です。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:上司に嫌われたらどうすればいい?嫌われる原因や対策方法。

スポンサーリンク